ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ライプツィヒ監督!ナーゲルスマン‼サッカー界の同性愛について語る!《ドイツの反応》

【ビルト】

ナーゲルスマン‼ホモ・セクシャルの選手に助言!

いつカミングアウトをするか、しないか!!


nagels.jpg

ライプツィヒの監督、ユリアン・ナーゲルスマンはサッカー界のホモ・セクシャルのカミングアウトをサポートしている。


スポンサーリンク


彼はライプツィヒのファンクラブ(同性愛者が中心のクラブ)のクリスマスパーティー“Rainbow Bulls”において、ホモ・セクシャルについて語っている。そして彼はブンデスリーガでカミングアウトしたほうが良い場合と、そうでない場合について語っている。


ナーゲルスマン:“大事なのはそれが選手のパフォーマンスにどのような影響を与えるかだ。彼がカミングアウトする事で自由になれるかどうかだね。でも基本的にはカミングアウトをすることなしに自由に生きることはできないのではないかと思う。ばれたらどうしようとか、本気にしてもらえなかったらどうしようとか不安は計り知れないからね。それに愛を常に自分だけにしまっておかなければならないのは大きな問題だよ。“



では選手が助言を求めてきたらどうするだろうか?

ナーゲルスマン:“仮に同性愛の選手が、今自由に感じることができず、この状態ではパフォーマンスを発揮することが難しい、と言うのであれば、‘カミングアウトするべきだ!’と言うだろうね。私にとってはは全く問題ないよ。”


いずれにせよナーゲルスマンは問題点も見ている。“でもなんでもかんでもカミングアウトすべきだと言っているわけではないよ。サッカー界はいまだに男性社会だし、同性愛に対する理解は少ないからね。”と彼は語る。


そして、“仮に同性愛の選手が私のところにきて、助言を求めたとする。でも彼がすでにその状態で素晴らしいプレーをしていたとしたら、‘自分だけにしまっておくんだ。’と言うだろうね。サッカー界はまだまだそれに対して理解が少ないからね。例えばトーマス・ヒッツルシュペルガーも引退後にカミングアウトしたからね。”



ライプツィヒの監督はオープンである事を支持している。“他の人々に対して危害を与えない限り、誰と一緒にいたってかまわないと思う。”と彼は語る。“別に隣に男性のカップルが住んでいたからと言って、その隣人がどうなるというわけではないからね。”







以上です。

サッカー界でのホモ・セクシャルの話題はまだまだタブー視されていますね。今回はファンクラブが同性愛者の集まりだったという事もナーゲルスマンがこのような発言をしていますが、そもそも監督がこのようなテーマについて発言する事がすごく珍しいですからね。ナーゲルスマンにはいろいろと期待しています。



[ 2019/12/04 18:25 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
 色々な価値観や趣向が許される時代になりつつあります。自分の価値観を押し付けることなく他人の価値観を理解できる人が増えたのでしょう。
[ 2019/12/04 20:04 ] [ 編集 ]
そういえば、この人、化粧して試合してたことあったな笑
まぁそれはいいけど、今年は勝つかもね?
ヴェルナー大ブレイク中だし、守備は前任者がガチガチに固めてあるからここぞの時に逃げが効く。
優勝するためのの最初の山は18日のドルトムント戦だな。
[ 2019/12/04 20:12 ] [ 編集 ]
同性愛を認めない奴は人間じゃないって感じの奴らが増えたわな
寛容非寛容はあるけど、非寛容に晒されて来た連中が更に非寛容になってるイメージしかないし、魔女狩りの様に人は非寛容なんだろう
サッカーだとリーズの選手がキスしてたのが衝撃的な印象で残ってるけど(笑)
[ 2019/12/05 09:25 ] [ 編集 ]
向こうは宗教的にホモ禁止だから
ちゃんとこういう発言しないと直接危害を加えようとするやつがいるんだろうな
[ 2019/12/05 17:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。