ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 グロースクロイツと香川の関係?①

またまた香川選手関連です。

先ほど、チャンピオンズリーグの試合が終わり、ドルトムントがアーセナルに2:0で快勝しました。
香川選手は大事を取って出場しませんでしたが、土曜日の試合に出場することを期待したいですね。


さて、管理人はドルトムントの中では香川選手はもちろんですが、結構グロースクロイツが好きです。香川選手の復帰戦では、かつてのように、左サイドでプレーし、かつて優勝した時のように息のあったプレーを見せてくれました。この2人が一緒にプレーすると互いの力が、そうでない時よりも発揮されるように思われることが、これまでに何度もありました。

特に今回はグロースクロイツが得点に2度もからみ、サイドの攻撃選手としての危険性を、ここ最近見られなかったぐらい発揮しているように見られました。

そんな折丁度こんな記事を発見しましたので紹介します。ちなみにこの記事は今日のアーセナル戦で二人が一緒にプレイすることが前提で書かれていますので、その事を念頭に置いて読んでいただければと思います。

長いので2回に分けました。


スポンサーリンク


Borussia-Dortmund-s-Grosskreutz-Kagawa-and-Mkhitaryan-celebrate-with-their-suppo.jpg

誰よりもグロースクロイツが香川から利益を得ている。

探し出して、見つけ出した: 香川真司がドルトムントに戻って間もないにもかかわらず、香川はかつて優勝した2011年と2012年のようにケヴィン・グロースクロイツと調和していた。アーセナル戦において、彼らはこの成功を続けたい。

香川真司がこの芝生を去るとき、ケヴィン・グロースクロイツが彼の隣にいた。グロースクロイツは彼の腕を新しく古い同僚の方へとまわし、言葉を交わしていた。香川はボルシア・ドルトムントにおけるカムバックの成功に喜び、グロースクロイツが語る言葉に耳を傾けていた。

香川が先制点をお膳立てし、自らも得点を決めた、フライベルク戦における3:1の試合終了のホイッスルの後のシーンはユルゲン・クロップのチーム内での一つのミステリーに属している。

グロースクロイツと香川は2010年から2012年の間にすでにお互いをよく理解し合っていた。最初に香川がドルトムントでプレイした後に、彼らは仲のよい友達になり、よく一緒に過ごしていた。たった一つ残った疑問は“いったい何語で?”

僕らはサッカー語を話すんだ。」とグロースクロイツは言い大きくにんまりしてみせる。すでに以前もそうだったのだ。この二人の間に起こる化学反応は、フットボールにおいて異なるミッドフィルダーとして単に息が合うだけでなく、彼が日本語が出来ない事や香川が少ししかドイツ語を話せない事がどうでも良いことであるかのようにしてしまうのである。

「彼はすでに少しはしゃべれるよ。」とグロースクロイツは語る。
「それにいくつかの言葉は僕が教えたしね。」
いったいどんな言葉を?
「おぅ、それは言うのはやめとくよ。」

火曜日に行われるチャンピオンズリーグ幕開けとなるアーセナル戦では、ドルトムントのエヴィング出身の国民的な長時間走れるランナーと、おそらく間違って、内気だと思われている神戸出身の演出家とが(グロースクロイツのおかげで、ドルトムントのスラングを覚えたであろう。)隣同士でプレーするであろう。

そしてこの前の土曜日に香川と見事な調和で素晴らしいプレーをしたグロースクロイツは、本当に燃えている。

「(彼と一緒にプレーするのは)本当に楽しいよ。彼とは普段も試合中もとても気持ちが通じあうんだ。」と土曜日の試合で香川と共に重要な先制点をお膳立てしたこのオールラウンダーは語る。

この日本人は、一センチも狂いのないパスを直接、グロースクロイツが走りこむところへと送り、そのボールをを彼が対戦相手を振り切り、得点者であるアドリアン・ラモスに送ることができた。

これらのパスは、稲妻のように速く、そして正確に出されたもので、チャンピオンズリーグでのチームのクオリティーを引き上げるものとなるだろう。

グロースクロイツは確信している。
「彼の能力は僕らにとって、とても良いものだ。その能力は僕らを全体的に強くするだろう。」と彼は語る。

香川は、彼の体を使ったフェイントや、ターンで、相手チームがコンパクトに守っている状況を切り裂くための、決定的な要因とることができるだろう。自陣深くで守っていたフライブルクを相手に“香川は、彼のやり方でフットボールをする事がとてもとても重要なんだ”とクロップは語る。




ちょっと長すぎましたので、ここでいったんアップして、後半はこれから訳したいと思います。
夜8時から、9時の間のアップを目指します。

それから、たくさんのコメント、メールありがとうございます。数が急に増えて、直接返信する事ができませんが、リクエスト等できるだけ今後の記事内で反応できるようにしていきたいと思いますので、ご理解よろしくお願いします。
[ 2014/09/17 06:59 ] 香川 | TB(-) | CM(23)
No title
お~い、管理人さ~ん。
細かい事ですが記事の最後のほう、
フットボールがフットポールになっちゃってますよ~。
[ 2014/09/17 07:42 ] [ 編集 ]
No title
いいね
[ 2014/09/17 08:10 ] [ 編集 ]
管理人さん。
多少の誤字脱字は気にしませんよ!
そんなのは些末な事です。ちゃんと内容は伝わっています。これからも他では読めない翻訳を楽しみにしてます。…というかこの翻訳量ならお金が取れる気がする。

あと、管理人さんのマッチプレビューなんかも載せて頂ければ読んでみたいです。
[ 2014/09/17 08:19 ] [ 編集 ]
No title
いつも素敵な翻訳をありがとうございます^^

グロースクロイス大好きです♪

香川が在籍してた頃よりそうだったみたいで
写真がたくさんUPされてましたね。
何か真面目だけどオバカ ? な二人....って感じで
とっても微笑ましいです。

それにしても2年前から考えたら...
グロースクロイス って、ほんとに上手になっててビックリ!!
[ 2014/09/17 08:21 ] [ 編集 ]
僕もグロスクロイツ好きです。真司とのスペースを作りながらのパス交換は最高ですね。
公開練習のYouTubeで真司にデコピンされて追いかけてスライディングする動画が楽しい。
[ 2014/09/17 08:46 ] [ 編集 ]
No title
こういった長文の記事をじっくり訳して欲しかった。
これからも続けてくださいね。
お疲れ様です。
[ 2014/09/17 08:51 ] [ 編集 ]
No title
お疲れ様です
仲良いチームメイトがいるのはサッカーのクオリティーを上げる上でも大切だしグロにはほんと感謝してる
それにしてもどんなドイツ語教えたのか?
予想は下ネタww
言葉は下品だが男は下ネタで仲良くなれるし下ネタは万国共通!!
[ 2014/09/17 08:52 ] [ 編集 ]
No title
いつもありがとうございます!
グロクロと香川が何語でコミュニケーションしてたのか気になっていたのは俺だけじゃなかったんだなw
続きもお待ちしています!
[ 2014/09/17 08:56 ] [ 編集 ]
No title
グロクロさんはホフマンと練習中に取っ組み合いの喧嘩したり気が合わないやつには厳しいけど
香川とは最初の頃からずっと気が合うみたいで
マンU時代も連絡取り合ってたらしいね
グロクロさんとか牛丼とかクロップとか香川ドルトムントで愛され過ぎ
[ 2014/09/17 09:06 ] [ 編集 ]
No title
以前は香川は少しのドイツ語とサッカー語しかしゃべれなかったけど、マンUに入って英語をある程度マスターしたらしく、今では普通に英語で会話できるレベルになったらしい。グロクロの教えた言葉はどうせ「う○こ」「ち○こ」だろうなw
[ 2014/09/17 09:52 ] [ 編集 ]
No title
二連覇時のシャワールームにて
香川「ケヴィンはもう最低でOOでOOな奴でね・・・」
グロ「はあ?今季お前に一番アシストしたのは誰よ?」
香川「感謝してるよ」そしてハグ
グロ「おぅ・・・(恍惚)」
[ 2014/09/17 10:21 ] [ 編集 ]
No title
偉大なる便利屋
裏のキャプテン
…ちょっと変人?w

実はクロップの後継者だったりするかも
[ 2014/09/17 10:39 ] [ 編集 ]
No title
性格が合うってのも大事だけど根底にはチームのサッカーに欠かせない存在ってのが大事だよね
[ 2014/09/17 10:59 ] [ 編集 ]
No title
確かに「シンジならここに出す!」って感じでスーッと上がってったし、お互いの理解度はかなりなんだな。
はよ、フルメンバー揃ったドルが見たい!
[ 2014/09/17 11:09 ] [ 編集 ]
さてはエロチャット教えたのグロスクロイツだなw
[ 2014/09/17 11:17 ] [ 編集 ]
No title
翻訳乙

こういう翻訳記事は他にはないな。他のとこは、使うところだけ切り取ってるからどこから自分の文章かわかりにくい。

グロクロは昨日の試合もパスの質、クロスの質素晴らしかったね。全く味方のスピードを殺さなかった。

ムヒタリャンはあんなもんなのか?
[ 2014/09/17 11:56 ] [ 編集 ]
No title
ミキは何か焦ってる気がするな
この前の香川のゴールも空振りっぽいし
右サイドでこそ輝ける選手だと思うんだけど
個人的に今日の試合のMOMはグロスクロイツでしたー
3年前よりレベルアップしてる気がします
[ 2014/09/17 12:00 ] [ 編集 ]
No title
正直言ってブンデスで2度目の優勝したあとグロスクロイツは居場所がなくなるんじゃないかと思っていた。
[ 2014/09/17 15:43 ] [ 編集 ]
No title
他のまとめサイトより面白かったよ
[ 2014/09/17 16:02 ] [ 編集 ]
No title
このサイトの存在に今日初めて気づきました。
読み応えがあって面白かったです。
管理人さん、ありがとう(^-^)
[ 2014/09/17 16:44 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん翻訳どうもありがとう
こういうサッカーの裏の話はここしかないんですよね
ホント、グロスクロイツはパス能力に磨きがかかってた
でもゴール前であたふたするのは相変わらずだったw
[ 2014/09/17 18:05 ] [ 編集 ]
ざわ・・・ざわ・・・
[ 2014/09/17 20:40 ] [ 編集 ]
ここに初めて来ました
そして記事全部読みました
味わい深い記事翻訳ありがとうございます
読み返したくなる記事をまた待ってます
[ 2014/09/18 03:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。