ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップ!南野を絶賛!「どこで起用すればよいかわからない!」《ドイツの反応》

【ビルト】

“彼をどこで起用すれば良いのかわからないよ!”

クロップ!新加入の南野を絶賛!


minamino33.jpg


なんて素晴らしいプレゼントだろう。


ザルツブルクのロケット、南野拓実が一月からリヴァプールに加入するが、ユルゲン・クロップを一層悩ませている。


スポンサーリンク


この日本人はチャンピオンズリーグで印象深い活躍をし、850万ユーロでリヴァプールに移籍している。

クロップ:“彼は理想的だよ。本当にどこで起用するべきかわからないよね。”


彼は多くのポジションでプレーできる。そのためこれはクロップにとっては難しい。南野は素早く、非常にフレキシブルだ。彼はマネ、サラー、フィルミーニョのポジション全てでプレーすることが可能なのだ。それどころかオックスレイド・チェンバレンの位置でもプレーできるかもしれない。


これでクロップは頭を悩ませることになる。彼はどうして南野がリヴァプールに完璧にフィットするのか彼を絶賛しながら語っている。“彼にはサッカーの能力、狭いスペースにおける決断力、スピード、そしてボールを奪おうとする意志があるからだ。”


さらにクロップは、“長期的に見れば彼が我々の助けとなる事には疑いがないね。彼と仕事をすることを楽しみにしているよ;。”と語った。


1月5日のエヴァートン戦でクロップがこの日本人をどこで起用するのかみることになるだろう・・。






以上です。

リヴァプールは2位のレスターにも勝利してすでに13ポイント差を付けましたね。シティとは14ポイント差。

後半は疲労もたまってきますから、南野選手が前線3人の代わりで出ることも十分にありそうですね。楽しみです。

[ 2019/12/27 19:49 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
今朝の試合のサラーはかなり精彩を欠いていましたし十分南野選手にもチャンスがあると思います。
前線の誰かしらの調子が落ちればどこでも出られるということですからね。
しっかりチャンスをモノにしてほしいです。
[ 2019/12/27 19:56 ] [ 編集 ]
前の3神だけの話じゃないよ。昨日の試合もそうだけど、リヴァプールはベンチの選手までピッチに出せば全員活躍するもん・・南野見たいし、出して欲しいけど、誰を外してドコに南野入れる必要があるんだかも、正直俺にはわからんw  
[ 2019/12/27 20:00 ] [ 編集 ]
わかるまで温存で
[ 2019/12/27 21:22 ] [ 編集 ]
このクロップの南野取った一番の目的は、厳しいスケジュールの穴埋めだと思う。戦力を落とさずにどう選手を休ませ緩和するかだ。
使えると成れば毎回ローテで違うポジはいったりしてね。
[ 2019/12/27 23:35 ] [ 編集 ]
個で打開するタイプじゃなくて、周りとシンクロして能力発揮するタイプの選手でも、クロップは上手く使ってくれるような期待をしてます。それこそ香川をドルトムント内ではワールドクラスの選手として使えていた監督なんで。
日本人選手を使う感覚は、他のビッグクラブの監督よりは確実に秀でていると思います。
私自身もクロップが好きなので、その分の期待値も上乗せしちゃってる感じではあるのですがね。
[ 2019/12/27 23:51 ] [ 編集 ]
>長期的に見れば
直ぐにフィットしないって意味かな。まあ戦術理解がどのくらいかによるか
向うの選手はフィジカル特化が多いから南野はフィットさえすれば活躍するだろう
主張するタイプに見えないし、コミュ力にかかってる?、
[ 2019/12/28 09:50 ] [ 編集 ]
岡崎慎司にさらにテクニックを加えたような選手。
かつ両者ともフィジカルが強く、スピードに長け、ピッチを走り回ってボールを刈り取れるハードワークができる。
まさに「現在のユルゲン・クロップ好み」の選手であり、現代サッカーに必要なものを備えた選手。
サッカーがアスリート化する中で、賢くて技術もありながら、何よりも「1対1から逃げずに戦える選手」がようやく日本から出てきてくれた。
今のリバプールからオファーが来るなんてのはとんでもなく凄いこと。
[ 2019/12/30 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。