ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョ!またも遅刻!バルサ戦でスタメンを外された理由!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

バルサ戦の直前!

またしてもサンチョ騒動!


sanch123.jpg

ドルトムントはバルセロナに1:3で敗れたが、トップ・スターのジェイドン・サンチョはゴールしたにも関わらずフラストレーションを溜めてチームバスに乗り込んだ。

その理由は、メッシのいるトップクラブ相手に後半からしかプレーできなかったからだ。

スポンサーリンク


ファヴレはその理由について、“我々は試合に集中している選手11人が必要だ。”と語っていたが、その後“我々はそのように決断したし、これで説明は済んだよ。”と語っている。

さらにマッツ・フンメルスはサンチョがベンチスタートとなった理由について、“その件に関しては公の場ではコメントしたくないね。彼の反応は良かったよ。”と語っている。

しかし二人とも試合前にまたしてもひと騒動あった事を知っている。

ビルトの情報によると、このイングランド人は試合前のチームミーティングに遅刻してきたとのことだ。このミーティングではもう一度戦術についておさらいするはずだった。彼は大分遅れてそのミーティングにやってきたようだ。

いずれにせよサンチョがこのような行動で話題となるのは初めてではない。今シーズンサンチョは何度もトレーニングに遅刻しており、チームの罰金箱(責任者マルヴィン・ヒッツ)にお金を入れる事となっている。さらに10月のグラートバッハ戦ではベンチ外にもなっているのだ。彼は代表からほぼ一日遅れてチームに合流したのだ。ファヴレにもこれを見過ごすことはできなかった。




以上です。

なんだか残念なニュースですね・・・。バルサ戦の前に遅刻するなんて、ちょっとどうかしてますね。まあスタメンを外れるのはしょうがないでしょう。しかし先発で出ていれば・・と思わせるところがファンとしてももどかしい所ですね・・。

[ 2019/11/28 22:57 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
あの可笑しなスタメンはそういう理由だったのですね…そんな状態で優勝とか無理でしょう。チームの空気が悪すぎますよ。
更に、グループ最終節バルサは勝ち抜け決まってますから場合によってはメンバー落とすかもしれませんし、スラヴィアはポット4にしては良いチーム。グループリーグ敗退も有り得ますから。全力で行けなかった今日の試合が悔やまれます。

それにしてもシュルツを何故サイドに使ったのか?それも大一番で初めてのポジション…前回シュルツの守備が良くなかったのならシュルツ外してゲレイロSB、ゲッツェサイドとかの方が納得出来たよね。
[ 2019/11/28 23:49 ] [ 編集 ]
てかもうファブレに対しての反抗でしょ
トゥヘルの時と同じで選手が追い出しにかかってる
[ 2019/11/29 01:02 ] [ 編集 ]
前スレで、シュルツのサイドハーフ起用はファブレの思いつきだろ?と書いたけど、こういうことがあったとはな?
とはいえ、レギュラーを大事な試合で遅刻でスタメン外すはないだろ?
学校じゃあるまいしペナルティの与え方が幼稚だよ笑
プロなんだから、活躍しなければ罰金通常の倍なで脅してやらせればいいだけだよ。
サンチョはもちろんダメなんだけど、監督が勝利より規律を重視したのは残念だね。
[ 2019/11/29 01:21 ] [ 編集 ]
とはいえ、あのゴールは素晴らしかったですね。
まさに個の力。
[ 2019/11/29 05:16 ] [ 編集 ]
これでバルセロナの1位抜けは決定してしまった。最終節はバルサの大幅なターンオーバーも有り得るし、インテル勝てばドルトムントが勝っても勝ち点並ぶ。そうすると当該チーム同士の得失点差でインテルが勝抜け!
つまりドルトムントの自力でのグループリーグ勝抜けは無くなり、バルサが全力でインテル戦に臨んで勝ってくれる&自身も勝つ!以外の道は無くなった…ほぼ終わり。
[ 2019/11/29 10:33 ] [ 編集 ]
試合出場は別だろなんて社会経験のなさそうな意見があって笑う
どの職場だって事前の会議やプロジェクトにまともに参加してこない奴は主力にならないよ・・
[ 2019/11/29 13:40 ] [ 編集 ]
ドルトムントはこういうの多すぎ、管理する人間がいないんだろうか・・・
[ 2019/11/29 13:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。