ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハノーファー原口!「ソーセージは好きではないけれど、ビールは好き!」独紙インタビュー!《ドイツの反応》

【ビルト】

ハノーファーの日本人、原口元気!
“ソーセージは好きじゃないけど、ビールは好き”


genki-haraguchi.jpg


彼はアウエ戦でチームを救っている。原口は最後の最後に3:2となるゴールを決めたのだ。彼はビルトのインタビューでドイツでの生活や、監督、ソーセージなどについて語っている。


ビルト:こんにちは。いきなり点取り屋になりましたがどう感じていますか?

原口:ちょっとほっとしてますね。ゴールはそんなに美しいものではなかったですが。でも一年半がやっと報われましたね。

スポンサーリンク


ビルト:監督はあなたに対して何をしたんですか。

原口:新たな監督が発表された時僕は日本代表にいたんです。それからハノーファーに帰って来てからケナン・コツァク監督のオフィスに呼ばれ、6番、8番、10番として見ていると言われたんです。僕は彼にサイドでプレーする方が好きだっていったんですが、彼は自分の主張を押し通しました。そして彼が正しかったですね。監督は僕と良く話をしますし、それは良いですよ。


ビルト:彼のマンハイム方言は理解できますか?

原口:僕と話すときは標準語ですね。僕が理解できなくても彼はあきらめないでもう一度説明してくれます。僕に多くの時間を割いてくれますし、それは良いですね。


ビルト:アウエ戦での決勝点は、ハノーファーに来てから最も良かったものですか?


原口:そうですね。でも大事なのはこれに続くことですね。そして僕も自分の力を発揮しなければなりません。


ビルト:あなたは難しい時期を過ごしましたが、代表では調子が良くハノーファーでは悪い。これはどう説明しますか?


原口:僕がハノーファーに来てから、ほとんど勝ったことがありません。これは難しい事でしたし、降格もかなり答えました。でも今は良い方向に向かっていますし、監督交代も良い影響がありました。これからだと思いたいですね。


ビルト:あなたはアウエ戦の後でドイツ語で発言していますね。尊敬しますよ。ドイツ語の知識はどのぐらいですか?


原口:理解するのは大丈夫ですよ。それにフィールド上で理解するのも問題ないです。でもインタビューとか文章が複雑になると難しいですね。ドイツ語と日本語はまったく違う言語ですからね。でもまあ大丈夫ですよ。妻は英語しか話せないので、僕が通訳しなければならないんです。


ビルト:ハノーファーでの生活はどうですか?私生活はどうですか?


原口:郊外に住んでいますが、妻とエナとラピスという2匹の犬と快適に暮らしていますよ。僕は小さな町が好きですね。交通量が多いのはあまり好きじゃないんです。ベルリンやデュッセルドルフでは良く渋滞に合いましたが、東京は本当に最悪ですよ。僕には大きすぎますね。ハノーファーとその周りはすごく心地よいと感じますね。


ビルト:ドイツの食事はどうですか?多くの日本人はソーセージとシュニッツェルが好きですが・・



原口:僕はまったく違いますね。ソーセージが好きじゃないんです。食事にいくとすればイタリア料理ですね。でも一番は家で食事する事ですね。日本食が好きですし、妻は料理が得意なんです。


ビルト:ではビールは?


原口:勝った後はグラス一杯のビールを飲みます。ドイツのビールは日本のビールよりもおいしいですよ。






以上です。

最近好調の原口選手のインタビューが掲載されました。ハノーファーは13位まで浮上しましたので、とにかく今シーズンは残留できると良いですね。ドイツのビールはおいしいですが、何と言っても安いです。500㎜lで100円以下で買えますからね。そこが一番の違いでしょう。たまにキリンビールも飲みますが、日本のビールもおいしいと思いますよ。



[ 2019/12/14 19:38 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(3)
ソーセージ好きじゃない人なんているんだな
驚いた
[ 2019/12/14 20:18 ] [ 編集 ]
最後気を使ったね
[ 2019/12/14 20:28 ] [ 編集 ]
 ソーセージは脂質が多いのでストイックな選手は食べないかもね。
[ 2019/12/15 11:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。