ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バルサに3:1で敗れる!ファヴレは仕事をかけてクリンスマンと対決!《ドイツの反応》

【ビルト】
ドルトムント、バルサに1:3で敗れる!

ファヴレ!仕事をかけてクリンスマンと対戦!

favre889.jpg

ルシアン・ファヴレにとっては土曜日がすべてだ。


ドルトムントはバルセロナで1:3で敗れ、3試合連続で勝ちなしとなっている。ドルトムントのチームはファヴレの仕事を守るチャンスを逃している。


スポンサーリンク


それとは反対にリオネル・メッシがファヴレを最終試験に追い込んでしまったのだ。ドルトムントの幹部はできればファヴレの解任を防ぎたいところだ。しかし土曜日に彼はなんとしても勝利が必要となる。そしてベルリンのベンチにはユルゲン・クリンスマンが座るのだ・・・。


ファヴレ!仕事をかけてクリンスマンと対決!


バルセロナでの敗戦は、まあ想定内だ。しかしながらカンプ・ノウでのドルトムントのプレーはドルトムントの要求に値するものではなかった。序盤こそはなんとか戦っていたものの、その後あっという間にやられてしまった。


29分:メッシがスアレスにパスを出す。スアレスがビュルキを股抜きして先制だ!


33分:フンメルスのパスミス。メッシはスアレスとのワン・ツーからフリーで決めて2:0。


67分:メッシがグリースマンに完璧なパスを出す。グリースマンはファーサイドに決めて3:0だ。


フンメルスはメッシに対して、“彼は僕が見た中で最高の選手だ。終了。”と語っている。


予想に反してファヴレはサンチョをスタメンで起用しなかった。その代わりシュルツを左サイドで起用している(ゲレイロがサイドバック)。しかしこれはうまく行かなかった。シュルツはまったく脅威とならず、最初のチャンスを逃している。ファヴレはこの実験を前半で終え、シュルツに代えてサンチョを起用した。

その結果、サンチョは77分に1点を返し、さらに87分にはバー直撃のシュートを放っている。もし彼を最初から起用してれば・・。


がっかりする事にドルトムントはもうくたくたで、勇気もなかった。守備はうまく機能せず、攻撃においては、またしてもロイスが消えていた。


フンメルス:“僕たちはまあまあだったけれど、バルセロナを倒すほど良くはなかった。僕のパスミスが、もう修復不可能な状況にチームを陥れてしまったね。このようなミスはあってはならないよ。このようなミスの後で敗れるのは当然のことだ。本当に悔しいね。”


ファヴレは試合後、“みんなにとって難しい状況だけど、僕は信じているよ。”と語っている。


ドルトムントはチャンピオンズリーグ最終戦でプラハと対戦するが、インテルと同ポイントになった場合はグループ敗退が決まる・・。






以上です。

昨日の試合はまあ勝つとは予想していませんでしたが、それでも残念ですね。シュルツを前線で起用して、守備を安定させるつもりだったのかもしれませんが、いきなりやって機能するわけもなく・・。
次はヘルタと対戦しますが、ヘルタは元ドイツ代表監督のクリンスマンが監督になりましたので、非常に盛り上がっていますね・・。どうなることやら・。。

[ 2019/11/28 17:50 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
まあ負けは予想していた事ですが、こういった試合を見ると、過去にドルトムントにいた下記の選手たちが恋しくなります。

体を張ってポストできるレバンドフスキ。
スピードスター、オバメヤン。
個でヌルヌル突破するデンベレ。
ロングカウンターもお手の物、プリシッチ。


ロイス&レバンドフスキ
ロイス&オバメヤン
のような迫力あるカウンター、相棒が恋しいです。
[ 2019/11/28 18:16 ] [ 編集 ]
トップ2人ミッドフィルダーで本職サイドバック4人入れてサイドをガチガチに固めて守りに行ったけど守れなかった。メッシとスアレスに遊ばれたし、これが逆に仇にもなった。
2点目、フンメルスは自分のミスと言ったみたいだけど違う。サイドハーフとトップ2人が裏抜けのそぶりも見せんし、マーク外そうともしない。まあ、本職じゃないから仕方ないけどパスコース作る動きを全くやらなかった。だからフンメルスは苦し紛れにあそこしか出しようがなかったし、あれで試合は終わった。
たぶん今年のC Lも終わるかもだし、このままでは行けばあの守りでは来年のC Lもない。
クロップ以降、最大のピンチが来たな。
[ 2019/11/28 18:26 ] [ 編集 ]
メッシやスアレスが相変わらず化け物でしたね。また、ブスケツがいるのでなかなか主導権をとれない感じで、彼がいなければなあ、と思ってしまいました笑

ドルトムントはほとんど攻撃ができませんでしたが、だからこそサンチョのゴールがより衝撃的でした。
[ 2019/11/28 19:20 ] [ 編集 ]
3失点なら上出来ですね、よく頑張りました
[ 2019/11/28 20:23 ] [ 編集 ]
えっ?レヴィやオーバがいないとロイスは輝けないの?
まぁ昨日はサンチョしか通用してなかったから悪く言われても仕方ないけど、、、
[ 2019/11/29 07:04 ] [ 編集 ]
サンチョ懲罰して負けるとかね
大事な試合の前のミーティングに遅れるって事は、もうドルトムントから気持ちが切れてるんだろう
それを見越してサポートしないなら、サンチョの思惑通りに移籍を認めるしかなくなるわな

ここで懲罰せずに試合で自らを証明して見せろって送り出して、結果が出れば良し、出なければ態度を改めろと言えるのに、
途中から出場させて活躍されたら、無能なお前らは俺が居ないとダメなんだなって更に増長させる気持ちにさせるわな

それと変な個人評してる奴が居るけど、プリシッチはロングカウンター皆無だし、デンベレは持ちすぎるし、その場合は捏ね繰り回すロストマシーンだったわ
プリシッチの利点はエリア内の狭い場所でも果敢にチャレンジを仕掛けるドリブルで、デンベレの利点は周りと上手く連携して、スペースのある場所でのドリブルとパスの選択肢の多さだな
何見てたんだよ
[ 2019/11/30 08:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。