ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シティ、グアルディオラ監督の契約解除条項が明らかに!ペップはどうなるだろうか?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

グアルディオラの契約解除条項が明らかに!
ペップ、どうなるだろうか?


pep8.jpg


ペップ・グアルディオラ監督はマンチェスター・シティで4年目のシーズンを過ごしているが、これまでで最も難しいシーズンだ。彼らは首位のリヴァプールから14ポイントも差を付けられている。すでに優勝争いは決まってしまったかのようだ。このスペイン人は疲れているように見える、とイングランドのメディアも報じている。


スポンサーリンク


グアルディオラは今シーズンで辞めるだろうか?


イングランドの“タイムズ”や“デイリー・メール”が報じたところによると、ペップは今シーズン末に契約を解除できるとのことだ。彼は2018年に契約延長した際に、この条項を定めたとされている。


それによると、ある条件が整えば契約の解除は可能とのことだが、その内容が何かは明かされていない。“デイリー・メール”によると、グアルディオラの後継はマウリツィオ・ポチェッティーノ監督が濃厚とのことだ。最近トッテナムを解任された彼はシティから高い評価を受けている。


ではペップはどうなるだろうか?


最近ではグアルディオラも代理人も契約を全うするつもりであると強調していた。これはバイエルンに復帰するつもりはあるかという質問に対する答えだ。ミュンヘンではニコ・コヴァチの後でハンスィ・フリックが監督に就任しているが、彼がシーズン末まで監督を務める可能性が高い。バイエルンの幹部たちは監督の候補をピックアップしているところだ。すでいポチェッティーノの可能性はなくなり、トーマス・トゥヘルも難しいとされている。現在候補に挙がっているのはアヤックスのテン・ハーグ監督だけとなっている。


また最近グアルディオラは再びバルセロナと接触している。バルサの会長はイタリアの“レプブリカ”において、“去ろうと決めたのはペップ自身だ。彼に対するバルサの扉は常に開かれているよ。”とコメントしている。


シティは現在苦労しているが、監督を解任するつもりはないようである。クラブ幹部はグアルディオラが契約を全うすると見ている。





以上です。

明らかになったのは契約解除条項が設置されているという事だけのようですね。まあ内容までばれたらさすがにまずいですよね・・・。しかしそれが表に出てきたという事は来年の夏に彼を本気で獲得に動くクラブは出てきそうですね。



[ 2019/12/14 09:02 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
ドルトムントが行けば面白くなる。
ペップドルトムントなら面白いサッカーになるのは確実。
クラブにはそろそろアンビシャスを持って動いてもらいたいな。
[ 2019/12/14 11:54 ] [ 編集 ]
 おかしな気の迷いを起こしてJリーグで働こうとか思ったりしないかしら?
[ 2019/12/14 13:17 ] [ 編集 ]
ドルトムントは、家族で住むとなると、ワールドクラスの選手や監督にとっては物足りない街だというのが最終的には来る気になれない案外大きな理由になっているのかも。
[ 2019/12/15 19:52 ] [ 編集 ]
ドルトムントは無理でしょう。
彼を満足する選手は取らないから。
[ 2019/12/16 16:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。