ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!ドイツ紙が選ぶここ10年のBVBベストイレブンに!!《ドイツの反応》

【フスバールニュース】

ここ10年のドルトムント・ベストイレブンに値するのは誰か?


goetze-kagawa-HA-Wirtschaft-Stuttgart.jpg


ドルトムントは2010年から2019年までで2度リーガで優勝し、さらにポカールでも2度優勝している。この10年間は1990年代と並んで、ドルトムントにとって最も成功した10年だった。ではそれに大きく貢献したのは誰だろうか?


キーパー:ヴァイデンフェラー


ヴァイデンフェラーは2011年と2012年のレギュラーであり、さらに2013年のチャンピオンズリーグ決勝でもプレーしている。2015年からは、チームのリーダーから後方へと回り、控え、そしてクラブの役割に回っている。

スポンサーリンク


右サイドバック:ピスチェク


ボルシア・ドルトムントで最も多くプレーした外国人選手になるのには、わずかに及ばなさそうだ(デデに並ぶにはあと53試合)。それでも右サイドバックでこれだけ長い間高いレベルを維持した選手はシュテファン・ロイター以来いない。

センターバック:ズボティチ、フンメルス

フンメルスとズボティチは1988年の12月に生まれているが、この二人は最も成功した時期にドルトムントの守備を築いた。フンメルスはBVBの歴代ベストイレブンにも名を連ねるだろうが、ズボティチは負傷後に衰えをいせている。しかしドルトムントのセンターバックは揺らいでおり、ズボティチに代わる候補はいなかった。


左サイドバック:シュメルツァー

彼はベストの時期でも良く笑いものされ、過小評価されていた。でも彼はドルトムントでは常に大きく評価されている。彼は10年に渡って、左サイドバックを掌握しており、彼がレギュラーではなくなってからは、左サイドはずっと安定していない。


守備的中盤:ズヴェン・ベンダー、ギュンドアン

セントラルミッドフィルダーほど候補が多かったポジションはない。ベンダーとギュンドアン以外にはケ―ルやヌリ・シャヒンも候補に挙がるだろうし、さらにユリアン・ヴァイグルや、アクセル・ヴィッツェルもその候補になるかもしれない。戦士であるベンダー、そしてプレーメーカーのギュンドアンは理想的なコンビであり、現在マンチェスター・シティでプレーするギュンドアンが5年もドルトムントにいたことは忘れられがちだ。


攻撃的中盤:ロイス、香川、ゲッツェ

攻撃的中盤も候補が多かった。デンベレーやサンチョが少ししかBVBでプレーしていないのに対して、ブラシコフスキーやグロースクロイツは候補に挙がっただろう。最終的にはロイスは外せない。さらに彼はキャプテンも務めており、ここ10年のベストプレーやの候補としても有力だ。それに並ぶのが香川とゲッツェだ。この二人はドルトムントで最高の時期においても、トップ下を固定させることがなかった。二人ともクラブで100スコアポイント以上を記録している。特に香川は非常に素晴らしい数字を残しているが、多くの人はそれに気づいていない。


センターフォワード:ロベルト・レヴァンドフスキー

すでにトップ下のポジションで二人を選んでしまったので、このポジションで二人を選ぶことはできない。それに加えてドルトムントはここ10年間は、ほとんどワントップでプレーしている。残る質問はただ一つだ。オバメヤンかレヴァンドフスキー?オバメヤンの方がゴール数と得点率では上回っているが、レヴァンドフスキーの方がタイトルを多く獲得しており、さらに重要な試合での得点も多い。忘れられないのはチャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリッド戦での4得点と2012年ポカール決勝バイエルン戦でのハットトリックだ。この試合は多くのファンにとってユルゲン・クロップ時代の最高の試合とされている。だからその当時のメンバーが多く選出されたのは決して不思議ではない。




以上です。


ドルトムント全盛期のこのメンバーは本当に楽しかったですね。結局みんなクロップの選手になりました。

このベストイレブンでプレーする所を見れなかったのは今でも残念ですが、まあそれはしょうがないですね・・。

[ 2019/12/28 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
優勝してた頃が懐かしい。
先制点取ったらあとはエンタメやってたな。相手のクラブをバラバラにするようなサッカーやってたよ。
本当の意味で強いチームだった。
今では逆にバラバラにされてるけど、もう一度何とかなりませんかね?
[ 2019/12/28 09:00 ] [ 編集 ]
やはりタイトル取ったか否かは大きいですね。ゲッツェよりもデンベレやサンチョの方がずっと貢献していると思いますけど、ゲッツェはW杯決勝ゴールの印象も下駄履かせてる?
シュメルツァーは本当に過小評価だと思いますね。彼ほどの正確なクロスはゲレイロ以外は出来なかったし、守備はゲレイロよりも良かった。能力的にはハキミだろうけど、やはりタイトルだよね~
香川は日本では過小評価だと思う。私含めて優勝時が東日本大震災有ったりして海外サッカーどころで無かった。その後もずっと計画停電とかも有ったし、本当に自分の目の前が大変で香川の活躍生で見られなかったしな…
[ 2019/12/28 09:52 ] [ 編集 ]
納得の人選ですね。
香川のユナイテッド移籍があと1年遅かったら
このメンバーでブンデス3連覇とCL優勝が見れたかもしれない!
と今でも思ってます( *´艸`)
[ 2019/12/28 10:32 ] [ 編集 ]
左グロクロ、右クバ
Echte Liebeだろうが、、、
[ 2019/12/28 15:42 ] [ 編集 ]
グロクロ、クパ入れて欲しいですね。それにしてもこのイレブンワクワクしますね。香川〜シュメ〜のグランダー受けての香川のゴール
好きでしたねー香川の出すパスを信じて懸命に走るシュメがよかったなー
[ 2019/12/28 21:10 ] [ 編集 ]
香川は日本で過小評価、ドイツではゲッツェのスターシステムの犠牲になって可哀想だったな
相応しい評価受けたのはマンUに行く寸前くらいか
[ 2019/12/29 15:00 ] [ 編集 ]
マンU行く原因になったのもゲッツェとの格差が酷いからドルトムントでの栄達諦め、
予定通りステップアップ選択したんだから相応しい評価なんて全くされた事は無いよ

つかケールもロシツキーもアモローゾもロイターもハインリヒも入ってない
[ 2019/12/30 19:25 ] [ 編集 ]
ロシツキーうんぬん言ったが10年か、そうか10年か・・・
[ 2019/12/31 03:37 ] [ 編集 ]
改めてマンチェスターUに移籍したのが失敗でしたね…
印象としてあそこ(23歳)で一気に尻すぼみをしてしまった。
最初に成功して落ちていくのではなく、どんどん期待値が上がっていく人生が良いと思います。
香川にはこのまま2部リーグで終わって欲しくないですね。
まだ30歳ですから頑張ってもらいたい。
[ 2020/01/02 12:14 ] [ 編集 ]
マンUに行ったことは本人が後悔してないんだから良いんじゃないか?
特別ファンじゃなかったけどマンUで別のサッカーがんばってる香川もそれなりに魅力的だったよ。
そしてここまでのキャリアで思うのは、香川は成功を目標にするより挑戦し続けることを目標にしてるんだなということ。
もしもサラゴサが昇格しても次のクラブを昇格させるべく2部内での移籍さえ選ぶかもしれないしね(?)
まぁ一部の一般人がどう思おうと一緒に働いたクルピやクロップやファーガソンやトゥヘルやスコールズ他マンU含めて沢山の選手達が香川を認めてるんだから充分に成功してるじゃん。
世間受けばっか気にするより自身の達成感を求め続ける人生も悪くないし価値観や人生観なんていろいろさ。
[ 2020/01/02 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。