ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBサンチョ!移籍を強行?バルセロナ戦前の騒動後に起こった事とは?《ドイツの反応》

【ビルト】

いったいバルセロナ戦の後で何が起こったのか?

sancho44.jpg


BVBの会長ヴァツケは、チャンピオンズリーグのバルセロナ戦の前に、サンチョをサポートする発言をしていた。その直前に彼がまたしても遅刻したにも関わらずである・・。


試合前の午後、ルシアン・ファヴレはチームを戦術ミーティングに招集したが、サンチョは遅刻したのだ。数分後にこのストライカーはミーティングに駆け付けたが、すでにその時にはチームメートたちは集中してファヴレに戦術に耳を傾けていた。その結果、監督はサンチョをベンチ外としたのだ。

スポンサーリンク


しかし試合前にサンチョはヴァツケと話をしたようだ。しかしヴァツケは彼を突き放す代わりに、信頼を示したようである。その結果、彼は途中交代後1:3となるゴールを決めている。


でもいったいどうしてサンチョはバルセロナ戦の前に遅刻したのだろうか?


チームメートや幹部たちは、サンチョが移籍を強行しようとしているとは思っていないようだ。そして冬の移籍はあり得ないとのことである。





以上です。

冬の移籍の噂が高まっていますが、さすがにクラブ側もそれを認めないでしょう。仮に本人が移籍を強行しようとしても、さすがにデンべレーとオバメヤンの後で、そうした移籍を容認するとは思えないですね。

[ 2019/12/05 09:45 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
ヴァツケはさすがに遅刻くらいでは咎めなかっようだな。逆にインセンティブつけて結果出させたみたいだな。2試合続けてゴールだからな。
前スレでいったようにファブレもこういうとこをしっかりして欲しいよ。試合の分析は緻密かもしれんけど、選手のマネジメントが雑に見えるんだよね。選手が変なことしたらストレートに罰を与えるでは小中学校の先生だよ。
プロなんだからもうちょっと気の利いたことできないのかな?
[ 2019/12/05 11:20 ] [ 編集 ]
既に方針としてステップアップクラブの道を選んだんだから、スムーズに移籍させてやれよ
そうする事で有望株が取れるんだから
[ 2019/12/05 12:07 ] [ 編集 ]
ドルトムントは移籍の件で揉めすぎじゃないですかね
経緯だけでみればどの選手も我儘なのかなとも思えますが
毎度やってるのを見るとクラブ側にも何かしら問題がある
のではないだろうかと勘繰ってしまいますね・・・
[ 2019/12/05 12:09 ] [ 編集 ]
尊敬してたオーバメヤンも香川もいないしな
[ 2019/12/05 13:09 ] [ 編集 ]
選手側が表面で笑って裏で見限ってるパターンだな
干したら価値が下がって行くから、どうせ売る積もりでしかないドルトムントにはマイナスにしかならんし

それに干されても若いのに酷使されてたから体調が戻って、評価額が下がっていくなら移籍しやすくなるだろう
契約更新でサラリー増やしてるからサンチョは悠々自適に高額サラリー貰えるしね
何より干され終わってもまだ若い

どうせドイツ人以外には冷たいクラブだし、プリシッチがプレミアで活躍してるの見て、サクッと移籍に動いた方が利口だと考え直したんじゃないの
[ 2019/12/05 14:22 ] [ 編集 ]
いい選手からどんどん引っこ抜かれまくって
それで優勝できないと叩かれるんだから
まあチームとしてはやってられないよね
[ 2019/12/05 17:42 ] [ 編集 ]
結局ゴネたデンベレやオバメアンはすんなり移籍出来て、ゴネなかった香川は干されて損したからね…どうすれば良いか、解ったんだろうな。
[ 2019/12/05 18:23 ] [ 編集 ]
ドイツ人以外がずっといるクラブじゃないって気付いたんだろう。
クラブ方針も育成売却クラブだしな
[ 2019/12/05 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。