ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

メッシ!6度目のバロンドール受賞!モドリッチは欠席のロナルドに皮肉!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

スーパー・スター欠席!

モドリッチ、ロナルドに皮肉!
“サッカーで大事なのはリスペクトだ!”


modrich.jpg

本来ならばいつも通りの光景だった。バロンドールの授賞式ではリオネル・メッシがそのトロフィーを高々と掲げたのだ。そしてこれはだいたい予想通りの結果だった。なぜならモドリッチが受賞した昨年を除いて、2008年以来、メッシとロナルドがこの賞を分け合っていたからだ。

スポンサーリンク


ロナルドは今年はメッシとファン・ダイクに続いて3位となったが、昨シーズンと同じように授賞式には出席しなかった。その代わりに彼はイタリアサッカー協会の授賞式に参加している。彼はそこで昨シーズン、セリアAの最優秀選手に選ばれている。



授賞式では昨年の受賞者モドリッチがメッシにトロフィーを手渡したが、そこで彼はロナルドの欠席について問われると、“この質問はすでに攻撃的になってしまうから自分についてだけ話したい。僕はここに入る事ができて嬉しいよ。サッカーで大事なのはリスペクトだからね。たとえ勝てなかったとしても経緯からここにいなければならないよ。サッカー界が祝福される場所だからね。だからメッシにトロフィーを渡して祝福するためにここにやってきたんだ。”と語っている。


昨シーズンはロナルドだけでなくメッシも授賞式を欠席しており、モドリッチは非常にがっかりしていた。


モドリッチは当時クロアチアの“Sportske Novosti”において、“彼らが勝たないとまったく意味がないみたいだね。それは投票してくれた他の選手達や、これまで10年間選んでくれた人たちに対アンフェアだと思うよ。またサッカーやファンに対しても。でもまあみんな考えは違うからね。”と答えていた。






以上です。

今回は予想通りメッシに決まりましたが、まあモドリッチは昨シーズンこの二人がいなかった事は今でも残念に思っているのかもしれないですね。まあ多少そういう思いはあったとしても、彼の発言や態度は素晴らしいと思います。

[ 2019/12/03 18:18 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
イタリアサッカー協会の授与式と日程が被ったって聞きましたけどね

普通に欠席しても問題無い方より主役として表彰される方に行くのは至極当然だと思います
[ 2019/12/03 19:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。