ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル対ドルトムント!まだ3つの事柄で決着がついていない!《ドイツの反応》

【ビルト】

まだこの3つは決着がついていない!

tuchel21.jpg


サッカーではいつか再び出会う事となるが、それによって決着をつけることが可能だ。

ドルトムントはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でトーマス・トゥヘルと対戦するのだ。


スポンサーリンク


トゥヘルは2017年にポカールで優勝した後で、PSGの監督に就任したが、彼はドルトムント時代にバス襲撃事件を経験し、さらに幹部のヴァツケ、ツォルクと関係を悪化させている。


それ以来、これについてはあまり多くの事が語られることがなかったが、ツォルクは昨日、“我々はトーマス・トゥヘルと戦うのではなくてパリと戦うのだ。だけれど、彼を友好的に迎えるつもりだよ。”と語っていた。


しかし内部ではまだ3つの事柄で決着がついていない。



▶ヴァツケとトゥヘル

ヴァツケとトゥヘルの関係が悪化したのはバス襲撃事件からだ。ドルトムントはバス襲撃事件の一日後にモナコと対戦する事になったが、トゥヘルはこの判断を“人間的ではない”と語っている。彼はこの決断をショートメッセージで受け取ったとされている。ヴァツケとプレジデントのラウバルはこの件に大きく反論している。

▶フンメルスとトゥヘル

トゥヘルとフンメルスは最初から合わなかったとされている。2016年のポカール決勝ではフンメルスは78分に下げられたが、試合後トゥヘルは、“マッツはもっとできるはずだ。”と語っていた。


▶トゥヘルとツォルク

ツォルクの右腕であった、スヴェン・ミスリンタートとトゥヘルは仲が悪いが、その結果、ミスリンタートはトレーニング場に出入り禁止となっている。しかしそれでもミスリンタートはプロ部門の部長に昇格している。トゥヘルはこれを快く思っていない。




以上です。

まあ内部で何があったのかは分かりませんが、首になったトゥヘルはPSGの監督になり、ステータスを挙げることに成功しましたね。一方、ドルトムントはその後監督を3人も雇うはめになっています。

ヴァツケはクロップの前も監督を変えまくっていましたから、彼にも問題がありそうな気はしますね・・。

[ 2019/12/17 16:57 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
癖の強い選手達がいるパリをトゥヘルがまとめてるのを見るとねー
[ 2019/12/17 17:52 ] [ 編集 ]
フンメルスとトゥヘルはお互いともがドルトムントを離れてから飯食ってますし恨みとかはなさそうですね
監督と選手でもう一回やりたいかどうかは別として
[ 2019/12/17 19:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。