ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、アルカセル!「本当にスペイン・リーガに戻りたいね!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

BVBのストライカー、将来について語る!

アルカセル!“本当にスペインリーガに戻りたいね。”

alca89.jpg

パコ・アルカセルは現在負傷のために、ドルトムントの力とはなっていない。彼は元クラブであるバルセロナ戦にも出場することができなかった。ドルトムントが彼を必要としていただけに、本当に時期が悪い・・。


スポンサーリンク


このストライカーの契約は2023年までとなっている。その後はスペインに戻る事を考えているようだ。“どこでプレーする事になる変わらないし、将来何が起こるかも分からないよ。でも本当に将来はラ・リーガに戻りたいね。”と彼はマルカのインタビューで語っている。


彼は特に“天気、料理、習慣、その他もろもろ”を恋しく思っているようだ。それでもブンデスリーガは“素晴らしい競争だ。”と語っている。何よりも彼はドイツのスタジアムについて熱く語っている。“僕たちのスタジアムは本当にすごいよ。まだ見たことがない人は一度はシグナル・イドゥナ・パルクを訪れるべきだね。そこの雰囲気は本当に特別だから。”と彼は語っている。彼によるとどこのスタジアムも満員とのことだ。“ラ・リーガでは半分しか埋まっていないというのはよくある事だからね。ここではそんなのあり得ないよ”と彼は語る。


彼はバルサ時代にマーク・アンドレ・テア・ステーガンとも知り合っているが、このドイツ代表キーパーを絶賛している。


アルカセル:“彼が世界最高のゴールキーパーでないとしても、ベスト3には入るだろうね。彼はすばらしいキーパーだよ。それに加えて素晴らしい人間で、良いチームメートだ。彼とは良い思い出ばかりだね。彼のレベルは毎年上がっているように見えるよ。そして今の彼のレベルは本当に素晴らしいね。”






以上です。

アルカセルが将来について語ったようですが、今すぐ帰りたいという事ではないようですね。しかしインモビレの例もありますから、周りにはしっかりサポートしてもらいたいですね。

[ 2019/11/29 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
ドルの外人助っ人は殆どが何年かで出て行きたがるな
[ 2019/11/30 13:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。