ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ロイス2ゴールでデュッセルドルフに5:0で勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント対デュッセルドルフ!

ロイス、悪質なファールの後で魅了する!


reus1245.jpg


デュッセルドルフを相手にドルトムントは5:0で2連勝を飾っている。フォルトゥーナはドルトムントを相手に良く戦った時間帯もあったが、最終的にロイス(42/69分)、サンチョ(63/74)のドッペルパック、それからアザールのゴール(58分)でドルトムントに敗れている。




スポンサーリンク


マルコ・ロイスはここ数週間でベストなプレーを披露している。彼は開始2分にデュッセルドルフのツィンマーから悪質な足首へのファールを受けているが、その後彼は魔法を披露したのだ。


ロイスはスカイに対して、“ベルリンに続いて勝利出きたのは大事なことだね。それまで自分があまり良いプレーができていなかったのは分かっている。だから批判は正当なものだよ。だけどいつもポジティブでいなければならないし、チームと自分を信じないとね。”と語っている。


前半はドルトムントはシュート11本(デュッセルドルフは1本)も放っているが、そのうちロイスが5本もシュートを放っている。それに加えて彼は一対一の70%に勝利、さらに5.9キロも走っているのだ。


デュッセルドルフはウニオン・ベルリンを除いてマルコ・ロイスがまだ得点したことがないクラブだった。


ルシアン・ファヴレ監督は2試合連続で343となる戦術を採用している。3バックはフンメルスの代わりにピスチェクが出場している。3トップはアザールとサンチョ、ロイスだ。負傷から復帰したパコ・アルカセルはゲッツェとともにベンチに座っている。


デュッセルドルフは次にライプツィヒと戦うが、これまでシャルケ(3:3)、バイエルン(0:4)、ホッフェンハイム(1:1)、ドルトムントと続いた厳しい日程がようやく終わる。






以上です。

今日バイエルンがグラートバッハに敗れましたから、ドルトムントが3位に浮上しましたね。途中まで引き分けだったのでそのまま終わる事を期待したんですが、首位のグラートバッハとのポイント差は5から縮まりませんでした。バイエルンはフリックに代わってうまく行くかと思いましたが、リーガ2連敗ですね。今6位ですから、今シーズンは厳しそうですね。





[ 2019/12/08 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
ロイスは複数のポジションでプレーできる柔軟さ、幅の広さが素晴らしいです。
[ 2019/12/08 07:27 ] [ 編集 ]
サンチョとアザールが高い位置でドリブルでタメ作って引き気味のフォルトゥナのブロックバラバラにした。
おかげで高い位置でのパスの精度がよくなって、真ん中にいる人は触ればゴールの状態を作れていた。
久しぶりにいい崩し見せてもらったから朝からご機嫌ですよ。年末年始はこれでお願いしたいですね。
[ 2019/12/08 08:27 ] [ 編集 ]
下位に取りこぼすことが多かったからポイント落とさなくなったのは良いんじゃないの
スターティング見てると直ぐに冬が訪れそうだけど
バイエルンは対戦相手的に試練が続くわな
[ 2019/12/08 11:09 ] [ 編集 ]
ボルシアMGはバイエルンに勝利しライプツィヒもホフェンハイムに勝利で1ポイント差、シャルケはレバークゼン敗れフライブルクはヴォルフスブルクに勝利、ヘルタとフランクフルトは引き分け
ドルトムントは3位に上がりましたが4位~6位のチームとは1ポイント差と1試合で順位がひっくり返ります。
結局最期はバイエルンが優勝かとも思ってましたが7位に後退しました、久しぶりに他のチームの優勝が見れるかもしれません。
ドルトムントも優勝狙うならもう勝ち点落とせないですが、10位辺りまでのチームは勿論下位のチームも侮れません。
今季のブンデスは4大リーグで一番面白いです。
[ 2019/12/08 19:29 ] [ 編集 ]
ブラントが効いてましたね。
魅力的なサッカーで久しぶりに楽しい試合でした。
[ 2019/12/08 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。