Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

クロップ・リヴァプール!2020年白星スタート!一年間負けなし‼《ドイツの反応》

【ビルト】

サラーとマネがシェーフィルト戦でゴール!

クロップ!引き続きタイトルに向けて進む!


mane3.jpg

新年、白星・・・

リヴァプールは2020年の最初の試合を勝利で飾った。シェーフィールド・ユナイテッドに2:0で勝利したのだ。

スポンサーリンク


10月にマンチェスター・ユナイテッドに引き分けて以来、これで11連勝となっている。現在レスターに13ポイントを付けて首位だ。


ファン達は、この試合でスタートダッシュを目にする。開始4分にユルゲン・クロップは喜ぶことができたのだ。ロバートソンが左からクロスをサラーに上げる。このエジプト人が冷静にそれを決めて1:0だ。これでサラーの10ゴール目となっている。


その後は明らかにリヴァプールが良いチームだった。しかしサラーとワイナルドゥムがチャンスを決めきれない。前半が終わった時点でシェーフィールドはまだ引き分けを夢見ることができた。


しかしその希望も64分に打ち砕かれる。サラーからマネへ。最初のシュートはキーパーのヘンダーソンに弾かれるが、マネは2度目のシュートを決めて2:0としている。


このセネガル人は11ゴールを決め、リヴァプールを21戦で20勝目に導いた。


土曜日にリヴァプールはトッテナムと対戦する。そこでは新加入の南野拓実のメンバー入りするとされている。この元ザルツブルク選手に対して、クロップは、“彼は理想的だね。もうどこで起用したらよいかわからないぐらいだ。”と絶賛している。




以上です。

リヴァプールはまた勝ちましたね。南野選手はまだプレーが認められていないとのことで、この試合に出ない事は事前に分かっていましたが、トッテナム戦でのデビューに期待したいですね。

[ 2020/01/03 19:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
リバプールとドルトムントの差は山ほどあるけど、一番の違いは戦える集団かそうでないか。
改めてテクニックとスピード、賢さがありながら、球際から逃げずに戦えるタフさ、強さを併せ持つ南野をクロップが世界一のクラブに引き抜いたのも頷けます。
南野がリバプールのサポーターからコールを受け、クロップから抱きしめられるシーンを想像するだけでたまりませんね。
おそらくリバプールはこれから黄金時代を迎えるでしょうから、世界中にMINAMINOが発信されていくと思うと凄いなと思います。
昔と違って今はSNSの時代なので、リバプールならスーパーサブでも影響力はとてつもないですからね。
[ 2020/01/04 17:15 ] [ 編集 ]
01/04 17:15さんの自論は、のっけからリヴァプールとドルトムントを比較してるけど、何なん?
これは対戦相手がシェーフィールド・ユナイテッドとの試合の話ね。そして、これの後からの記事にはちゃんと上がってるから指摘するまでもないけど、リヴァプールが次に対戦して南野のデビュー戦になるかもしれない相手は記事内にあるトッテナムじゃなくてエヴァートン。

南野ファンなら舞い上がってるのは理解するにしろ(各スレに持ち上げコメント連投してあるから書きたい事が予めあってそうなっちゃうのかもしれないけど)コメント書くなら記事内容ちゃんと読んでからじゃないと翻訳してくれてる管理人さんに対して申し訳なく感じた。
[ 2020/01/04 18:53 ] [ 編集 ]
2020/01/04 17:15
なんか香川をあてこずってる様に感じて不快になったのは私だけ?
今のドルトムントとリバプール比べても意味ないし、2連覇時のドルトムントを戦えない集団だった様に言われるのは違うと思う。
南野は南野のサッカー人生を頑張れば良いし、香川の実績は現時点で日本人最高の物。リスペクトして欲しいね。
これから南野がリバプールのエースになって優勝の立役者になってからが香川と比べる位置になるので有って、また何も成し遂げてない時点で戦えない集団に属していた様に言われるのは不快です。
[ 2020/01/04 23:24 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。