ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】バイエルン!レヴァンドフスキー!14分間で4ゴール!CL記録達成!《ドイツの反応》

【ビルト】

14分で4ゴール!

reva33.jpg


バイエルン!レヴァンドフスキー、ゴール・パーティー!

チャンピオンズリーグ史上最速4ゴール!


ロベルト・レヴァンドフスキーはバイエルン対ベルグラードの試合(6:0)でバイエルンをグループ首位に導いた。



このポーランド人は14分で4ゴールも上げたのだ!彼は前半にももう1ゴールしていたが、そのゴールはトリッソがハンドしたために取り消しとなっている。


スポンサーリンク


このストライカーのクレイジーなショーが始まったのは後半8分が経過してからだ。前半14分にはゴレツカがコウチーニョのクロスから得点していた。さらに試合終了間際の89分にはトリッソが得点して6:0としている。


しかしこの夜は当然ながらこのポーランド人のものだ。


▶53分:デジェネクのハンドによってバイエルンはPKを得る。バイエルンはこれをゴール下に決めて2:0だ。


▶60分:コウチーニョが右からクロスを上げる。トリッソがヘディングでそのボールを延長させると、レヴァンドフスキーが右足で決めて3:0だ!


▶64分:パヴァールが右からクロス。レヴァンドフスキーが相手キーパーのボルジャンよりのも素早くヘディングで押し込み4:0だ。


▶67分:ペリシチとのパス交換からフリーで決めてこの日4点目。14分で4ゴールだ。


レヴァンドフスキーはチャンピオンズリーグで46得点を挙げ、バイエルン史上最高の数字を記録している。


レヴァンドフスキーはスカイに対して、“みんな僕のゴールばかり注目しているけれど、僕は自分のためだけにプレーしているわけではないよ。大事なのは楽しんでいることだね。そして勝つことが最も重要だよ。”と語っている。


ハンスィ・フリック監督はレヴァンドフスキーに対して、“彼は本当にすごくプロフェッショナルだね。そして絶好調だ。点取り屋は得点で測られるが、彼は今本当に高いレベルにあるよ。”と語った。


フリック監督はこの試合でもすべて正しかった。4:0で勝利したデュッセルドルフ戦とは異なり、ティアゴとコウチーニョなどを先発起用し、キミッヒを初めてベンチに置いている。しかしセルビアのチームを相手に全く問題なかった。


あとはグループ全勝まで1勝だ。レヴァンドフスキーがこの調子なら次のトッテナム戦の勝利も十分にあるだろう。




以上です。

レヴァンドフスキーは相変わらず絶好調のようですね。本当に彼は凄いですね。怪我せずにできるだけこの活躍を続けてもらいたいものです。



[ 2019/11/27 17:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
よし、獲ろう三木谷
[ 2019/11/27 18:19 ] [ 編集 ]
こんな凄い選手がドルトムントにいたんですもんね。
そりゃ優勝しますよね。
彼一人いれば優勝できると思います。
[ 2019/11/27 19:27 ] [ 編集 ]
選手一人で優勝できるってのはチームスポーツ否定してるなぁ…
彼にアシストした選手だっているわけだしね
[ 2019/11/28 22:32 ] [ 編集 ]
アシストさせてくれる選手ですね。
世界に数少ない特別な選手なのです。
[ 2019/11/29 05:22 ] [ 編集 ]
ほめ倒したい選手がアシストしたら今度は得点させてくれる選手って言うのかなこういう人は…
周りのサポートに対して敬意が足りてないと思いますよ
[ 2019/11/29 17:51 ] [ 編集 ]
短時間でゴール取るの本当に得意ですね彼は。

前も数分でハットトリックとかやってましたし(正確な数字は覚えてないですが)
時々思い出したようにやってのける。
[ 2019/11/29 20:23 ] [ 編集 ]
アシストさせてくれる選手 笑
レヴァが凄いのは確かだけど。
ゴールって アシストさせて貰うもの?無理があるなぁ。彼一人で 優勝出来るわけない。
[ 2019/11/29 20:52 ] [ 編集 ]
レバンドフスキはそれくらい特別な選手だということなのです。
ゴールというのは特別な才能なのですよ。
[ 2019/12/01 08:47 ] [ 編集 ]
どんなに良い所へ走り込んでも、そこへピンポイントでパスを出してくれる選手がいないと点は取れない。メッシがイニエスタに「申し訳ない」と言ったのは そういうことでしょ。
[ 2019/12/03 13:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。