ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

UEFA!ユーロ予選で敬礼パフォーマンスをしたトルコ代表に罰金を科す!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

UEFA:敬礼パフォーマンスのトルコ代表に軽い罰!

turke.jpg

トルコ代表は、ユーロ予選で敬礼パフォーマンスをしていたが、どうやら出場停止処分にはならなかったようだ。すでにキッカーが報じているが。選手たちは警告を受け、さらに協会は罰金が科される事となったようだ。


トルコ代表はユーロ予選で軍式の敬礼パフォーマンスをしていた。UEFAはこれに対して13人の選手を警告処分とし、さらにトルコサッカー協会は50万ユーロの罰金を科している。出場停止とならなかった理由の一つは、仮に出場停止となるとユーロ本選となってしまうからとのことだ。

スポンサーリンク


試合では政治的な行動は禁止されているにもかからわらず、10月のユーロ予選でのアルバニア戦、フランス戦でトルコ代表の選手たちは。ゴール後に敬礼パフォーマンスをしているこれによって選手たちはトルコ軍のシリア侵攻を支持しているとされていた。そしてこの行動は国際的に激しく批判されている。


またキッカーによるとブンデスリーガでプレーしているカーン・アイハンは警告を受けなかったようだ。このブンデスリーガの選手はフランス戦ではゴール後のパフォーマンスに加わらなかったのだ。


トルコサッカー協会がこの罰に異議を唱えるかはまだ明らかになっていない。






以上です。

UEFAがどのような処分を科すのか注目を集めていましたが、割と軽めの罰となったようですね。いずれにせよ政治とスポーツの線引きはしっかりしてほしいですね。罰が軽すぎても抑止力が無くなってしまいますし・・難しい所ではありますね。


[ 2019/12/16 19:28 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
 シリアに関してはトルコ側の事情も色々とありますから、難しいところ。スタジアムの中ではやめてほしいな。
[ 2019/12/17 12:39 ] [ 編集 ]
最近は政治ってより民族、イデオロギーや宗教な気がするけど
ウクライナ騒乱時にネオナチ放って民主主義で選ばれた親ロシア政権を暴力よって打倒した西欧諸国への罰は無しだしな
[ 2019/12/20 00:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。