ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ!ヘルタ移籍を決めるのはモデルの妻か?《ドイツの反応》

【ビルト】

ゲッツェ、ヘルタに移籍?

決めるのは妻か?


hrauk.jpg

ヘルタはユルゲン・クリンスマンを獲得し大きな話題となったが、次なるセンセーションが起こるかもしれない。



すでにスポーツビルトが報じているが、ベルリンはマリオ・ゲッツェの獲得を望んでいる。それによると、まだ接触はしていないようであるが、この移籍は双方にとって意味があるかもしれない。


スポンサーリンク


▶ゲッツェ:バイエルンで失敗した後にドルトムントに戻り、ゲッツェは再び重要な選手となるはずだった。2014年ワールドカップの決勝点を決めた彼が、すべての批評家に対して自分の力を証明するはずだったのだ。しかし国際的なクラブはどこも彼に興味を持っていない。

▶ヘルタ:ぱっとしないヘルタにとってゲッツェは輝きを与えてくれる存在だ。それに加えてゲッツェはこの夏フリーとなる。


はっきりしていることは、ゲッツェはヘルタで減給を受け入れなければならない事だ。しかしヘルタは投資家のラース・ヴィンドホルストが加わった事で、移籍市場で1億ユーロまでお金を使えるとされている。ゲッツェに対する支払いは問題ない。


最終的にはゲッツェの妻であるアン・カトリン・ブレンメルの決断がカギとなるだろうか?


ゲッツェは今から2年前にリヴァプール移籍を断っている。スポーツ面以外に、妻がリヴァプールを気に入らなかったためだとされている。しかしベルリンはモデルにとっては理想的な場所だ。



ヘルタ、ゲッツェ、ブレンメル。ベルリンはみんなにとって良い移籍となるかもしれない。





以上です。

本当に2年前にリヴァプールからオファーがあったとしたら、それを断ったのは今となっては残念に思っているかもしれないですね。でも数年前はドルトムントもリヴァプールもヨーロッパリーグで、まあ似たような状況でしたからね・・・。むしろあの時はドルトムントの方が有利だとみられていたんですが、逆転負けしましたね・・。

[ 2019/12/19 19:22 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
ゲッツェの態度やプレーなら、仮にリヴァプールからのオファーが有って移籍したとしてもカリウスになってた可能性が高いけどね
しかし配偶者に振り回されるサッカー選手って割りと多いのか
[ 2019/12/19 19:30 ] [ 編集 ]
クラブにはヘルタ行きは阻止してもらいたいし、本人も真実の愛があるならやめとけだよ。
ヘルタ行って大の苦手のルケバキオあたりと組まれたら今のディフェンス陣ではなす術がない。5バックしても簡単に真ん中から失点してるので高速ドリブラー2人では太刀打ちできない。いくらでもスペース作られてしまう。
お金持ちがバックについたようだし、ライバルになりそうなところにわざわざ主力になりそうな選手をくれてやる必要はないよ。もうこういう話しはバイエルンで終わりにしてもらいたいですよ。
[ 2019/12/19 19:57 ] [ 編集 ]
シュテーガーに干された頃ですかね?
ゲッツエ本人がクロップに相談するとかゲッツェから話を持ちかけたんじゃ?
それにクロップ本人がドルトムントから選手を獲得しないとはっきり言ってたし眉唾ものですね
[ 2019/12/19 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。