ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント監督ファヴレ!冬にストライカーの補強を希望!「すべてができるタイプでなければならない!」《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ルシアン・ファヴレ!ストライカーについて語る!
一人ストライカーが来なければならない!!


favre6660.jpg

ドルトムントのストライカー探しが本格化している。ビルトの報道によると、ザルツブルクのエーリング・ハーラントがこの冬、契約解除条項に定められた金額でドルトムントに移籍する事が出来るようだ。そしてその噂に対してルシアン・ファヴレ監督が口を開いている。


スポンサーリンク


ボルシア・ドルトムントは負傷がちなパコ・アルカセルのバックアップとなるストライカーを探している。最近ではザルツブルクでプレーするエーリング・ハーラントの獲得が噂されているが、今日行われた記者会見でファヴレ監督がストライカー探しについて語っている。


このスイス人監督はハーラントの獲得に関して発言することは避け、“それについて話をすることはない”としながらも、“我々は複数の選手に興味を持っている。”と明かしている。


すでに11月の総会において、ヴァツケ会長は、ストライカーの補強を明言していた。彼はその場で“我々はもう一人9番の選手を獲得しなければならなかった。”と語っており、チャンピオンズリーグでバルセロナ戦の後ではミヒャエル・ツォルクが、“スポーツ面での解決策を探っている段階だ。多くの名前が噂されているけれど、どの提案にも感謝している。”と語っていた。


現在、ハーラントの他にはユベントスのマリオ・マンジュキッチ、チェルシーのオリヴィエ・ジルーの名前が挙がっている。

ファヴレは記者会見で名前を挙げることはなかったが、少なくともどのようなタイプかを述べている。どうやらファヴレの望みは高いようだ。“彼はすべてが出来なければならないね。プレス、連携、裏抜け。”と彼は語っている。さらにヘディングも得意でなければならないか、という質問に関しては“その通り”と答えている。

しかし本当に補強は実現するだろうか?ファヴレは“冬の移籍は難しいからね。”と語っている。





以上です。

こうなるとマリオ・ゲッツェの延長はなくなりそうですね。まあようやくストライカーの獲得の必要性に気付いてくれて良かったですが、オバメヤンが移籍した後で最優先で獲得するべきポジションだったのは明らかだったんですけどね‥。ドルトムントのフォワードは得点王だったわけですからね。まあ補強に期待しましょう。



[ 2019/12/06 09:28 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
今更何言ってんだよ
何でも出来る便利な香川みたいなMFも放出、イサクは試すことほぼなく放出、FWはサブが常にいない上に代わりがゲッツェって去年の時点でまずいの分かってただろ
[ 2019/12/08 01:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。