ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「2ゴール鎌田!カマジーニョ!寿司よりうまい!フランクフルトの英雄に!」地元紙特集!《ドイツの反応》

【フランクフルター・ルントシャウ!】

鎌田大地!ヨーロッパで輝く


715420325-daichi-kamada-bejubelt-seinen-siegtreffer-1hDzocS6r2a7.jpg

日本の鎌田大地はロンドンで2ゴールをあげフランクフルトの英雄となった。アディ・ヒュッターは“彼は特別な賛辞に値する”と語っている。



ゴンザロ・パシエンシアはホテルまでのバスの中でどのチームメートに感謝すればよいのか分かっている。カマジーニョだ!誰だって?もちろんフランクフルトは新たな選手を獲得したわけではない。しかしこのポルトガル人が2:1で勝利した後で、いったい誰の事を言っているのかはだいたい想像がつく。この木曜の試合での日本人はまるでブラジル人のようなプレーをしたからだ。鎌田大地だ!またパシエンシアは、さらに鎌田について“寿司よりもうまいよ!”とソーシャルネットワークで表現している!



スポンサーリンク



鎌田はロンドンで世界的に有名なクラブを相手に2ゴールを決めたのだ。それによってチームメート、ファン、監督の心を鷲掴みにしている。監督によれば、彼のプレーは“特別な賛辞に値するとのことだ。”これがもしかしたらきっかけになるかもしれないね。この若者は本当に多くのクオリティーを備えているからね。本当にクレイジーだよ。“スポーツ部長のフレディ・ボビッチも語っている。さらに鎌田と同郷の長谷部誠は、短い言葉で彼の活躍を的確に表現している。“おめでとう!”と。


鎌田大地とシュート


では鎌田大地はヨーロッパリーグであげた最初のゴールについて何と言っているだろうか?何も言っていないのだ。彼は試合後すぐにドーピング検査に行かなければならなかったのだ。よりによって検査官はフランクフルトで最高の選手を選んだのだ。そのため彼の代わりに日ごろから付き合いのある長谷部誠がインタビューに答えている。長谷部は彼と食事をし、ここ数か月で何度も何度も話をしたようだ。


その中でいつも話題となったのが、シュートだ。どのようにしてゴールに入るか。彼はローン移籍先のトロイデンで良い成績を残し、この夏フランクフルトで2度目のチャンスを貰う事となったが、良いパフォーマンスにも関わらず、ゴールを逃すことが多かったのだ。


鎌田大地:結び目はほどけた!


彼が大きなチャンスでシュートまで持っていけるのは大きなプラスではあるが、それを決められなかったのは大きなマイナスだ。彼がゴールをしたのはポカールのマンハイム戦だけだったのだ。“だけど彼は話の中で僕に言っていたんですよ。1ゴールすれば2ゴール目はすぐだって。”と長谷部は語ったが、その通りになった。どうやら結び目はほどけたようだ。


鎌田は負傷のセバスティアン・ローデに代わりロンドンではスタメンでプレーした。彼は守備的なドミニク・コーアよりも優先的に起用されたのだ。そして監督の信頼にこたえている。この23歳は特に前半では消えていたが、後半に試合を決めている。


鎌田大地!シュート2本で2ゴール!


鎌田がボールに触ったのは合計で53回だ。パス成功率は79%、そしてシュートは2本だ。完璧な得点率だ。最初のシュートでは左足でファーサイドに決めて同点とし、2ゴール目は右足でゴール隅に決めている。


この控えめな日本人は、その喜びをどう表現してよいのかわからないようだった。一度振り返りチームメートを見ると、彼らがやってくるのを待ち、そこから拳をあげて喜んだのだ。長谷部、パシエンシア、ダニー・ダコスタなど、みんな鎌田に駆け寄り彼の頭ももみくちゃにしている。ダ・コスタは“彼は本当に成長したよ。これはチームにとって本当に良い事だ!”と語っている。


鎌田大地は試合後インタビューに答えることができなかったが、その夜インターネットでめせーじを発している。“やっとだ”と彼がメッセージを発すると、パシエンシアは、“寿司の方が鎌田よりも100%良い”とそれにまたブレーキをかけている。


カマジーニョはそれにはコメントしなかったが、それでもパシエンシアの言葉には親しみがある。





以上です。


カマジーニョはなかなか良いですね。たしかに2ゴールとも一人で決めてしまいましたから、ブラジル人を連想させるのもわかる気がします。

やっぱり大きな舞台での活躍はすごいですね。次の試合でもこれに続いて欲しいですね。

[ 2019/11/30 09:14 ] 鎌田 | TB(-) | CM(6)
一気に知名度が上がったのは間違いないですね。
アンダー世代も含め、今の若い日本人選手は海外の大舞台でも全く物怖じしないですよね。
みんな自信を持っています。
[ 2019/11/30 09:28 ] [ 編集 ]
前半のフランクフルトの出来には頭を抱えましたが見事な勝利
鎌田の素晴らしいゴールに、監督の采配もよかった
[ 2019/11/30 10:20 ] [ 編集 ]
影の立役者はヒュッター監督だね。
後半開始直後からガチノピッチをトップ下にして鎌田を前に上げた。これでプレーエリア広がって自由に動けるようになった。ボールもらったら足振り抜くことだけ考えればよくなった。
采配がハマったよね。
これからもどんどんカマジーニョやらしてもらいたいよな。
[ 2019/11/30 11:23 ] [ 編集 ]
“寿司の方が鎌田よりも100%良い”
うん、これはなんとも返答に困るコメントだね(笑)
[ 2019/11/30 11:36 ] [ 編集 ]
次のマインツ戦が楽しみだね。先発かどうかは判らないけれど。
[ 2019/11/30 22:13 ] [ 編集 ]
カマジーニョには笑ったけど「キング」の称号を付けられるのは最高ですね。
だってあのキングカズと同じですよ。
オーラやスター性のある選手にしか付けてもらえないですよ。
オランダでは本田が「皇帝」ってメディアから呼ばれてた(る)けど、ロシアW杯でも海外メディアがそう言ってましたね。
[ 2019/12/01 08:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。