ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》内田が膝を手術!シャルケはそれに対して不快感!!【キッカー】

先日、内田選手が膝の手術をしたと発表がありましたが、本日発売のキッカーに以下の記事が掲載されましたので紹介します。






日本人は日本で6週間のリハビリ


内田が手術に踏み切る。シャルケはそれに対して不快感(怒り)



20150611190653dd8.jpg


内田は4月から膝の問題に苦しんでいた。この日本人にとってのシーズンは比較的早く終わってしまったのだ。そして最近、この右サイドの選手は手術をする決断を下した。そしてそれが彼のチームに不愉快を与えたようだ。“我々は彼の負傷を保存療法で解決する方が良いだろうと確信していた。”とマネージャーのヘルトは説明した。



内田が膝の手術に踏み切ったことは、ヘルトにとっては決して良い判断ではなかったようだ。“我々の医師の助言はそれとは反対のものだった。”とヘルトはシャルケのホームページ上のインタビューで強調した。“しかし、この選手はそれとは違った判断を下したんだ。もちろん彼には自分で医師を選ぶ権利があるよ。我々は内田が日本で行う最初の6週間のリハビリの経過を待つことになるだろう。その後彼がドイツに戻ってくることを期待しているよ。”

スポンサーリンク


ヘルトは何よりもドイツ代表の医師である、ドクター、ミュラー・ヴォールファールトが何度も手術に反対していたことを強調した。内田は彼の下で、十分な安静期間を要する特別な放射線療法の治療を受けていた。そのため可能な限り手術は避けられなければならなかったのだ。それに対して日本のサッカー協会は当時から外科的治療を進めていた。手術の後では数ヶ月の休養が必要だと見られている。



観客の人気者である内田は2010年よりゲルゼンキルヒェンでプレーしており、これまでブンデスリーガで104試合に出場している(1ゴール、14アシスト)。昨シーズンは度重なる負傷のため19試合に出場するのみにとどまっている(キッカー平均点3,29)。

ドイツ代表の医師ミュラー・ヴォールファールトに関する過去の記事はこちら




以上です。


前にも、放射線療法に踏み切ることに決めたというキッカーの記事を取り上げましたが、とうとう手術に踏み切ったようですね。


ギュンドガンのようにもっと早い段階で手術をしていれば良かった、という例もありますから、こればかりはなんとも言えませんね。とにかく早い回復を願うばかりです。


ヘルトの発言ですが、これはシャルケの次期監督が未だに決まらないと言う苛立ちもあってのことではないかと思います。最近のヘルトは何かと周りに唾を撒き散らすような発言ばかりしていますからね。


ちなみに今日のキッカーの表紙が、シャルケの監督をめぐるカオスと題したヘルトの顔写真でした。監督候補のヴァインツィールが断ったことで、ヘルトには相当なプレッシャーがかかっていると報道されていますね。


20150611164435349.jpg※今日のキッカーの表紙。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0592.jpg

南ドイツ・スイスとの国境にあるボーデン湖のマイナウ島
観光地としても有名で綺麗なお城や豊かな緑、植物園などがあり1日楽しく過ごせます。

階段の噴水はフォトスポットです。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/06/11 19:11 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(7)
No title
慢性的な怪我でシーズン終盤を棒に振ったという事実が、保存療法で来シーズンにはしっかり治ってシーズン戦える・・・というイメージが持てなかったのかも知れませんね。
手術後、合流が6週間後ということも、シーズン終了後のこの時期に決断するには相応しいとも思いますし。この決断が良い方向に向かう事を願います。
[ 2015/06/11 20:27 ] [ 編集 ]
今回の記事は、kicker側の思惑でシャルケの(オラオラ)感を出し、読者の購買心を煽ってると信じたい…けどね。
[ 2015/06/11 21:05 ] [ 編集 ]
No title
普通に考えたらチームの承諾も得ずに勝手に手術とかありえんわけで、この記事はうさんくさいよw
[ 2015/06/12 04:05 ] [ 編集 ]
No title
この1年騙しだましやってるのを見てる限りでは、保存療法にあまり希望は持てなかったですね。
手術の判断遅かったとも言われてますが、シャルケの意向に
なるべく沿いたくて保存療法での経過を見してたんだと思います。
内田のことだから良く考えてのことだろうし、今は上手くいくことを祈るのみ。
[ 2015/06/12 04:20 ] [ 編集 ]
No title
近頃のシャルケは良いニュースがないですね…。
ヴァインツィールに決まったという噂記事を見た時は、さすがシャルケ、名門+資金力のあるチームはライバルチームから監督を引き抜けるのか!と、ちょっと感心したというか、アウグスブルクの行く末を案じたのですが…断られていたんですね。
内田選手の手術に不快感とか、そんなレベルじゃなくシャルケの来季がとても心配。
内田なら、しっかりリハビリしてまた復活するでしょうしね。
[ 2015/06/12 08:53 ] [ 編集 ]
No title
鹿島を訪問した時の取材で(手術の数日前)膝の回復が思わしくないと本人が言ってたようなので、保存療法での痛みの軽減には限界があったようです。テーピングで固めた膝でプレイし続けるのは無理があるでしょう。痛みは本人にしかわからないしね。でも最後に『もちろん彼には自分で意思を選ぶ権利がある』と言っているところにフォローを感じますw
[ 2015/06/12 10:19 ] [ 編集 ]
W杯があったりで手術するタイミングがなかったんでしょう
保存治療でシーズン持たなかったし
騙し騙しなのは何度もインタビューでも話してたし
今はただ無事にリハビリを終えて復帰するのを楽しみにしてます
[ 2015/06/13 10:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。