ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト!ヒュッター監督!アーセナル戦後に鎌田を大絶賛‼《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ヒュッター監督!マッチウィナーの鎌田を大絶賛!
“特別な賛辞に値するよ!”


Kamada901.jpg


アーセナル戦での鎌田大地はたった一人でフランクフルトを勝利に導いている。そしてアディ・ヒュッター監督はこの勝利の後でほっとして、この日本人選手を称えている。それでも彼はチームの前半のパフォーマンスには喜ぶことができないようだ。



スポンサーリンク


ヨーロッパリーグのアーセナル戦でのヒーローは、残念ながら試合後に称えられることがなかった。彼はインタビューに答える代わりにドーピング検査に行かなければならなかった。彼は55分と64分にゴールを決めてドッペルパックを達成し、この日のマッチウィナーとなっている。


アイントラハトのアディ・ヒュッターは“彼は特別な賛辞に値するよ!”と語っている。そして“この勝利の後で我々はまた自力で突破することができるようになった。”と続けた。



フランクフルトは12月12日にギマランイスと対戦する。現在10ポイントのアーセナルに1ポイント差となっており、さらに3位のリュッテヒとは2ポイント差となっている。


またヒュッターは前半のプレーに対しては、“怖がりすぎたね。”と語っている。それでもたった1点しか取れなかったのは、本当に幸運だった。“でも後半は全く別な顔を見せたよ。”とヒュッターは語る!


アイントラハトはアーセナルに勝利したことで連敗を止めることができた。“これで自信が持てるよ。”とヒュッターは語ったが、月曜日にはダービーでマインツと対戦する。


マインツ新監督アーヒム・バイアーオルツァーの下でホッフェンハイムに5:1で勝利したばかりだ。“今度は最初から我々の力を示さなければならないね。”とフランクフルトのダニー・ダ・コスタは語っている。





以上です。

まさに特別な賛辞に値する活躍ですね。フランクフルトを中心に鎌田選手に関する記事がどんどん出ていますので、特集記事がでたらまた紹介します。

[ 2019/11/29 20:26 ] 鎌田 | TB(-) | CM(9)
エメリ解任でツイがサンキューカマダで溢れてる(笑)
[ 2019/11/29 21:39 ] [ 編集 ]
今後、どんどん進化していくでしょうね。
南野もそうです。
以前、長友が南野に対して言った言葉はやはり的確だと思います。
レベルの高い舞台こそ人を成長させるし、そこで結果を出せば、もうそれ以前とは格段に意識が変わります。
注目される事が病み付きになり、もっともっとと上をと思うし、自信と自覚と責任が身に付きます。
二人ともそのきっかけは間違いなく日本代表にあったと思いますね。
南野に続いて鎌田もまさにそれを今、それを味わっていると思います。
これからが楽しみです。

★長友佑都
「CLの自信というか、僕がよく言う高いレベルの試合でやらなければいけないのはこういうことですね。
そこで結果を残すことで自信が生まれる。
自信がすべてを変えると言っても過言ではないし、自分の能力を引き上げてくれる。
彼を見ているとそう感じます」
[ 2019/11/29 21:45 ] [ 編集 ]
結果知っててフルで見ました。前半は消えてて「本当にこの後2点も入れるのか?」って出来でしたが、後半得点してからはプレスもセカンドも良くなって、やはり得点は自信になってプレーも積極的になりますね。そしてボールも集まる…

エメリ監督の退任決まりました。個人的には嫌いな監督でしたので「鎌田ありがとう!」でした。今日も今シーズン一度も出番無かったCBはじめ大幅ターンオーバーして怪我人二人出して主力出せずに負け…フランクフルトを舐めすぎた結果でした。
こういうタイプ(まだ勝抜け決まってないのに舐めてくる監督)は嫌いです。リスペクト足りないと足元掬われるよ。
[ 2019/11/29 22:47 ] [ 編集 ]
試合結果二度見したし単純に凄いよね
アーセナルもすっぱり監督切ったし決断できるってのは素晴らしい
[ 2019/11/30 07:36 ] [ 編集 ]
酒井が言ってた「寧ろ未熟な状態で欧州で得られる成長」はまさに正論。
やっぱり鎌田みたいに、欧州移籍一年目でダメでも食らいついて粘れる選手が伸びる。
[ 2019/11/30 10:48 ] [ 編集 ]
まぁ、これを切っ掛けに鎌田が爆発してくれることを祈るね。
[ 2019/11/30 12:00 ] [ 編集 ]
次節は一応ラングニック派監督同士の対戦ですか面白そうですね。
バイアーオルツァーはケルンで下位に沈んでましたが、チーム変わったとたんホフェンハイムに5-1ですから本領発揮し始めたのかもしれません。
簡単にはいかない相手かもしれませんが、リーグでも鎌田が得点して勝てればチームにも勢いが出てきそうです。
[ 2019/11/30 14:51 ] [ 編集 ]
今日のプレーを見てやはり鎌田は9.5番の選手になるのが一番生きると思いました。FWとしてのプレーは覚えて損はないはず。ヘディングとポストプレー、オフザボールの動きの質を高めればレバンドフスキみたいにコンバート可能なはず。森保さんがあえてトップ下で使わなかったのもその辺りが原因かもしれませんね。
[ 2019/11/30 15:42 ] [ 編集 ]
いろんな戦術ブログを読みましたが、それぞれトップ下の鎌田のポジショニングをかなり褒めてますね。
常に気を配れる位置を取れる。
頭が良いんでしょうね。
[ 2019/12/01 08:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。