ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ネイマール!レアル戦でスタメン落ちに!トゥヘル「彼は悲しんでいた!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

よりによってレアル戦で・・・

ネイマールがベンチに!
トゥヘル:“彼は悲しがっていた。”

Neymar45.jpg


PSGはレアル・マドリッドと対戦したが、長い間負けるとみられていた。ホームのレアル・マドリッドは明らかに優れたチームだったのだ。しかし81分と83分にPSGは2点を返し、非常に幸せな引き分けを手に入れている。チャンピオンズリーグ、グループAで首位だ!


スポンサーリンク


PSGは喜んだが、一人だけフラストレーションを溜めていた・・。スーパー・スターのネイマールだ。このブラジル人は前半ベンチに座っていたのだ。この大舞台でベンチ。彼がこれを気に入らないのは当然だ。トーマス・トゥヘルは試合後に、“今日プレーしないで悲しくない選手なんているかい?いないよ。ネイにとっても同じだよ。彼は僕の決断は問題ないと言ったけれどね。”とスーパースターについて語っている。


それに加えて彼はネイマールを起用しなかった理由を語っている。“彼は6週間も離脱していたからね。まだ一試合プレーしただけだし、リスクを冒す理由は何もないと思ったんだ。私はまた彼を負傷させたくなかったんだよ。彼を後半から投入するというのは私の決断だよ。”と彼は語った。


ネイマールは太ももの負傷で長い間離脱しており、先週復帰したばかりだった。


トゥヘルは、“彼を失うという心配はしていないよ。我々の関係は凄く良いからね。”と語っている。


このブラジル人はフランスでは幸せでなく、クラブを去ろうとしていた。しかしバルセロナ復帰はPSGが巨額の移籍金を要求したために破談となっている。しかし来年夏に再び交渉するとみられている。






以上です。

トゥヘルはレアルと同グループを首位で通過が決まりましたね。これからどこまでやれるのか非常に楽しみなところですね。ネイマールはベンチにとなりましたが、トゥヘルと彼の関係は相変わらず良さそうで何よりです。ドイツ人とは問題を起こし、ブラジル人など外国人とはうまくやっているというのも興味深いですね。



[ 2019/11/28 09:37 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
パリは決勝トーナメントで苦しんできたので、2年目のトゥヘルには期待しています!
[ 2019/11/28 09:48 ] [ 編集 ]
凄い試合でしたね。個の力で勝るレアル対リアクションサッカーで修正するトゥヘル❗
ジダンが対戦して唯一勝利したことが無い監督がトゥヘルだと解説者が言ってました。そういえばドルトムント時代も2試合引き分けでしたね。トゥヘル側の1勝3分負け無し継続です。
[ 2019/11/28 09:54 ] [ 編集 ]
本当にによくわからない
ヒステリックなパワハラ戦術軍曹みたいなイメージを抱かれがちですが
中身はまるっきりブラジル人だとダニエウ・アウベスは言ってましたね
ドルトムントではオバメとじゃれたり、パリでは髪型をからかったディ・マリアを走って追いまわして最後は押し倒して揉みくちゃにしてキスを浴びせるみたいなことしてて色々意味がわからないですし
バイヤンに移ったあとのフンメルスとメシ食ったりしてますし
もう何が何だか
とりあえず試合中に急にひとりで笑うのは恐怖しかないですね
[ 2019/11/28 11:00 ] [ 編集 ]
2019/11/28 11:00
そういえばドルトムント時代も選手のスパイクを木の上に嬉しそうに吊るしてたよね(笑)誰のだったか忘れたけど、背の高いトゥヘルが低い選手のスパイクにイタズラしてたよ。それ見て、根はいたずらっ子の少年だと思ったのを思い出した。
まぁ子供っぽ過ぎてイジメに感じる選手も居たかもだけど…
[ 2019/11/28 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。