ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヘルタに勝利!ファヴレ監督は感激!!「素晴らしい勝利だ!」《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ルシアン・ファヴレ!ヘルタ戦で感激!“素晴らしい勝利だ!”


favre8893.jpg


ボルシア・ドルトムントは危機から一歩脱出した。ルシアン・ファヴレのチームは一人少ないにも関わらず勝利したのだ。このスイス人の監督が感激している一方で、キャプテンのマルコ・ロイスは不調から抜け出せていない。

スポンサーリンク


この勝利は非常に重要なものだった。ドルトムントにとってもファヴレにとっても。ドルトムントはヘルタに2:1で勝利したが、これによって危機から一歩脱出している。休憩前にマッツ・フンメルスがレッドカードで退場となったが、ドルトムントはクリンスマン監督のデビュー戦で勝利を飾っている。l


“本当に素晴らしい勝利だったよ。”とこのスイス人監督はほっとした様子で語っている。“我々にできることはすべてやったよ。チームは全力を尽くした。10人で11人を相手に守るのは簡単ではないからね。”とファヴレは語る。しかしそれはうまく行った。ファヴレはほっとして、“我々は本当のチームだ。”と語っている。



ドルトムントはバイエルン(0:4)、パダーボーン(3:3)、バルセロナ(1:3)との試合では、今日のようなプレーが出来ていなかったのだ。



マルコ・ロイスは今日の勝利が非常に重要だったと語っているが、彼自身はまだ不調から抜け出せていない。“僕たちは正しい方向に一歩踏み出したね。”とロイスは語る。ロイスはアディショナルタイムにマリオ・ゲッツェと交代している。ロイスはここ最近のチームの不調を考慮し、“だけど僕たちはまだこれですべてが解決したわけではない事を知っている。これからもハードワークしないといけない。”と語っている。来週はデュッセルドルフがドルトムントにやってくる。





以上です。

フンメルスが退場した時はどうなる事かと思いましたが、なんとか勝ってしまいましたね。これでファヴレの首がつながったと見て良さそうですが・・。問題が先延ばしになっただけのような気はしますね。しかしバイエルンも敗れていますし、首位のライプツィヒとの差は4ポイント差なので、まだまだ分かりませんね。

[ 2019/12/01 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
ロイスは昨シーズン、21ゴール13アシストを決めたブンデス年間最優秀選手。
ずっと彼ばかりに依存してきたチームなのだから、他の選手も頑張って負担を軽くしてあげれば良い。
そうすればおのずと復活しますよ。
たまには休ませることも大事。
[ 2019/12/01 07:24 ] [ 編集 ]
勝つには勝ったけど、素晴らしかったのは開始20分くらいまでかな?
サンチョが非常に冷静にゴール決めたし、アザールは触るだけで素晴らしい崩しをした。
でも、その後は苦しんだよ。
シュートはほぼ倍打たれたし。
どちらが上位争いしてんのかわからんかった。こうなったのは、また唐突に3バックしてフンメルスに長谷部みたいなことやらしてたし、ブラントは2日前にバルサ相手にフォワードやってたのに今日はボランチやらされてたのが原因。かわいそうに。監督がクビ掛かってるみたいだからダシにされたかな?
そのおかげか知らんけど、またまたルケバキオがやりたい放題だった。デュッセルドルフときにあれほどやられたのにデータ取ってないのかな?ヴィッツェルの動き方見たら簡単に置き去りにされてたしそんな感じしたな。
まあレッドブルと当たるまでとりあえず3試合あるので監督のクビとかどうでもいいからそれまでにキチッと整えてもらいたいですよ。
次の対戦相手のお隣さんのクラブのヘニングス、要注意だと思うよ。
[ 2019/12/01 07:32 ] [ 編集 ]
キッカー見てると3バックだったからサイドを下げて4バックにしたんかね
そっからスコアが動いてないから何とも言えない感じだし、クリンスマンになったとは言え相手は16位だしね
・・・素晴らしいのか?
バイエルンが負けたけど相手が薬屋だし、こっちもレッドカード出した方が逃げ切ってるなー
[ 2019/12/01 14:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。