ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!来シーズンはトゥヘル&フリック体制か?有利な点と不利な点は?《ドイツの反応》

【ビルト】

トゥヘル&フリック!有利な点と不利な点は?

tuchel.jpg


いったい2020年にバイエルンの監督がどうなるのかはまだ不明だ。しかしその一つの可能性がドイツ人のデュオだ。


スポーツビルトによると、トーマス・トゥヘルの役割が大きなカギとなるようだ。現ハンスィ・フリック監督のボスとして彼が新シーズン監督に就任する可能性があるようだ。


スポンサーリンク


バイエルン幹部は、今年最後のヴォルフスブルク戦の後でフリックと共に話し合いをするようだ。トゥヘルとフリックは完璧なデュオとなるだろうか?


有利な点は?


▶彼らは二人とも良い関係だとされている。フリックはホッフェンハイムの会長を解任となった後で、2018年にトゥヘルの下でアシスタントをしていたのだ。


▶彼らは二人ともアグレッシブなゲーゲンプレスを好んでいる。トゥヘルは圧倒的なグアルディオラ・スタイルを好んでいるが、フリックはハインケスのスタイルを好んでいる。理想的なミックスだ。


▶二人ともドイツ語を話す。ポチェッティーノはそうではない。さらにポチェッティーノは自分のチームを率いてくるとされている。そうなるとフリックは出番が無くなる・・



不利な点は?


▶トゥヘルの契約は2021年までとなっている。それまで続けられるかどうかはチャンピオンズリーグの結果次第となる。最低でも準決勝がノルマとされている。それ以前に敗れた場合は解任が濃厚とされている。


▶ペップ・グアルディオラのミュンヘン復帰の噂がある。代理人はその可能性を否定しているが、バイエルンはそれに向けて動いている。


ペップはバーンリー戦後の記者会見でロドリーゴの獲得について語る際に、“私は、バイエルン・ミュ・・・バイエルン・ミュンヘン?なんてこった・・。いったい何を考えているのか自分でもわからないよ。”と語っている。


どうやらペップの頭にはバイエルンがあるようだ。トゥヘル&フリックのコンビの他、もう一つの選択肢となるのだろうか?




以上です。

トゥヘルはチャンピオンズリーグで成績を残さなければ解任されるかもしれないですが、それでもこの2年間で監督としての格は上がりましたね。今ではスター選手との経験もありますから、これから大きなクラブの候補として常に話題になるでしょうね。



[ 2019/12/05 05:33 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。