ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル久保建英!「ジダン監督は僕を出したくなかった。」来期はソシエダでプレーか?《ドイツの反応》

【フスバールオイローパ】

レアル・マドリッド

久保建英が明かす!

ジュネディーヌ・ジダンは僕を出したくなかった。


kubokunn.jpg

久保建英は現在レアル・マジョルカで実戦経験を積んでいる。しかしジダンの希望通りであれば、彼はまだレアル・マドリッドのユニフォームを着ていたようだ。


スポンサーリンク


1部リーガで15試合に出場、そして3スコアポイント。久保はローンでマジョルカに移籍したが、それはすでに報われている。


この日本人は今シーズンからレアル・マドリッドに移籍したが、そこに残っていたらこれほどプレーする事はなかっただろう。


しかしながらジダンは久保の残留を望んでいたようだ。“ジダンは僕の残留を望んでいました。”と久保はそれを明かす。


さらに久保は、“でも僕は彼にプレー時間を1部リーガで得るためのローンでの移籍が可能かどうか聞いたんです。”と続ける。


今のところその計画はうまく行っている。さらにレアル・マドリッドと久保は新たなシーズンに向けて次のステップを踏む準備中だ。


メディアの報道によると、久保は来シーズンもローン移籍するとされている。しかし今度は降格圏のチームではなく、もっと野心的なクラブとなるようだ。

それによるとレアル・ソシエダに移籍し、マルティン・エーデガルの穴を埋めるとされている。


このノルウェーの選手は2021年までレアルからソシエダにローン移籍しているのだ。


エーデガルは月間最優秀選手に選ばれるなど力強いプレーを見せており、予定よりも早くレアル・マドリッドに戻ってくるとされている。





以上です。

久保選手はぜひとももっと良いチームでプレーしているところが見たいですね。ソシエダでは元ドルトムントのメリーノやイサーク、さらにヤヌザイなどがプレーしていますね。





[ 2020/01/06 17:10 ] 久保 | TB(-) | CM(2)
エーデガルっていう訳し方は新鮮ですね、とても響きが良い。
[ 2020/01/07 17:06 ] [ 編集 ]
ポテンシャルでいえば、間違いなく日本史上最高の選手であり、レアルやバルサに最も近い日本人です。
気がかりがあるとすれば、やはり体の小ささでしょうか。
まだ18才にしてチームのチャンスを最も生み出す久保に対する警戒はかなり強く、2〜3人にすぐ囲まれるほどなので、消えてしまう時間も長いですね。
しかしボールを持てばとにかく孤軍奮闘してチャンスを作るし、ドリブルで仕掛ける際の雰囲気も素晴らしいものがあるので、今や欠かせない選手です。
来季はレアル・ソシエダあたりで見たいですね。
スペイン語もペラペラで賢いので、順調で堅実なステップアップをしてくれると期待しています。
[ 2020/01/12 13:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。