ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョ!「ロイスとピスチェクが助けてくれた!」不調から脱出の理由を説明!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


サンチョ!これらの選手が僕を助けてくれた!

sancho34.jpg


ドルトムントはフォルトゥーナ・デュッセルドルフと対戦したが、ようやくその結び目がほどけている。ドルトムントは5ゴールをあげて勝利したのだ。そしてその試合で活躍したのが、これまで心配の種とされていた二人の選手だ。マルコ・ロイスとジェイドン・サンチョだ。

スポンサーリンク


サンチョはここ最近大きな批判にさらされていたが、不調から脱出した理由について説明している。彼は、“マルコとルーカシュが不調から脱するように助けてくれたんだ。またうまくいくようになって嬉しいよ。”と語っている。彼は63分と74分にドッペルパックを達成しているが、“もんちろんチームが良い反応を示すことができてうれしいよ。これからもこれを続けなければならないね。ここ最近はあまり良くなかったけれど、そこから戻ってくることが大事だよ。”と彼は語っている。



またその試合ではロイスも2ゴールを挙げている。彼の先制点はヴィッツェル、ブラント、ピスチェクとの素晴らしいコンビネーションから生まれている。


この30歳が試合後に満足した様子なのも当然だ。“チームが勝って、それに得点とアシストで貢献できることはいつも良いことだね。大事なのはベルリンに続いて勝利できたことだよ。プレー面でも良かった。僕はここ最近調子が良くなかった事は良く分かっている。これからもハードワークして自分を信じ続けなければならないね。”とロイスは語っている。






以上です。

とりあえずバイエルンよりも上に来ましたから、まだ優勝争いできる可能性はありますね。残り3試合でできるだけ多くのポイントを獲得してほしいです。


[ 2019/12/09 17:57 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
343にしてからサイドが厚くなったからよい攻撃が出来つつあるよね。前はサイドの高い位置でしょっちゅう渋滞起こしていたけど、ウインクバック使うようになってからは前の選手がドリブルでキープしてる間に後ろが前を追い越して行けるようになった。相手は飛び出しにも注意を払わなければいけないから、その分、守りにくくなっている。単独でドリブルというのではなくてドリブルで繋ごうとしている。いい傾向だと思うよね。
とはいえ、これからはカウンターが上手なクラブと当たる。マインツは復調して鋭いカウンターやれるようになったし、レッドブルはもう前のシーズンはコレばかりだった。かなり注意してやる必要があるとも思うけどね。
[ 2019/12/09 18:14 ] [ 編集 ]
サンチョが不調だった?
だったら他の選手はどうなるんだよって感じなんだが
[ 2019/12/09 19:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。