ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!前半戦最終節ホッフェンハイムに1:2で敗れる!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!またしてもリードを守り切れず!

これでは優勝はだめだ!


これで優勝は終わったか・・

favre6660.jpg


ドルトムントは1:0とリードしたがまたしてもそのチャンスをものにできなかった。最終的にホッフェンハイムに1:2で敗れている。


スポンサーリンク


ルシアン・ファヴレはZDFに対して、“完全に試合をコントロールしていたが、チャンスをものにできない。2:0とするのは本当に簡単だったのに。本当に馬鹿だ。チャンスはあったのに。クロスをあげないでシュートを打つんだからね。本当に馬鹿げているよ。難しいプレーを選びすぎて、ボールを奪われすぎている。”


ドルトムントはマルコ・ロイスを欠いていたため、サンチョとゲッツェがスタメンに名を連ねた。



そしていきなり得点に成功する。17分の事だ。アザールがハキミの走る方向にパスを出す。ハキミがペナルティー・エリア内にいるゲッツェにパスを送ると、ゲッツェが得点したのだ。ホッフェンハイムのルーディがクリアしたが、それはラインを割ってからだった。


よりによってゲッツェだ!



これは彼の今シーズン3点目だが、彼の契約は今シーズン末までとなっている。最近ではスポーツビルトが、彼がヘルタの獲得候補リストに挙がっていると報じていたが。はっきりしていることは、ゲッツェの残留の可能性は低いという事だ。なぜなら給料の30%を減らさなければならないからだ。



マネージャーのツォルクはゲッツェとの交渉を認めている。“今週彼の父親と話をしたよ。”と彼は語ったが、それに加えて、ゲッツェはファヴレのお気に入りとはされていない。ゲッツェはライプツィヒとの決戦で出番がなかったのだ。


ゲッツェ!フラストレーションを跳ね返す。


ハーフタイムにマッツ・フンメルスは控室に残らなければならなかった。手を怪我したためだ。これによってチームを率いる選手が欠けてしまったのだ。そして前ではブラントがフリーで放ったシュートを外している。

そしてこれが罰せられることとなった。


▶79分:右からのクラスだ。ロカディアはビュルキんい敗れるもジョーカーのアダムヤンが弾かれたボールを決めて1:1としたのだ。

そして87分の事だ。ホッフェンハイムが2:1とする。ドルトムントがリードを守り切れなかったのはこれで5回目だ。


これではドルトムントは優勝できない!


ユリアン・ブラント:“この敗戦は本当に痛いよ。特に多くのチャンスを得た後ではね。”と語っている。

解説者のオリバー・カーンは、“ドイツで優勝したいなら、まったく別なパフォーマンスを見せないとね。ドルトムントは優勝を信じていないように思えるね。”と語った。





以上です。

これでまた首位から離されてしまいますね・・。今シーズンは最後まで勝ったり負けたりしながらずるずるファヴレで行くんでしょうかね・・・。


[ 2019/12/21 18:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
70分くらいまでは1点しか取れなかったけど内容はかなりよかった。相手を自分とこのエリアでボール持たさなかったし、逆にホッフェンハイムのエリアにはガンガン侵入できていた。
なので勝てるなと思って歯磨きに行って戻ってきたらひっくり返されていて唖然。あとでダイジェスト見返したけど、ゴール前で5対1なのに簡単に抜かれてんだよね。今日は引き分けでもよかったんだし、明日からは休みなんだからプロフェッショナルファールしてPKくれてやって時間稼いでもよかったんでね?
ツメが甘かったな。
[ 2019/12/21 18:38 ] [ 編集 ]
今はRB応援してる。そろそろバイエルンの連覇に終止符打って欲しい
[ 2019/12/21 20:03 ] [ 編集 ]
ロイス、デラネイ、アフロ居ないのに、ベンチのラシュル、モリーってなんでやねん
最低でもダフード置いとけよ
これでバイエルンに突き放されて、シャルケに捲くられる可能性が出てきた訳で

それとドルトムントサポーターはシュメにブーイング続けたり、ちょいちょいそれやる位なら他にやる事あんだろうって行動してるな
負け犬が「これからも、お前をコケにし続けてやる」とキャンキャン鳴いてるのは失笑の極みだわ
まずはオマエとこのクラブの50+1ルール保持を何とかしろ、監督とフロントを何とかしとけ、更に拾ってやったのにタダで逃げようとしてるゲッツェを何とかしとけって3回突っ込みいれたい
[ 2019/12/21 22:08 ] [ 編集 ]
ホフェンハイムもこれで6位に上がってきました、新しい技術をトレーニングやデータ分析に取り入れてますしスロイデル監督はナーゲルスマンのアシスタントコーチやってた人でコーチ経験もかなり長くこの人も優秀な監督だと思います、今季はバイエルンに続いてドルトムントも倒しました、ナーゲルスマンは去りましたが、またこれから躍進しそうなクラブの一つですね、ドルトムントはベストメンバーが揃わず試合中にも怪我人出たこともあり負けてしまいましたがやはり力はありますし優勝狙える位置です。
とはいボルシアMGはヘルタと引き分けましたし中下位にも侮れないチームが多数あり後半戦も順位変動がかなりあるかもしれません。
[ 2019/12/22 09:01 ] [ 編集 ]
何というべきか、良くも悪くも ''ファヴレのドルトムント'' を象徴するような試合だった……
[ 2019/12/22 23:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。