ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ザルツブルクの至宝ハーラントを獲得!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!ハーラントを獲得!

ドルトムントが支払うお金は?


haaland45.jpg

ドルトムントがストライカーの至宝を獲得することになる。



ドルトムントがエーリング・ハーラントが獲得争いに勝ち、このザルツブルクのノルウェー人を獲得した。2000万ユーロの契約解除金のおかげで。


スポンサーリンク


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは誇らしげに、“多くのトップクラブのオファーにも関わらず、エーリングはドルトムントでのスポーツ面の課題と我々が彼に提示した今後の展望を選んだ。我々も頑固にこれに挑んだが、それが報われた。”と語っている。


昨日ハーラントはライプツィヒを断っていたが、ハーラントの父アルフ・インゲと代理人のライオラ、そして二人の友人と共に彼はドルトムントにやって来ている。その少し後には、もう交渉はまとまっていた。


以下が契約内容だ。


▶ドルトムントでの契約は2024年までとなっている。

▶年俸は800万ユーロだ。契約期間すべてを合わせると3600万ユーロにもなる。それに加えて2000万ユーロの移籍金と、ライオラへの報酬が300万ユーロ支払われる。合計で5900万ユーロだ。

▶ハーラントは五つの願いを書いている。ドイツ語を学ぶこと。より多くのゴールを決める事。黄色の壁を楽しむ事。ダービーで勝つこと。そしてファンに人気な黒いユニフォームを手に入れることだ。



ではいったいどうしてドルトムントは獲得争いに勝利できたのだろうか?


ライプツィヒ以外にもユーベやマンチェスター・ユナイテッド、さらにチェルシーが獲得争いに参加していた。


ドルトムントはそれらのクラブよりもお金はないし、優勝のチャンスも少ない。


しかしドルトムントでは若い選手がトップスターへと成長している。さらにライプツィヒとは違って、ドルトムントではレギュラーとなれる可能性が高い。


ルシアン・ファヴレのチームにハーラントは勢いをもたらすことになるだろう。アルカセルはここ数か月不調だし、マリオ・ゲッツェはワントップでは突破力がない。


ドルトムントはハーラントとともに奇跡の優勝を果たせるだろうか?






以上です。

ドルトムントのハーラント獲得が決まりましたね。これは嬉しいニュースです。なんとか彼を使いこなしてほしいですね。

[ 2019/12/30 05:48 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(12)
もうウンザリだ言ってた癖に、証拠にも無くライオラ物件に飛びつくとはね
800万ユーロじゃなく年25億のサラリーってのは出てるけどどうなんだろうなー
サラリーが莫大の方だったら軟化しつつあったサンチョが一気に態度を硬化させるだろうし、他の選手もサラリーアップを一斉に要求し始めるな
その場合は禁則ワード連発したいくらいだし、転売するまで巨額のサラリーが飛んでいくが、活躍しなかったらいったい幾らで売るつもりだよ
800万の方でもプレミア、セリエ、スペイン、ブンデスでの経験が無い若手選手にこんなにサラリー払うのかって感じ
パコも不調ってより使わないだけだし、出番が更に減るから見切り始めるんじゃないの
[ 2019/12/30 06:13 ] [ 編集 ]
これを見越してCFのポジションを手薄にしていたのだとしたらドルトムント有能だな
[ 2019/12/30 08:05 ] [ 編集 ]
安くて良い選手獲得できましたね。また数年後は高値で売れそう(笑)
まぁ念願のフォワード!期待してます。
[ 2019/12/30 08:27 ] [ 編集 ]
素質はレバ級だけどファブレがどうかだな。
イサクを育てきれなかったし若手も伸び悩んでいる。C Lで結果出してるからすぐに使わんといかんだろうし、どうするか見ものだな。
[ 2019/12/30 08:33 ] [ 編集 ]
マジで来たw
これは楽しみ
ただ343からまたシステム変わるのかどうか
前線は優秀な選手多いから、また競争が激しくなりましたね
[ 2019/12/30 10:51 ] [ 編集 ]
年俸は15億円以上だそうですが、これはトップでしょうか?
活躍したら数年後はリバプールで南野と組んでるかもしれませんね。
[ 2019/12/30 12:22 ] [ 編集 ]
元シティの選手の父親が目を光らせてるんだからユナイテッドに移籍するわけないって思ってたらやっぱりユナイテッド断られましたねw

というか、ユナイテッドの選手にハーランドの父親が脚を再起不能にぶっ壊されて選手引退したんですから、なおさらユナイテッドに行く分けないw
しかも、世界一荒いプレミアなんて、目の前で壊されてる父親を見たハーランドですからね・・・。

先に言っておきますが、ハーランドは今後のサッカー人生で、ユナイテッドに移籍することは100%ないですよ。
シティファンのハーランドが、子供心に目の前でユナイテッドの選手に父親を壊されて引退させられて失意の底に沈んだ父親をみてきたわけですから。
しかも、ユナイテッドの選手は後年、自分の書籍でハーランドの父親へのファールは意図的だったと自白しましたからね。

親孝行のハーランドは父親とともにドルトムントに行ってサインをしたことが何よりも心がほんわかしますし、今後も頑張って欲しいと応援したくなりますね。
プレミアに行くことがあっても100%ユナイテッドではないですし、もしあってもシティでしょうねぇ。
[ 2019/12/30 15:14 ] [ 編集 ]
やりましたねドルトムント!来年が楽しみです。
[ 2019/12/30 17:15 ] [ 編集 ]
別の記事の誤訳された年俸に釣られてる人いるね
普通に考えて分かると思うけど
まあこれからの活躍が楽しみだ
[ 2019/12/30 18:53 ] [ 編集 ]
バイアウト条項が契約条件に入っていますよ。ですから、満期までいれば、ドルトムントにもうけはないですよ。大活躍して、満期の2年ぐらい前に売りたいところですね。マンユーはこのバイアウト条項を拒否したのに対し、ドルトムントは受け入れたということです。
[ 2019/12/30 20:04 ] [ 編集 ]
獲得は朗報ですが問題は合うかですね
ファブレのドルトムントはRB系ほどハイプレス、ゲーゲンプレス、トランジションに重きを置いてないと思うので、ライプツィヒもナーゲルスマンがポゼッションを加えてより柔軟に対応できるようになりましたが、根底にあるのはやはりラングニックの集団でボールを奪い、素早くゴールを目指すサッカーです。
ハーランドはポテンシャルが高いのでファブレのスタイルにもおそらく合わせられるとは思いますが
[ 2019/12/30 20:53 ] [ 編集 ]
バイアウトはイギリスメディアが勝手に言ってるだけでしょ
[ 2020/01/01 07:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。