ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ポドルスキー!日本最後の試合でタイトル獲得!天皇杯で優勝!《ドイツの反応》

【ビルト】

ポルディ!日本最後の試合!ポカール優勝!


ルーカス・ポドルスキー最後の試合でタイトル獲得だ!


彼はヴィッセル・神戸の最後となる試合でポカールを獲得した。トルステン・フィンクが率いるこのチームは水曜日に行われた決勝戦で鹿島アントラーズに2:0で勝利したのだ。18分に犬飼のオウンゴールで先制すると、38分に藤本が2:0としている。


スポンサーリンク


これでポドルスキーはそのキャリアにおいて4度目となるポカール獲得となった。彼は2008年にバイエルンで、それから2014年にアーセナル、2016年にはガラタサライでポカールを獲得している。


さらにこの試合では素晴らしい場面も見られた。90分にポルディはビシャと交代したが、神戸のファンはこれを大きく称えたのだ。


ポルディ―はツイッターで、“チャンピオンだ!僕たちは25年を経て神戸の歴史に名を刻んだ。ファン達の信じられないサポートに感謝したい。神戸で素晴らしいパーティーをしてほしい!”と語っている。


ポルディ―の神戸での契約は1月31日までとなっている。しかしこれで引退する事にはならない。なぜなら“ケルナー・シュタット・アンツァイガース”によると、シュヴァインシュタイガーの元クラブであるシカゴ・ファイアー、それからポルディ―の故郷のゴルニクが獲得に興味を持っているようだ。


さらにメキシコのモンテレイやフラメンゴ・リオ・デジャネイロも彼の獲得に興味を持っているとされている。





以上です。

神戸もずいぶん選手の投資してきましたが、初タイトルですね。ポドルスキーとの延長はたぶんないでしょうから、良い終わりになりましたね。ちなみにドイツでポカールはカップ戦の事です。ドイツ国内に限らずカップ戦はすべてポカールと呼ばれています。


[ 2020/01/02 06:06 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
前半しか見れなかったですが、イニエスタの頼もしさ、戦う姿勢に感銘を受けました。
彼は上手いのに決してテクニックをひけらかしたり、綺麗なだけのプレーなんかしていない。
守備では狩るし、ドリブルで運んで、2人相手くらいなら突っ込んでいって剥がしていく強さがあるし、どっしりしたキープ力があるし、遠目からシュートもバンバン打つ。
無理をして負荷をかけなきゃならないことを理解して戦ってますね。
あの年齢でも対人から逃げないエネルギッシュさがあるから戦えるんでしょう。
改めて「巧さだけでサッカーはやれない」と確信。
素晴らしい選手ってこういう選手なんだとイニエスタを見て思いました。
[ 2020/01/02 12:00 ] [ 編集 ]
酒井高徳が頑張ってた。山口蛍もだけど。
でもそれ以上に藤本ってFWともう一人の名前忘れちゃったけど、その二人がポドルスキーとイニエスタの分まで走ってチームを助けてた。
悪いけどビジャを早めに投入してたら勝てなかったと思う。
ビッグネームトリオは技術とここ一番の勝負強さはあっても、どうしてもスタミナが落ちちゃってるからね。

鹿島は鈴木ユウマと安部裕葵が移籍しちゃったのが痛かったわけだけど、この二人以外の残ってる連中もだいぶ年齢が上がっちゃったのかな?後半頑張って攻勢に出たけど20分程度しか続けられなかった。
だけどなかなか面白い試合だった。
外国人枠完全撤廃はどうなんだろ?って思うけど、枠を増やすのは大賛成。Jリーグがもっと面白くなると思う。

とにもかくにもポドルスキーは神戸だけじゃなくてJリーグに確かな足跡を残してくれたと思う。
[ 2020/01/02 15:24 ] [ 編集 ]
この試合を生放送で見てました。
いつも翻訳記事にはお世話になっております。
管理人さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

アディショナルタイムにポドルスキ選手の交代でビジャ選手、いやはやこのようなビッグネームの交代をJリーグで見ることになるとは、10年前は想像もしなかったことです。

ヴィッセルは常に落ち着いて見事に支配をしてましたし、鹿島も最後まで諦めることなく面白い試合でした。

>>2020/01/02 15:24の方
あけましておめでとうございます。

もう一人の方は古橋選手ですね、本当に献身的でした。
ファールで止められることも多くやり辛そうな試合のように見えましたが、隙あらば狙いにいく貪欲さが常にあって、個人的にはまた代表で見たい選手の一人です。
そのうち海外からオファーもきそうですね。
[ 2020/01/02 18:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。