ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》インモビレ、移籍を考えるもトレーニングには参加か【西ドイツアルゲマイネ】

本日発売の地元紙、西ドイツアルゲマイネから、インモビレに関する最新記事を紹介します。





チーロ・インモビレは移籍を考えているが、BVBのトレーニングには参加


20150616175316aab.jpg

ドルトムント:チーロ・インモビレは、ボルシア・ドルトムントに来てから一年でチームを去る事を考えている。しかしながらこのストライカーはまず新監督トゥヘルと知り合いたいようである。


チーロ・インモビレは、ボルシア・ドルトムントに来てから一年でチームを去る事を考えている。このストライカーはその事をイタリア代表の記者会見で明かした。いずれにせよインモビレは6月29日に開始されるBVBでのトレーニングに参加することを明かした。


イタリアのチームは7月10日からトレーニングを開始する。インモビレはそれまで、トゥヘルがどのようなシステムを計画しているか見極めたいようである。

“僕は、ドルトムントで物事がどのように変化していくか見てみたいんだ。”と説明した。


彼はトゥヘルと知り合うために2,3週間時間をとるようである。新監督もその事に関してはオープンである。


“彼は他の選手と同様に僕の下ではチャンスが有るよ。新しい事に取り組み、それを受けいれる準備ができていればね。”とトゥヘルは雑誌“ツァイト”のインタビューで語っている。



スポンサーリンク


インモビレはBVBと2019年まで契約している。


BVBは一年前にインモビレを1850万ユーロで獲得した。そして2019年6月30日まで契約をしたのだ。ドルトムントは1000万ユーロ以上のオファーがあった場合だけ彼を売却するつもりである。現在のところセリエAのナポリやフィレンツェが興味を示している。


インモビレは、2016年のユーロで代表に選ばれるためにも、来シーズンは定期的にプレーしたいと考えているようだ。


“だから僕は重大な決断を下さなければならないんだ。ユーロでレギュラーで出るために、トリノ時代のようにプレーしなければならないんだ。”とインモビレは説明した。


シーズン13/14には、彼はトリノで32試合に出場して22ゴールを記録している。そして得点王にもなった。BVBでは公式戦34試合に出場してたった10ゴールとなっている。







以上です。


いったい本当はどのクラブがインモビレに興味をもっているのでしょうか?この前はミラノとローマだったような気がしますが、今回はナポリとフィレンツェの名前があがっていますね。


ユーロでプレーしたいという気持ちはすごく理解できます。トゥヘルの下でレギュラーになれるという確信が持てなければ、やはり移籍でしょうね。でもそうなると新しいストライカーの獲得が必要となりますね。8月終わりに獲得しても結局は慣れるまでに時間がかかりますから、できるだけ早い決断をしてもらいたいですね。


【おまけ今日のドイツ】

20150616180101500.jpg


ドイツのあじさい
とても綺麗ですね。日本もそろそろ紫陽花が咲く時期でしょうか?湿度の高い日本ではこんな花が咲いていれば気持ちも爽やかになるでしょうね。

[ 2015/06/16 17:59 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(4)
No title
いよいよ懸案のFWがどうなるのか
たのしみでもある
[ 2015/06/16 18:14 ] [ 編集 ]
No title
無理だろうね
インモウは移籍した方がいいと思う
[ 2015/06/16 18:55 ] [ 編集 ]
No title
1850万ユーロで獲得した選手をたった1年で1000万ユーロで売却するつもりって
ドルトムントは主力をフリーで出したり商売が下手ですね
この記事だけを読めば、トゥヘルがどうしてもインモービレを残したいという感じがしませんね
[ 2015/06/16 23:49 ] [ 編集 ]
No title
すごい戦力になるポテンシャルはあると思うんだけど…難しいもんだね
[ 2015/06/17 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。