ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのスター達!ファヴレのために戦う!!控室で誓い!!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムントのスター達!ファヴレのために戦う!

fvre2.jpg


BVBがこれからもそのようなプレーを続ければ、ルシアン・ファヴレはクリスマスツリーをドルトムントで買う事が出来るだろう・・


スポンサーリンク


ドルトムントはヘルタに対して2:1で勝利したが、後半は一人少ないにも関わらず、情熱的にプレーし1点を守っている。


マッツ・フンメルスがゼルケへのファールでブンデスリーガにおけるキャリアで初めて退場となったのだ。


ドルトムントは一人少ない状況で勝利している。そしてそれを助けたのは、ハーフタイム中の誓いの言葉だ!


アクセル・ヴィッツェル:“ハーフタイム中に、戦う事を誓ったんだ。あきらめてはならないとね。そしてそれを示すことができたよ。”


マルコ・ロイス:“ハーフタイム中に絶対に勝つと誓ったんだ。”



そしてそれがうまく行っている。そしてパダーボーン戦(3:3)とバルセロナ戦(1:3)の後で多くの批判にさらされたファヴレ監督も大喜びだ。解任の可能性が噂されていた。


ファヴレ:“我々は全力を出し尽くしたよ。これぞチームだ。10人だったとしてもね。”


しかし彼は今後も続けることができるのだろうか・・。



以上です。

とりあえず勝ちましたがどうなるでしょうね・・。ファヴレ続投になるんでしょうか・・。ハーフタイム中に誓った事で勝てるんでしたら毎試合やってほしいぐらいですが・・。




[ 2019/12/01 20:08 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
ええ・・・
この状況でクラブやサポーターの為じゃなく監督の為に戦うの?
[ 2019/12/01 21:38 ] [ 編集 ]
いや解任してほしいと思ってるでしょ
[ 2019/12/01 23:10 ] [ 編集 ]
今季はナーゲルスマンを筆頭にマルコ・ローゼやグラスナーなどラングニック派が台頭し始め、他にもシャルケのワグナー(この人もクロップよりラングニックからの影響が大きいと言っていたのでラングニック派としてよいかもしれませんが)
フライブルクのシュトライヒなども優秀な監督です。
中位~下位も上位常連のチームに引き分けや勝ちが多くなってきました。
ブンデス全体のレベル(特に戦術面)が上がってきてる気がします。
ドルトムントなら最低CL圏を求められると思います、ファブレを無能とは思いませんが他のチームも優秀な監督が多くなってきていますのでファブレでは難しいかもしれません。
[ 2019/12/01 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。