ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ファヴレ!戦術変更が功を奏し、ひとまず続投へ!《ドイツの反応》

【ビルト】

新たな戦術!

ファヴレひとまず続投へ!



sancho334.jpg

ルシアン・ファヴレがハグ・トレーナーに!


ベルリンで2:1で勝利した後で、ルシアン・ファヴレはジェイドン・サンチョを抱きしめ、そのゴールを称えている。仲直りの兆しだ!サンチョはバルセロナ戦のチームミーティングに遅刻したためにスタメンを外れていたのだ。

スポンサーリンク


マネージャーのミヒャエルツォルクは、“我々は真のチームを見ることができたと思う。みんながみんなのためにプレーしていたい。今日のチームは本当にチームとして存在していたいよ。これはここ数週間見れなかったことだ。私はこの結果に非常に満足で幸せだよ。”と語っている。


その勝利の秘密は:4231から343に変更したことだ。


それが意味する事は攻撃パワーだ!この試合でサンチョ、ロイス、ブラント、ゲレイロ、アザールが初めてスタメンでプレーしている。そしてそれが実った。17分で2:0だ。ファヴレはこれによってひとまず続投することになっている・・。








以上です。

とりあえず続投することになりましたね。実際の所ゲレイロとハキミをサイドハーフで起用してセンターバックを3人起用するのは悪くはないと思いますね。ヴィッツェルの隣をどうするか、というのは課題ですが・・。とりあえずロイスは不調ですから、今は無理してトップ下起用しない方が良い気がします・・。

[ 2019/12/02 18:41 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
戦術的にはフランクフルトのマネをしようとしていた。
まあファブレ的には、相手が降格争いで新監督だから戦術変更にはついてこれないと読んだんでね?とはいっても読みが当たったのはたった20分。その後はルケバキオの個人技にズタズタ。これを次の土曜日までに立て直せるかどうかは不明。
監督交代については、トップと5P差ではあるけど負けはリーグ最小の2なので、とりあえずお預けということでないの?
[ 2019/12/02 20:04 ] [ 編集 ]
 モウリーニョなどの有力監督のアテが無くなりましたから、結果に関わらず継続の路線だったと思います。少なくとも今期はファヴレ監督でいくしかないでしょう。
[ 2019/12/02 20:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。