ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!グラートバッハに敗れ7位に転落!またしても危機的状況に!《ドイツの反応》

【ビルト】

レヴァンドフスキー、ゴールできず!
バイエルン、得点できず!



levale.jpg

“シュート、ゴール、バイエルン!“、これはバイエルンファンが好むスタジアムでのチャントだが今のところはファンは別なようにうたわなければならない。“シュート!外れた!バイエルン”と・・。

スポンサーリンク


バイエルンはここ最近40本シュートを放ったが、そのうち2本しかゴールに入らなかったのだ。グラートバッハ戦(1:2)でのペリシチの先制点、それから選手のレヴァークーゼン戦(1:2)でのミュラーのゴールだ。


バイエルン、得点できない危機に陥っている。彼らは得点できないのだ・・。


ハンスィ・フリック監督は、今回はキミッヒを右サイドバックのポジションで起用し周りを驚かせたが、“これはネガティブな傾向だね。原因はあるはずだ。これだけ多くのチャンスが決められないのだはアンラッキーでは済まされない。いったい何が欠けているのかわからないね。チャンスを作るクオリティーはあるからね。”と語っている。


キミッヒはこの連敗に対して何と発言しているのだろうか?

キミッヒ:“本当に頭にきているよ。爆発しそうだ!”


気になるのは、2週間前のチャンピオンズリーグで14分で4ゴールを決めたレヴァンドフスキーが得点できない事だ・・。レヴァンドフスキーはここリーガ3試合でノーゴールとなっているのだ。彼はそれまでの11試合で少なくとも1ゴールを決めていたのだ。



グラートバッハ戦では13分と16分に良いチャンスがあったが、両方とも外している。奇妙な事にレヴァンドフスキーの代理人であるマイク・マルテルはツイッターで2:1でのグラートバッハの勝利を予想していたことだ・・。少なくともバイエルンの1点はレヴァンドフスキーのものだったが・・。


バイエルン!得点できない・・


はっきりしていることは、グラートバッハに7ポイント差を付けられた今、前半戦優勝の可能性が無くなった事だ。


ミュラー:“ポイントを取る事に集中しないとね。順位に関してはそれほど重要じゃないよ。”


フリック監督は良いスタートを切ったが、その後で2連敗だ。すでに解任されたコヴァチと同じく2敗を喫している。

フリック:“結果がついてこないね。本来であればチャンスを冷静に決めるのがバイエルンの選手のクオリティーだ。でも今はそれがうまく行かない。ゴール前でもっと決心して動かなければいけないね。それが欠けているよ。”


ミュラーは、“2連敗したことで雰囲気は良くないね。水曜日の試合に勝って、ブンデスリーガで残り9ポイントを獲得しないといけないよ。そうじゃないとちょっと良くないね・・”と語っている。





以上です。

冬休みまであと3試合ありますが、この3試合は上位クラブにとっては重要ですね。グラートバッハはさすがに後半戦もこの勢いが続くとは思えませんが、1ポイント差で2位にいるライプツィヒはこのまま行きそうな気もしますね・・。

[ 2019/12/08 19:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
バイエルンはフンメルス出すからこうなる。
センターバック足りなくなったときのことは考えてなかったのかな?まあドルトムントからすればいいきみなんだけど、勝ちすぎてタガが緩んでるのは間違いないわな。
次はハピマルいないしボアティンも警告溜まってるな。コーフェルト監督がジャイキリに萌え萌えになりそう笑
[ 2019/12/08 19:50 ] [ 編集 ]
ボルシアMGとバイエルン、シャルケとレバークーゼン、フライブルクとヴォルフスブルクは接戦でしたね
7位まではポイント的にまだまだ優勝狙えるますね、いやしかし本当に全体の最終順位が予想できないです(笑)
バイエルンには悪いですがおかげでブンデスリーガが凄く面白くなってます。
[ 2019/12/08 21:09 ] [ 編集 ]
あんだけ点決めても叩かれるとかレヴァンドフスキかわいそすぎる
[ 2019/12/08 22:01 ] [ 編集 ]
RB優勝あるで
[ 2019/12/09 04:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。