ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール!クロップ監督「いつでも準備はしているが・・。」!サンチョの獲得について発言!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

サンチョ!リヴァプール移籍か?
クロップ:“我々はいつも準備しているよ・・・・”


klopp012.jpg


ボルシア・ドルトムントのファンにとって大きな疑問点:サンチョはいったいあとどのぐらいドルトムントに残るのだろうか?

スポンサーリンク



サンチョはここ数か月多くのトップクラブと噂になっている。特にマンチェスター・ユナイテッドがサンチョの獲得に大きな興味を寄せているとされている。


そしてユナイテッド以外にも名前が挙がってきた。そのうちの一つがリヴァプールだ。


リヴァプールではモー・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーニョがプレーしているが、そのうちの一人がリヴァプールを去る可能性がある。


そのためその代わりとしてサンチョの名前が挙がってきたのだ。


そしてそれに対してクロップが口を開いている。


“彼が良い選手であることに疑いはないね。”と彼は語るが、よりによって元クラブから選手を引き抜くのだろうか?


交渉を難しくするのが、サンチョの値段だ。ドルトムントは最低でも1億ユーロを望んでいるとされている。


クロップは、“まあ問題点はそこだね。”とウィンクしながら語っている。


それと同時にクロップは、“でもこれについて私が言う事はないよ。噂について話をすることはないからね。私に言えることは、我々は助けになりそうな選手がいれば、移籍市場において何かする準備はいつもしている、と言う事だね。”と語っている。



さらにクロップはプレミアリーグにクラブにとって冬の移籍が重要であると語っている。プレミアリーグは夏の移籍市場が閉まるのが早いのだ。


“我々はリーグが始まるまでしか補強ができない。他はシーズンが始まっても売り買いできるのにね。”クロップは語った。






以上です。

必要があればすぐにでも動けるというのは、やはり資金があるクラブの強みですね。実際の所冬の時点で獲得に動く可能性はあまり高くないと思います。3人の移籍も噂されていますが、リヴァプールとクロップだったら引きとどめることは可能でしょうね。



[ 2019/12/04 19:40 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
高過ぎる
一億ユーロだすならサンチョよりハーランド
来季はハリーウィルソン戻ってくるからいらないんじゃ?
[ 2019/12/04 19:14 ] [ 編集 ]
サンチョはリヴァプール的には焦る必要ない。今のところ絶対的なフロントライン3枚いるし、冬に獲っても金かかるだけ。そもそもポジションないよ。夏まで待てば待った分だけ値段は下る。
ドルトムント的には知らない。前にも書いたけど、順位次第じゃないですか?
[ 2019/12/04 20:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。