ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ロイス不調!キャプテン・ロイスはいったいどうしてしまったのだろうか‥?《ドイツの反応》

【ビルト】

いったいロイスはどうしてしまったのだろうか?

“素晴らしい街で素晴らしいクラブと対戦する素晴らしい試合だよ!”


reus892.jpg

マルコ・ロイスはチャンピオンズリーグのバルセロナ戦の前にそう語っていたが、彼のプレー自体は“素晴らしい”からはかけ離れたものだった。ビルトの採点では6だ。


スポンサーリンク


もちろん他の選手も似たようなものだったが、ロイスはキャプテンだ。他の選手の目安となるべき選手だ。少しぐらい期待したって良いはずだ。


しかしボルシアを体現する存在はどこへ行ってしまったんだろうか?


彼はフィールド外のインタビューではチームの欠点を指摘する。パダーボーン戦の後でも、“0:3で折り返すのは本当に恥ずかしい事だった。僕たちは正しい反応を示さなければならない。このようなプレーは二度としてはならない。”と語っている。



しかし彼は口にした事を実行する事が出来ていない。ロイスは現時点では決してリーダーではなく、キャプテンでもない。どちらかと言えば彼がドルトムント不調の象徴だ。彼はチームメートに対して、戦う姿を示すことが出来ていない。


例え対戦相手がバルセロナだったとしても、その相手にアグレッシブさを発揮することは少しもできなかった。ロイスはチームメートの面倒をみるよりも自分自身で精一杯だ。


そしてそれは数字が示している。昨シーズンの最優秀選手は今シーズンはスピードが落ちている。彼のトップ・スピードは時速31.89キロとなっている。昨シーズンは時速33.31キロだ。平均では昨シーズンの31.3キロに比べて30.7キロとなっている。


ロイスは踝の負傷から回復するために代表を辞退している。これまでのロイスは負傷の後ですぐに力を発揮してしたが、今回は不調に陥っている・・。


リーガでは12試合中6ゴールしているが、アシストは1つだけだ。しかしチャンピオンズリーグでは3試合で一度もゴールに絡んでいないのだ。特にそれを象徴するのがバルセロナとの初戦でPKを外した場面だ。


今、ロイスを評価しているファヴレが解雇間近になっている。しかし彼は監督を助けることができない・・・




以上です。

ロイス不調ですが、ロイスありきでしかチームを作ってこなかったつけが出ているような感じでしょうか・・・。

[ 2019/11/29 09:32 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
そもそもロイスをトップ下にしたのが間違いだよ。彼はスピードと裏抜け、そして決定力が強みの典型的FWで適性はサイド。ビルドアップが上手くいかない時の中盤の繋とか、密集地帯でのボールコントロール等は今ひとつ…
バルサ戦ではサイド以外はビルドアップが機能しなかったのは、ロイスが繋ぐ為の動きが出来なかったから。サイド一辺倒では単調な展開で読まれ易くなってたよね…で、完全にブライトとロイスは消えてた…
[ 2019/11/29 10:00 ] [ 編集 ]
確かにロイスのロイスによるロイスの為のドルトムントに歪みが出てきたのかもね
怪我の多いロイスをトップ下に置く為にドルも代表も色々と画策したのに残念な事だな
[ 2019/11/29 11:27 ] [ 編集 ]
ロイスはウイングに戻せばいいだけだよ。
前のシーズンの後半ケガ明けから、センターバックやボランチ潰せなくなってる。
たぶん無理して試合してんだと思う。
ただし、これ出来ないなら真ん中に置いとく必要もないわな。
サイドの高い位置に置いて守備は半分免除でいいから点に絡むとこだけやってもらったほうが攻撃も守備も効率はよくなると思うけどね。
守備出来ないアタッカーが真ん中の高い位置にいると、相手の球出しは好き放題になって、その分、味方の守備はガタガタするし現にそうなってる。
守備出来ないと勝てるわけないしうまくやってもドローがいっぱいいっぱいだよ。
ドルトムントのサッカーは1列目からガッツリ守備する、つかインターセプトからゴール狙うのが基本。
守備はフォワードからでもあるし、さっさと元に戻してもらいたいですね。
[ 2019/11/29 11:37 ] [ 編集 ]
若手の逸材を集める戦略が間違ってたのかな。最高の選手はメガクラブに取られるからなんだろうけど。若手はメンタルも完成してないし、良い選手になれるかどうかの保証も無い。そもそも、トップクラスの選手に及ばない。それに、若手を束ねるなら、良い兄貴分になれるオーバメヤンや、若手によく慕われてた香川みたいな外人選手がいた方が良い。ドイツ人派閥のロイスだけではまとめきれんでしょ。
クロップやトゥヘルの時は、飛び抜けたものを持ってるけど、欠点もあるためにメガクラブが敬遠する選手を取って、欠点を戦術でカバーしてた感じ。完璧主義の戦術家は、そう言う欠点に目をつぶれないのかなあ。
[ 2019/11/29 13:20 ] [ 編集 ]
おかしいぞ?ロイス不在でもクオリティが落ちないレベルの補強をしたってここのコメ欄で教えてもらったのに、何でロイスが不調なくらいでガタガタしてるの?他のクオリティが高い選手で遜色なく戦えるはずじゃなかったの?
[ 2019/11/29 16:41 ] [ 編集 ]
トップ下で12試合6ゴールなら充分ですが、最近はさすがに不調ですね
ブラントも微妙なので今ならゲッツェでいいと思います
まあでも一番は監督変えることですね
[ 2019/11/29 19:35 ] [ 編集 ]
良い選手取っても、結局作戦ロイスなんだから
ロイス不調なら、こうなるわな
[ 2019/11/29 20:10 ] [ 編集 ]
影響力があるロイスに媚びないと纏めあげられないようでは情けない。勇気を持ってほしいものだ。
[ 2019/11/29 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。