ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グアルディオラ監督の助監督がアーセナル監督に就任か?アンチェロッティはエヴァートン就任間近!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ペップの助監督がアーセナル監督に就任か?
アンチェロッティも就任間近!


arteta.jpg

アーセナルはどうやらウナイ・エメリの光景を見つけたようだ。イングランドの目dにあによると、月曜日にクラブ幹部とミケル・アルテタが話し合いを持ったようだ。このスペイン人は2011年から2016年までガナーズでプレーしチームのキャプテンだった。彼は2016年からマンチェスター・シティでペップ・グアルディオラの助監督を務めている。

スポンサーリンク


アルテタのシティーでの契約は2021年までとなっているが、シティーはこの話し合いの事を知らされておらず、この件に腹を立てているとされている。しかしそれでもシティーはアルテタが監督に就任するチャンスがあるのであれば、それを妨げるつもりはないとされている。


アルテタがアーセナルの監督になるには、危険はお降りだろう。この37歳はまだ監督としての経験がないからだ。それでもこの37歳はガナーズのファンからは好かれており、クラブを体現する存在とされている。


また最近ナポリを解任されたアンチェロッティはエヴァートンの監督の有力候補とされている。スカイ・ニュースに報じたところによると、アンチェロッティは交渉のためにすでにクラブにいるとされている。それどころかスカイはすでにクラブとアンチェロッティが合意に至ったと報じている。


アンチェロッティ―にとってはプレミアリーグは初めてではない。彼は2009年から2011年までチェルシーを率いており、2010年にFAカップとリーグ優勝のダブルを達成している。当時はミヒャエル・バラックも在籍していた。




以上です。


確かにアルテタはキャプテンも務めていましたが、監督未経験で起用するのはリスクはありますね。少し時間をかけてチームを再建する計画でしょうかね・・。監督を解任しても、代わりを見つけるのは難しいですね。
[ 2019/12/17 10:02 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。