ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

スーパー・タレント!ハーラント!冬に2000万ユーロでドルトムントに移籍が可能!《ドイツの反応》

【ビルト】

ハーラント!冬に2000万ユーロでBVB移籍が可能!

harl.jpg


この素晴らしいストライカーがドルトムントにとっては超お買い得になるかもしれない。


ドルトムントはセンターフォワードの補強としてエーリング・ブラウト・ハーラントの獲得を目指している。彼はザルツブルクと2023年まで契約しているが、どうやらお買い得な値段で獲得が可能なようだ。


スポンサーリンク


ビルトの情報によると、ハーラントは冬に2000万ユーロでBVBに移籍することが可能だとのことだ。



これまでに報じられてきた3000万ユーロの契約解除金は誤りだったようだ。本当の金額はそれよりも低い。ビルトの情報によるとこのノルウェー人は一月に2000万ユーロでクラブを去る事が出来るのだ。



これは20試合で27ゴールをあげているハーラントのようなストライカーにとっては本当にお買い得な値段だ。彼はチャンピオンズリーグだけで8ゴールも挙げているのだ。それどころかチャンピオンズリーグデビュー戦でハットトリックを達成している。


その結果ドルトムント以外にも多くのクラブが彼の獲得を目指している。


▶しかし彼は目標であるプレミアリーグに行く前に、他のクラブでプレーする事を望んでいるようだ。


同じくノルウェー出身の解説者フェルトフトによると、ドルトムントは完璧な選択肢とのことだ。“私の見たところ、ハーラントはドルトムントにとって完璧な補強となるだろうね。この若者は至宝だからね。素早さ、嗅覚、そしてその意志の強さはセンセーショナルだよ。またエーリングにとってもドルトムントのようなクラブは正しいクラブだよ。”と語っている。


ドルトムントは夏にストライカーを補強しないという失敗をしたが、これでチャラにすることができるだろうか?


ドルトムントにとってはハーラントの代理人がライオラであることは大きなプラスとなるだろう。マネージャーのミヒャエル・ツォルクはライオラを良く知っており、さらにライプツィヒにも買取件はないようだ。






以上です。

本当に冬に2000万ユーロで獲得が可能ならば絶対に獲得してほしいですね。ある程度の試合数を保証してでも獲得してほしいです。




[ 2019/12/05 17:41 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
アルカセルはリーグの格下には強いが同格以上の相手と戦うとフィジカル負けするし体張れないし消えるしハーランドに限らず屈強な9番タイプを1人は必ず取らないと4大のCLレベルのチームだともうどこにも勝てないね
[ 2019/12/05 17:51 ] [ 編集 ]
これがほんとなら安すぎですね!
3000万ユーロでもバーゲン
[ 2019/12/05 19:01 ] [ 編集 ]
買取権はないとされていますが、ブンデスならRBグループ繋がりで結局ライプツィヒにいきそうな気もします。
またドルトムントでファブレが続投の場合、クロップやラングニックに影響を受けた監督達程プレスやトランジションを軸にしていいませんのでチームに合うかという問題もあります。
[ 2019/12/05 20:00 ] [ 編集 ]
えーとまず本人が移籍の意思を持ってないと断言していますし、ハーランドのバイアウト契約は既に更新によって破棄され、4000万ユーロだかに値上がりしてますよね。第一に、明らかにドルトムントに収まる器ではないのでブンデスリーガに行くことは無いのでは。すでにレアルマドリーとバルセロナが動いていて、マンユナイテッドとバルサは8000万ユーロの提示もしているとか。
[ 2019/12/05 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。