ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》契約延長も?BVBがギュンドガンにプレッシャーを与える!!ドイツ人の反応

未だに移籍先が決まらないギュンドガンですが、ドルトムントがギュンドガンに圧力をかけているという記事が本日発売のビルトに掲載されましたので、その記事とドイツ人の反応を紹介します。




BVBでの契約延長か、すぐに移籍するか!


ドルトムントがギュンドガンに圧力をかける!


201506120446022ff.jpg


巨大な博打に負けたのだろうか?


ドルトムントではここの所イルカイ・ギュンドガンについて質問しても、帰ってくる答えはいつも同じだ。“新しい事はなにもないよ・・・。”


なのでドルトムントはギュンドガンにプレッシャーをかける!!直ぐにクラブをさるか、そうでなければ新しい契約か!



この代表選手が2016年以降に渡る新契約のオファーを断った後で、彼のこの夏での移籍が決定事項となった。ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長は数日前に“彼はこの夏にドルトムントから去るだろう”と発言しており、その移籍金は2000万ユーロと見られている。



問題は:ギュンドガンの代理人が(父と叔父)、約1000万ユーロという巨額の年俸を要求して、トップチームを次から次へと驚かせていることだ。バイエルンに次いでバルセロナも撤退したようである。


なのでビルトの情報によると新しい計画が浮上したようだ。もしギュンドガンが移籍先を見つけられなかった場合、彼は契約を延長しない限りクラブには残れないという事だ。



法律的にはこのBVBのプレッシャーは意味をなさないが、モラル的には意味をなす。ギュンドガンが14ヶ月負傷離脱し、キャリアの終わりも考えられた時、チームは彼との契約を一年間延長したのだ。


その当時も、フリーでの移籍は絶対に認められないと話し合ったようである。



なのでもう一度契約が延長される可能性も出てきた。そして来年にはこうした茶番劇がまた最初から始められる事になる・・・・。

スポンサーリンク


20150612044603849.jpg

ドイツ人の反応



・BVBのやっている事は正しい。キッカーの平均点では彼は120位だったのに、1000万ユーロも給料を要求するなんて・・・。


・大事なのは本当にどこかが彼に2000万ユーロを出す事だ。



・レバンドフスキーは残らなければならなかった。ギュンドガンは残りたいなら残れる。僕個人的には、トップクラブが彼を獲得するとは思えないな。



・みんな信じないだろうけど、父親が決めるんだよ。どの音楽を流すのかをね。僕はチームが彼をベンチ外にすることを望んでいる。


・エジル・リローデッド!!



・私はBVBファンだけど彼がBVBのユニフォーム姿を見たいとは思わないわ。お願いだからもう出て行って欲しい。本物の愛も彼のもとではお金にしか見えない。



・この選手からは手を引いたほうが良いな。



・そもそも彼はどうして昨日の代表戦に出たんだろう?


・僕は今の彼ではインゴルシュタットやカールスルーエでも補強にはならないと思う。だからトップクラブが獲得するとは思えないね。エジルのように過剰評価だよ。バイエルンが彼から手をひいてくれて嬉しいね。



・このハゲワシは満足しないようだ!



・彼の代理人は本当に問題だね。



・インゴルシュタットやハノーファー、ハンブルク、パダーボーンがお似合いだね。1000万ユーロも給料を払うんだったら、それに相応しい選手を獲得するだろうね。



・彼は他のチームと交渉している。彼はBVBに対して忠実ではない。彼はそんなに要求できるレベルではない。



・どうして1000万ユーロも?



・幕が開いた。これからコメディーが見られるぞ!!



・エジル2号!!



・彼は本当に大きな博打にでたな。BVBは早く彼を売るべきだよ。こうした選手で成功することはできないだろう。ギュンドガンは失敗するだろうね。



・過剰評価だ。本当に。



・彼を欲しがるチームがなかったら、彼は一年間客席に座ることになるだろうね。



・父と叔父と共にトルコのチームがいいんじゃないかな。





以上です。


ちょっと泥沼化しそうな感じですね。香川選手と仲が良いという話もあって、日本でも比較的人気のあるギュンドガンですが、ちょっとどうなってしまうのか心配になってきました。彼本人が非常に控えめで親しげな選手なだけに、残念です。


やはりこうした背景にあるのは交渉文化の違いだと思います。

ドイツにはドイツの交渉文化というのがあって、トルコにはトルコの交渉文化というのがあるのだと思います。ドイツでは割りと最初からフェアに交渉するのが普通だと思いますが、トルコとかでは最初は大きく吹っかけるのが普通なのかもしれません。(トルコの事はあまり知りませんので想像ですが、国によっては、道で買い物をしていても、交渉するのが前提で金額を高めに言ってくる、なんていう話は良く聞きますね。)


でもこれをドイツでやってしまったら直ぐに反感を買うだろうと思います。交渉するパートナーとして誠意は大事ですからね。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_2515.jpg

ドルトムントから70キロ位北にある街ミュンスターでみつけた飲み屋
ドルトムント産のビールが飲めるようです。
なかなかお洒落な看板でした。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/06/12 19:00 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(13)
No title
ギュンドガンfacebookにファン宛に何かメッセージを出しましたね。読めないけど・・・。18日に来日するらしいので、移籍のことはどうなったのかなと思っていました。 香川選手と仲が良いだけに、なんか複雑ですね。
[ 2015/06/12 19:18 ] [ 編集 ]
No title
ギュンドアンは大好きな選手の一人でしたが、彼の移籍に関するこういう話題はもうお腹いっぱいという感が否めませんね。交渉の内容が明らかにならないのですから、彼の代理人である家族がふっかけているとかいうのもまぁ、想像かも知れないですし…。それでギュンドアン本人の印象は悪くなっていくわけで。

サッカーはビジネスの側面もあるわけですので、仕方のない部分もあると思いますが、ただただ残念です。どこに移籍するにしても、やはり古巣から惜しまれないというのは実際は寂しいものですよね。
[ 2015/06/12 19:41 ] [ 編集 ]
No title
マンUのスポンサーが歓迎ツイートしたってニュースを読んだけど(フライングだったらしいが)
[ 2015/06/12 20:09 ] [ 編集 ]
No title
悪いけどギュンドアンは移籍してほしい、ベンダーカストロが見たいので。 香川には新しい風を読んでくれるボランチが必要だわ。ギュンドアンは香川と仲良いけど試合での手詰まり感がね。
[ 2015/06/12 20:22 ] [ 編集 ]
難しい問題ですね…トゥヘルも頭数に入れるのかどーするのか…就任初シーズンで大変なのに。冬移籍になりそうな感じがしますね。
[ 2015/06/12 21:32 ] [ 編集 ]
No title
サッカーでの交渉は知りませんが、日本の価格交渉で聞かれる「それじゃ中を取って」というのが、イギリスでも公平な落ち所なようです。
[ 2015/06/12 23:23 ] [ 編集 ]
香川選手と仲良しのギュンドアン。
香川選手とのやりとりからもわかるように、
本人は優しくて穏やかな性格だと思います。
大好きな選手なので気持ちよく移籍して欲しいと思ってましたが、ここまで泥沼化すると難しいですね。
どこに移籍しても頑張ってほしいです。
来週、日本に来るらしいですよ。
香川選手にも会うのかな?

[ 2015/06/13 00:26 ] [ 編集 ]
No title
香川の友達だから残ってほしい気はするけど
カストロとれちゃったしあの年俸を払うほどではないか
[ 2015/06/13 01:00 ] [ 編集 ]
No title
エジルの親父も銭ゲバ代理人で、いい加減嫌気がさしたエジルに絶縁されたと聞いたが、ギュンはどうすんかねぇ。
[ 2015/06/13 02:18 ] [ 編集 ]
No title
今期のギュンのパフォーマンスじゃあなぁ・・・
シャヒンとカストロのほうが良さそう
[ 2015/06/13 03:21 ] [ 編集 ]
エジルは代理人だった親父と縁を切ったよね
ギュンドアンは代表戦見てても普通に上手いし過大評価ではないと思うけど1000万ユーロはさすがに高すぎるとは思う
[ 2015/06/13 06:07 ] [ 編集 ]
No title
トルコじゃ交渉も買い物の一部と聞くけど、報道からすると交渉の余地のあるふっかけられた金額とも思えないのがなんとも…
ギュンの親族は実際に商売されてる人なのかな?されてるならもうちょっと分別ありそうなんだけど
[ 2015/06/13 07:37 ] [ 編集 ]
No title
エジルは親父と絶縁したら裁判沙汰になって
今は兄貴が代理人だっけか
代理人を身内以外にしないとまた繰り返すかも
[ 2015/06/13 11:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。