ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

代理人ライオラ!「もうそこには選手は送らない!」とマンチェスター・ユナイテッドを批判!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

もう誰もそこには送らない!!

ライオラ!マンチェスター・ユナイテッドを批判!


raiolla.jpg

新たな年が明けたが、騒動の気配が・・。


スター代理人のミーノ・ライオラはイタリアの新聞“ラ・レプブリカ”においてイングランドのマンチェスター・ユナイテッドを批判している。

スポンサーリンク


ライオラ:“もう今となっては誰も選手を贈らないだろうね。彼らはマラドーナやペレ、マルディーニのような選手でさえ破壊してしまうだろう・・。”


これは少し変に聞こえる。なぜなら最近までエーリング・ハーランドの移籍をめぐって交渉中だったからだ。最終的にこのノルウェー人はドルトムントに決めている。


ライオラの批判の理由はポール・ポグバだ。このワールドカップチャンピオンズはユナイテッドに不満を持っており、イタリアに戻る事を考えている。さらにレアル・マドリッドも彼の獲得に興味を持っているとされている。


ライオラ:“ポールにはかつてのユベントスのようなクラブとチームが必要だ。マンチェスターはまったく現実的ではないし、スポーツ面においても計画性が全くない。”


ポグバは2021年まで契約しているが、足のケガから回復したばかりとなっている。そのため冬の移籍の可能性は低いとされている。



以上です。

ミキタリアンもユナイテッドではうまく行きませんでしたし、まあポクバは早い所移籍させたいでしょうね・・。ライオラはクラブから見たら面倒そうですが、選手からしたら頼もしいという面はあるかもしれないですね。まあなんだかんだ言っても互いの利益が一致すれば、選手をユナイテッドに送る事はあるでしょうね。

[ 2020/01/03 06:07 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
 ライオラが関わってからUTDの没落が加速したんですけどね。もっとも、騙されたUTDのウッドワードが悪いんですけど。
[ 2020/01/03 10:43 ] [ 編集 ]
ポグバはもとより、香川、ディ・マリア、ファルカオ、サンチェス、デパイ、ザハ、ミキタリアン、ルカクなど・・・ユナイテッド移籍前と移籍後の輝きの差・・・。
監督はコロコロ変わるも変わってないのは、チームの不調を全て選手のせいにして監督を擁護しようとするクラブ上層部やOBたちの醸し出す重苦しい空気。
[ 2020/01/03 12:24 ] [ 編集 ]
ライオラと関わると没落が始まる。クロップはバロッテリで経験があるから決してライオラ案件には関わらないしグアルディオラもしかり。ドルトムントもいい加減学んだ方がいい。それにしてもドルトムントは選手の出入りが激しすぎる。こんなことで優勝チームが作れるのでしょうか。
[ 2020/01/03 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。