ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

鎌田アーセナル戦で2ゴール!!鎌田大活躍のフランクフルト!アーセナルに逆転勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

カマダ・ガラ!!
アイントラハト、アーセナルに逆転勝利!!


kamada341.jpg

小さな危機を脱出だ!


フランクフルトはアーセナルと対戦したが、弱々しい前半の後で逆転勝利に成功している!そして公式戦3連敗後初勝利となった。


これは非常に重要だ!アーセナルに勝利したことで、アイントラハトは自力で決勝トーナメントに進出することができるのだ。現在グループ2位に位置しており、最終戦でギマランイスに勝利すれば勝ち抜けが決まる。



スポンサーリンク


フランクフルトのファンは発煙筒騒ぎなどで観戦を禁止されていたが、それでも500から700人のファンがスタジアムに駆け付けている。


まさに鳥肌が立つ瞬間だったのが、ファンがアイントラハトのバスに向かって大合唱したことだ。その通りではまたしても発煙筒がたかれたのは良くはなかった。しかしペーター・フィッシャー会長は、“まあそれで罰を受けることはないだろう。”と語っている。


そんなファンの声は、前半のフランクフルトには届かなかった。59回のパスミス。そしてシュートはたった1回だ。キーパーのレノフが長い間無失点に抑えていたが、それでも45分にオバメヤンに決められてしまっている。


アディ・ヒュッター監督はローテンションをしていたが、休憩後はコーアとガチノビチを投入している。これでフランクフルトは勇気を取り戻す。


そしてフランフルトが試合をひっくり返す!


その英雄は鎌田大地だ!この日本人は9分間で2ゴールを達成したのだ(55/64)!8月以来となる公式戦ゴールだ。

鎌田はゴールまでは目立っていなかったが、左足でボールを受けると、そこからゴール右にシュートを決めたのだ!


幹部のフレディ・ボビッチは:“彼はこの瞬間を待っていたんだ。時間はかかったが、良かったよ!彼は素晴らしい選手だ!”と語っている。

アーセナルは後半は見せ場はなかった。メスート・エジルは60分からプレーしているが、見せ場はなかった。


アーセナルのスタジアム前では、ファンの“アウェーでの勝利”という声が響いだ。アイントラハトのファンはどこにでもいる・・。




以上です。

鎌田選手のゴールはどちらも素晴らしかったですね。あの位置から一人で決められるのは大きいですね。国際舞台、しかもアーセナルを相手に大活躍してくれて本当にうれしいです!

[ 2019/11/29 16:44 ] 鎌田 | TB(-) | CM(2)
アーセナル相手に2ゴールでチームを勝たせたってのが素晴らしいですね。
しかも敵地で。
やっぱり日本代表に呼ばれて試合に出ると自覚が変わるんだろうなと思います。

南野もまたCLでゴール決めて、すでに5試合で2ゴール3アシストですよ。
軽く日本人最多を更新しそうですね。
今の日本人の若手はシュートが本当に上手いです。羨ましい限りです。
[ 2019/11/29 17:06 ] [ 編集 ]
最高の点の取り方した。
1発目はショッキングなゴールだった。
あの位置からファーに外から巻いてメッシみたいに決めやがった。あのパパが正面抜かれたのを久しぶりに見たな。
それまで半分寝ぼけて試合見てたけど、あれ1発で目が覚めた笑
2点目は、アタマ使ったね。ガナのディフェンス陣のブラインドになるようにいったん審判の背後に回ってそこから動き出してニアに入れた。
マジで早起きしてよかったですよ。
ブレイクするきっかけになるといいよね。
[ 2019/11/29 17:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。