ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBシュメルツァー!移籍が許可されず、BVBに「不満!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

元キャプテン!単なる控え!

移籍は許可されず!

シュメルツァー“ものすごくがっかりしている”

Erhaelt-eine-Pause-Marcel-Schmelzer-1567092.jpg


ドルトムントは最近ユリアン・ヴァイグルをベンフィカに移籍させたばかりだ。クラブは、“クラブに貢献したことを考慮して移籍志願を受け入れた”(ツォルク)としているが、シュメルツァーに関してはそうではなかったようだ。

スポンサーリンク


“僕はすでに外国のクラブと話がついていた。”と元キャプテンはキッカーのインタビューで語っている。それどころかそのクラブはシュメルツァーにトレーナーとしての仕事までオファーしたようだ。選手と兼任してそちらの仕事も学べるような内容だったらしい。“そのオファーはすごく興味深いものだったし、全体でみても完ぺきだった。だけどクラブが僕を移籍させなかった。そして僕に対して、新シーズン僕は必要とされている、とはっきり言ったんだ。すごくがっかりしたけれど、それを受け入れないわけにはいかなかった・・・・。”とシュメルツァーは語っている。


しかし、ルシアン・ファヴレの下で必要とされないのではないかという懸念は本当になった。彼は前半戦たった4分しかプレーしていないのだ。彼はたいていベンチとスタンドを行ったり来たりしている。12月後半には肉離れの負傷で離脱している。


シュメルツァーは後半戦はもう一度チャレンジしたいと考えている。しかしそれと同時に、自分の状況を変える必要がある事も分かっている。シュメルツァーは、“そうでなければ外国に移籍したいね。エキゾチックな事がらに挑戦したいよ。”と語っている。


しかし落胆しているにも関わらず、シュメルツァーはクラブに対して決して悪いことは言わない。昨シーズン最後となったグラートバッハ戦で、ファンたちはシュメルツァーを大いに称えている。シュメルツァーはそれに対して、“僕のキャリアにおいてもっとも素晴らしい瞬間だったね。”と語っている。


そのため彼はブンデスリーガ内での移籍は考えていない。“それは考え難いね。”とシュメルツァーは語る。“他のクラブをドルトムントのように思う事はできないよ。それに加えて別な文化を体験したいんだ。新しい言葉、それから引退後の助けになるような新たな展望も。”




以上です。

オファーはあったけれど、シュメルツァーも移籍が許可されなかったようですね。結局ヴァイグルはベンフィカに行くことになりましたが、この状況が続けばシュメルツァーに対する良いオファーはどんどん減ってしまうでしょうね。

外国移籍を希望しているようですが、日本はどうでしょうかね

[ 2020/01/03 17:39 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(22)
Jリーグはある意味ブンデスリーガなんかよりずっと厳しいリーグだよ
シュメルツァーって本来SBじゃ大分能力低いけど、上手くマッチしてて使えたけだしね
一応ドルトムントのレジェンドだから擁護出来てたけどさ、数年前からから新しいの取れ、ゲレイロを使えって言われて『る』からなーって、今じゃ『た』か
今じゃフロント側に立って派閥形成、トゥヘル関連で求心力が落ち、下手にフロントに近づいて飼い殺しされる事になってるのはシニカル
[ 2020/01/03 18:04 ] [ 編集 ]
シュメレもなあ·····
もうbvbのレベルにないのだから本人の意思を尊重して移籍させてあげて欲しいよ。
彼は1部のサポーターから酷く嫌われてるし。
ダブルの功労者なのにリスペクトがないよ
[ 2020/01/03 19:06 ] [ 編集 ]
シュメルツァーが引き留められたのは
その時まだゲレイロが延長するか移籍するか分からなかったからでしょ
クラブとしては妥当な判断
[ 2020/01/03 19:07 ] [ 編集 ]
使わないなら移籍させなよ。
香川も、ヴァイグルもそのせいでキャリアを壊されましたよ。
[ 2020/01/03 19:46 ] [ 編集 ]
ひでえ
[ 2020/01/03 20:20 ] [ 編集 ]
フロントは引き止めたけどファブレはトラリク出した選手は使わないって事だろうな。香川と同じだ…かわいそう…
[ 2020/01/03 20:48 ] [ 編集 ]
まだファブレ解任されてないのかとっくに限界が見えてると思ったけど
[ 2020/01/04 08:39 ] [ 編集 ]
>フロントは引き止めたけどファブレはトラリク出した選手は使わないって事だろうな。香川と同じだ…かわいそう…


ヴァイグルは普通に試合出てたから関係無いと思うよ
[ 2020/01/04 09:58 ] [ 編集 ]
移籍するには練習すっぽかすとかミーティングに遅刻するとか代理人が椅子を蹴飛ばすとかしないとダメなのか?
川崎フロンターレとの試合で4点目のアシスト時だったか、目の前で見たシュメルツァーからのクロスの美しい軌道を今でもハッキリ覚えてる。移籍を果たして彼に合うチームで納得いくサッカー人生になるといいなぁ。
[ 2020/01/04 12:38 ] [ 編集 ]
左はゲレイロ、シュルツでやっていくみたいですからねえ
[ 2020/01/04 13:42 ] [ 編集 ]
クラブ経営もビジネスだし、しかたいね
どのクラブでもあることだよ
[ 2020/01/04 17:10 ] [ 編集 ]
香川と同じ
キャリアを潰された
契約があるからって何してもいい訳ではない
トラリク出しただけで、競争はおろか練習までさせないなんて単なるブラック企業
当時は批判的に思ったけど、オバやムヒが正確だった
強引に移籍しないと選手の利益やキャリアを守れないクラブに成り下がったな
[ 2020/01/04 18:27 ] [ 編集 ]
>トラリク出しただけで、競争はおろか練習までさせないなんて単なるブラック企業

そんなの聞いたこと無いけど誰のこと言ってるの?
[ 2020/01/05 01:28 ] [ 編集 ]
1:28さん
世界力📺で やってましたよ
[ 2020/01/05 06:32 ] [ 編集 ]
>そんなの聞いたこと無いけど誰のこと言ってるの?

確かに香川は一時的に練習からも追い出されたよね。あの文句言わない香川さえもチーム批判してたしね…
次々と主力が出て行ってしまう中(ミキタリアン、フンメルス、ギュンドアンか纏めて出て行った後、デンベレ、オーバメアンが半年事に)その次の香川に思いっ切り締め付け(見せしめ)有った感じ。ソクラテスは同時トラリクで逃げ切ったけど、二人共は許され無かったのか?
で、日本人批判受けて最後は軟化したけど、香川の価値が思いっ切り下げられた((●`ε´●))
[ 2020/01/05 18:37 ] [ 編集 ]
↑仮に価値を下げられたんなら見返す様なプレーをすればいいだけ
[ 2020/01/06 08:28 ] [ 編集 ]
>仮に価値を下げられたんなら見返す様なプレーをすればいいだけ

だからトラリク出して直ぐだったら夢のスペイン(セビージャ等)からもオファー有ったけど、試合出させて貰えないから結局サラゴサになったんじゃん!!
サラゴサだと香川の良さが活かしきれないんだよなぁ…まぁ頑張れ!
[ 2020/01/06 20:22 ] [ 編集 ]
見返す様なプレーをすればいいだけ?
横からですが、練習も競争もさせてもらえなかったから 価値が下げられたというのは事実ですよ。
「仮に」とつくあたり 何としてでも、認めたくないようですが 残念ながら これは事実です。
[ 2020/01/06 20:24 ] [ 編集 ]
>だからトラリク出して直ぐだったら夢のスペイン(セビージャ等)からもオファー有ったけど

スペイン1部からオファーが有ったという記事を見たことない
本人も言ってない
[ 2020/01/07 19:32 ] [ 編集 ]
>スペイン1部からオファーが有ったという記事を見たことない
本人も言ってない

あなたが世の中の全てのものを見たり知ってたり全てを完全に記憶してたりするわけじゃないってことね
[ 2020/01/09 09:56 ] [ 編集 ]
オファーが有ったと言うならあった事を証明してほしいね
[ 2020/01/09 19:47 ] [ 編集 ]
>だからトラリク出して直ぐだったら夢のスペイン(セビージャ等)からもオファー有ったけど

当時のルーナハにでてましたよ。でも「香川は売り物ではない!」と、フロントが席にも着かせなかったと。
かなり話題になってましたけど…
[ 2020/01/10 08:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。