ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ザルツブルク!南野のリヴァプール移籍が正式に決定!背番号は18!《ドイツの反応》

【キッカー】

南野!リヴァプールに850万ユーロで移籍が決定!

minamino33.jpg

南野拓実がザルツブルクからリヴァプールに移籍する。ユルゲン・クロップはこのお買い得な選手の獲得を非常に喜んでいる。


セカンドレグでは将来のクラブを相手にゴールをすることはなかったが、それも必要なかったようだ。イングランドのメディアによると、リヴァプールが南野拓実に目を付けたのはチャンピオンズリーグで活躍するより前からだったようだ。さらに南野にはグラートバッハやミランも興味を持っていたとされている。

スポンサーリンク


この複数のポジションをこなすことができる彼は、契約解除条項によりたった850万ユーロでリヴァプールに移籍することなった。彼はリヴァプールでは18番をつけるとされている。


彼は長期的な契約をしているが、南野の“リヴァプールでプレーするのは夢でした。”というコメントがクラブ声明で引用されている。“このようなチームでプレーできるとは夢にも思いませんでいた。本当に楽しみです。”と彼は語っている。


ユルゲン・クロップは南野を獲得したことで、攻撃のオプションが増える事となったが、さらにこの24歳の爆発性は彼のシステムに合うだろう。彼のデビューは早ければ1月2日のシェーフィールド戦になるかもしれない。それかその3日後のFAカップでのエヴァートン戦も十分に可能性があるだろう。


南野は今シーズン22試合で9ゴール11アシストを記録している。この日本代表22試合の出場記録を持つ彼は2015年にセレッソ大阪からザルツブルクに移籍したが、そこで199試合に出場し64ゴール44アシストを記録している。




以上です。

南野選手の移籍が本当に決まりましたね。チャンピオンズリーグ優勝クラブ、そしてクロップの下に移籍するなんて本当にすごいですね。これまでもクロップの事は追っていましたが、また新たな楽しみが増えました!



[ 2019/12/19 17:33 ] 南野 | TB(-) | CM(7)
足元は元からある。
課題はフィジカルだったんだけどこの前のリバプール戦では当たり負けしなくなっていた。競り合いに強くなった。あとは慣れだけ。
レギュラー獲れるぞ。
ガンバレ!
[ 2019/12/19 17:42 ] [ 編集 ]
DAZNで見れるから嬉しい
[ 2019/12/19 17:52 ] [ 編集 ]
うおおおおおおおおおおおおおおぉおおおおおぉっぉおぉおおぉおおぉおぉおぉおぉぉ!!
やったあああぁぁああぁぁっぁぁぁあああぁぁぁぁっぁぁあああぁぁああぁぁぁぁああ!!
[ 2019/12/19 18:17 ] [ 編集 ]
クロップが作るチームはゲームを観ていて楽しい。
そこで南野がどう機能するのか見てみたい。
リバプールの試合を観る理由が1つ増えてしまいました。
ザルツブルクには小さくない痛手かもしれないけど非常に楽しみな移籍。
今からワクワクが止まりませんね。
飛ばしかと思ってたけど本当におめでとうと言いたい。
[ 2019/12/19 19:12 ] [ 編集 ]
移籍しただけでチームの中心で全てを成し遂げたように騒ぎ立てる輩が多いからウンザリ
これからどういった活躍が出来るのかってのには興味があるけど、やっぱりクロップのサッカーへの理解とフィジカル、特にボディコンタクトの面で苦労するんじゃないの
リヴァプールを見る場合、日本人選手よりクロップには注目してるからその関係で南野を見ることは多くなりそうだわな
[ 2019/12/19 19:37 ] [ 編集 ]
今のリヴァプールに移籍出来るのはこれ以上ないのではというぐらい凄い事
良い背番号も貰えた事だし期待されてる何としてもピッチで結果を出して欲しい
[ 2019/12/20 06:31 ] [ 編集 ]
違約金が安いという話だけど、リバプールが世界一のチームになってるタイミングでの南野の移籍で、さらに過去のマネ、ケイタの移籍にも焦点が当たり、選手たちにとっては「ビッグクラブへの近道」、ビッグクラブにとっては「好選手の供給源」となり、ザルツブルクにとって今回の違約金では計れない大きな利益になるだろう。
[ 2019/12/20 08:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。