ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「後一年は大丈夫!」フランクフルト長谷部!まもなく契約延長へ!!《ドイツの反応》

【90Min】

長谷部誠!契約延長間近!


hasebe21.jpg

長谷部誠はフランクフルトの3バックの柱だ。この35歳はまもなく契約を1年延長するとみられている。

スポンサーリンク


長谷部誠はアディ・ヒュッター監督の下で、3バックのボスとなっている。35歳という年齢にも関わらず。


彼はブンデスリーガ前半戦で8度もキャプテンマークを腕に巻いてプレーしている。長谷部はこれからもフランクフルトの大黒柱だ。


彼は2014年以来フランクフルトでプレーしている。2018年の12月に一年間契約を延長したが、それから一年経った今、契約延長間近にあるようだ。ビルトが報じたところによると、少なくとも一年は契約を延長するようである。


“まだ一年は大丈夫ですね。フレディ・ボビッチとブルーノ・ヒュプナーともそれについて話しました。まだプレーを続けたいですし、状態も良いと感じています。”と長谷部は語っている。契約延長は後半戦が始まるまでに実現するとみられている。


この大黒柱は今シーズンはより重要なチームのリーダとしてみられているが、来シーズンはより指導者的な立場として控えに回るとみられている。そして2021年に引退だ。長谷部は37歳になる。


長谷部は引退後のキャリアも考えている。長谷部は監督としての指導を受けるつもりだ。“すでにクラブとも話し合いましたが、まだそれは始まっていないです。エネルギーが必要ですからね。僕は一つの事に集中しなければならないんです。”とこの35歳は語る。“すごく攻撃的にプレーするチームを作ってみたいですね。”と彼は語る。

彼が近い将来フランクフルトでそれを実現する可能性は十分にある・・。




以上です。

年末の記事になりますが、長谷部選手は延長間近のようですね。来シーズンはより指導者的な立場で関わるとのことですが、引退後もクラブに残って下部チームの監督、もしくは助監督から始めるような流れも十分にありそうですね。

[ 2020/01/04 19:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(7)
俗にいう幹部候補になったんだな。
ヨーロッパに渡ったプーレーヤーはかなりの数になるはずだけどこういうケースは初めてでないの?
プレー自体の動きは衰えたのかもしれないけど、効率は異常レベルだからな。まだまだ引退は程遠いと思うよ。
そのうち、「選手交代!オレがin!!」とかいったりして笑
[ 2020/01/04 21:23 ] [ 編集 ]
いつか長谷部が代表監督になったら嬉しいですね〜
[ 2020/01/04 22:13 ] [ 編集 ]
えぇ(ノД`)来シーズン以降は現役引退の可能性が高いんですかね…。
まだ4大リーグ1部でリーグ戦もELでもバリバリのレギュラーなのに…。最近の長谷部選手のコメントからも週2回の試合は体がキツくなってきた発言もしていたし、隠すことなく引退の言葉を発するようになってきていたので近々覚悟はしなきゃと思っていたけど…。日本サッカー界を引っ張ってきた選手だから寂しいな。
[ 2020/01/04 22:53 ] [ 編集 ]
欧州で成功した日本人監督はいないので、長谷部には頑張って欲しい。
中田になって欲しかったが、今は長谷部に期待してる。
[ 2020/01/05 13:17 ] [ 編集 ]
長谷部は将来的にもドイツで生活したいと言っていたので、Jリーグに戻ったりせずドイツで監督目指しそうだ。それは将来の日本にとっては朗報だよね。ドイツでの選手としての実績、代表としての経験を持った人間がドイツで監督業勉強してくれたら頼もしい代表監督候補。
ただ来期は以降、あまりプレーしている姿を見られないのは残念…
[ 2020/01/05 17:20 ] [ 編集 ]
将来の話もいいけど、今シーズンのフランクフルトの不振ぶりが気になる。
長谷部が出ても失点が多くて負けが続いてるので、まずは今のチーム状況を改善してほしい。
[ 2020/01/05 21:05 ] [ 編集 ]
引退は勿論寂しいけど、指導者としての彼らの姿もすごく見たいんだよなぁ。

素晴らしい選手は次世代も育ってるけど、素晴らしい日本人指導者は本当に数える程しかいない(ように見える)

俊輔や年末に大怪我をした中村憲剛も本当に指導者で見てみたい。
[ 2020/01/05 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。