ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 グロースクロイツと香川の関係?②

お待たせしました。今朝の記事の続きになります。前半の記事と合わせてもう一度お読みになっていただけると、全体の意味がより分かりやすい思います。

IMG_4255.jpg





数多くのブンデスリーガのチームが、BVBに対するように、CLにおいて、他のチームがBVBと戦わなければならない時は、とても守備的にプレーする。

得に、本来、伝統的に攻撃的チームであるアーセナルは警戒すべきだ。

昨シーズンBVBは最初の試合で、2:1で勝利したが、次の試合で、クロップのチームは自分のホームでカウンターを食らったのだ。

アーセナルのヴェンゲルコーチは、その時予期せぬことに、守備的な戦術をとったのだ。
そして、ドルトムントはそれに対して、対処することができず、アーロン・ラムジーのゴールで0:1で敗北し、決勝トーナメントに進むにおいて、不安を抱えなければならなかったのだ。

もし今度の火曜日にもアーセナルがこの様な戦術をとるなら、クロップは香川という特別な武器を持つ。

この日本人は、フイールド全体を見渡す能力と戦術眼に長けており、チームメートにスペースを与えることができる。
それによってストライカーのラモスだけでなく、サイドのミキタリアンやグロースクロイツも多くの可能性を持つことになるだろう。


スポンサーリンク


「シンジはとてもテクニックに優れていて、彼は僕をどう使ったらよいかわかっているんだ。」と再びチームで成功を収めたグロースクロイツは語る。

今シーズンの開幕で彼はワールドカップでトレーニングに合流するのが遅れたために、ベンチスタートとなっており、こうした状況は彼を非常にいらいらさせていた。

ブンデスリーガの対レバークーゼン戦後、彼はトレーニングでヨナス・ホーフマンと争いごとになったのだ。

「こうした事はよく起こるし、こういう火事もつき物だよ。」と、この野心あふれる代表選手は、追放された出来事の後で語る。(訳注 ホーフマンとの騒動の後で、トレーニングから去らなければならなかった。)

このような言葉は、彼にはいずれにせよ付きものだ。

このようにしてグロースクロイツはテレビを通して代表の同僚であり、アーセナルの選手である、ルーカス・ポドルスキーにメッセージを送った。

「ヘイ、ポルディ!火曜日の試合では又抜きを決めてやるぜ!」

おそらく本気で言ったわけではないだろうが、グロースクロイツの場合は本心は分からない。


未だにはっきりしない事は、土曜日にグロースクロイツが友人である香川にいったい何を言っていたかという事だ。

「僕はドルトムントに戻ってからは、まだケヴィンとは話していないんです。」とマンチェスターから帰ってきて、このところ、まずまずの英語と少しのドイツ語を話すようになった日本人は語る。

こう語ったときの香川はにやりとしていたが、案外彼が言ったことは本当かもしれない。なぜならグロースクロイツと香川が一緒に居るときは、しゃべるのはほとんどがグロースクロイツだっただろうから。




以上でした。ちなみにこれはドイツ3大新聞のうちの一つ‘ヴェルト’新聞からの紹介です。この新聞も全国展開していますが、割と日常で使われている言葉で書かれていますので、読みやすいです。

このヴェルトと、それから飛ばしで有名なビルト、サッカー雑誌のシュポルト・ビルトは全て同じアクセル・シュプリンガーという会社が運営しています。

予断になりますが、昨日の試合後のインタビューでグロースクロイツが、又抜きができなかったので、ドルトムントでケバブを(ポドルスキーに奢る)、と答えていました。

グロースクロイツがケバブを投げてスキャンダルになった事が、こうした発言の背景になっていますが、もし又抜きが成功していたら、ポドルスキーが彼の出身地であるケルンでケバブを奢ることになっていたそうです。

昨日は香川選手は出場しませんでしたが、グロースクロイツはとても良いプレーをしていましたね。

それから、現在香川選手関連の記事を取上げることが多いですが、これは管理人がドルトムントファンだからという理由ではなく、実際ドイツでの彼に対する報道が多いことを表しています。他の日本人選手のことも取上げたいですが、やはり活躍をしないとなかなか記事にはなりません。

割合で言えば500対1ぐらいで香川選手の記事が圧倒的に多いかな、という印象です。他の選手の活躍、情報もできるだけ取上げるつもりでいますのでご理解よろしくお願いします。





にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




[ 2014/09/17 20:46 ] 香川 | TB(-) | CM(34)
待ってました!更新ありがとうございます!
[ 2014/09/17 21:06 ] [ 編集 ]
グロスクロイツは変わり者だけど憎めないやつなんだよなぁ
500対1に笑った
どんだけドイツは香川好きなんだよ
[ 2014/09/17 21:11 ] [ 編集 ]
面白かったです!

500対1か…
日本人の感覚なら
香川7:岡崎2:内田1くらいなんだけどなw
[ 2014/09/17 21:15 ] [ 編集 ]
No title
500対1wwww
すごいな。

ちょっとごめん、上の人、
「日本人の感覚」じゃなくてあなたの感覚でしょう。
岡崎より内田が好きな人だっているし。
日本人の総意みたいに書かないでよw
[ 2014/09/17 21:24 ] [ 編集 ]
好き嫌いじゃなく報道の量について言ってるんだろ
[ 2014/09/17 21:32 ] [ 編集 ]
香川選手関連の情報、楽しみに読んでます。
更新ありがとうございます。
[ 2014/09/17 21:46 ] [ 編集 ]
No title
続きお疲れさんです
へえ、やっぱり相当に香川人気があるのですね
でも納得
結果だけでは無く香川のプレーってみてて凄くワクワクする
自分自身12年サッカーやってるのもありますので辛口に見ては居るのですが
ドルにいる香川は面白いプレー、効果的なプレーばかりで批判出来る部分があまり見当たらないw
結果だけでは無くチャンスメイクの仕方まで評価してくれるドルサポは最高に熱くていい奴ら!!
[ 2014/09/17 22:08 ] [ 編集 ]
No title
ここのサイトは他の翻訳サイトにない情報があるからいいね
[ 2014/09/17 22:13 ] [ 編集 ]
実際香川がドルに復帰したことでターンオーバーしても戦力ダウンすることなくなるから、CLもブンデスももしかしたらタイトルとれるかもしれないね
ケガ人が帰ってきたらとんでもなく恐ろしくなるねドルは!
[ 2014/09/17 22:25 ] [ 編集 ]
日本では外国人が二冠に貢献してもそこまで騒ぎにはならないよなぁってのを考えるとオーシンジーカガワ-
[ 2014/09/17 22:31 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん いつも記事翻訳ありがとうございます。
最近は毎日ここにくるのが楽しみです。
記事の多さから本当に香川はブンデスのスターなんですね^^
[ 2014/09/17 22:37 ] [ 編集 ]
やっぱりきてたか。。
恐らく管理人だけに当てた非公開のメッセージとかメール等に「特定の選手だけピックアップするのはやめてくれ」って内容の物があったんだろう。 ブログに何を書こうが管理人の自由だし、嘘書いてる訳じゃないのに失礼な輩だな。

そんで実際の報道と注目度を元に記事にしてますのでご理解下さいって現実を突きつけられて、ぐぬぬってか? 少しは不躾な自分を恥じて欲しいもんだ。
[ 2014/09/17 22:48 ] [ 編集 ]
はじめまして。
ありがとうございます!いつも楽しく読ませていただいてます!
日本でも、香川選手は他の選手に比べてたくさん報道されてる気がしてたのですが、ドイツでは圧倒的ですね(^^;
そういった現地ならではの情報を教えてもらえるので、読んでいてとても楽しいです!これからもよろしくお願いしますm(__)m
[ 2014/09/17 22:50 ] [ 編集 ]
No title
ネタにまじレス、火消しにペテン
いつかどこかで見た流れ(※欄)

[ 2014/09/17 23:06 ] [ 編集 ]
No title
生のドイツメディアの記事というのはなかなか訳されてないので
すごく面白かったです。有難うございます!
[ 2014/09/17 23:10 ] [ 編集 ]
No title
>やはり活躍をしないとなかなか記事にはなりません。

岡崎・・・w
[ 2014/09/17 23:11 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん、翻訳お疲れ様です。
アンテナサイトにも乗ってますから
多様な意見も来るかとは思いますが
管理人さんが、楽しんでブログ更新してって下さいね
今後も、管理人さん視点での翻訳楽しみにしてまっせ♪
[ 2014/09/17 23:36 ] [ 編集 ]
No title
岡崎はそれでいいんだよ
香川並のスターオーラを発揮したり知名度が高かったり色々な記事だされたら今みたいなゴールラッシュはまず無理だから。嫌味とかじゃなくて岡崎にマンマークつける監督はまずいない。代表でもリーグでもまず敵から軽んじられるのも悪いことじゃない
[ 2014/09/17 23:36 ] [ 編集 ]
No title
貴重な記事翻訳ありがとうございます。

ポドルスキと香川が仲良さそうに笑いながら話してる画像があったのですが
おかげさまで何気に理解できたかもです^^
あの2人の視線の先にはグロクロさんがきっといるんだなぁ・・と♪
[ 2014/09/17 23:43 ] [ 編集 ]
所属チームの差もあると思う
ドルというかクロップって人がドイツで絶大な人気があるし、ドイツ人から見てもクロップと香川は親子みたいに見えるらしいからね
見てる側が、特別な物語性を香川には感じるんじゃね?
[ 2014/09/17 23:44 ] [ 編集 ]
次節のマインツ戦がますます楽しみです。Wシンジ(漫才師か?)の活躍で岡崎も取り上げてもらえますように。
[ 2014/09/18 00:25 ] [ 編集 ]
No title
オフザボールのスペースメイクの動きを評価されるのは本当にうれしいな。
ユナイテッドでもファギーは評価してくれてたんだけどな。
[ 2014/09/18 00:36 ] [ 編集 ]
No title
おもしろいなー
[ 2014/09/18 01:00 ] [ 編集 ]
No title
毎日ご苦労様です。
管理人様のおかげで他では読めない記事を知ることが出来てうれしいです。
[ 2014/09/18 01:23 ] [ 編集 ]
No title
2点目のグロクロのアシストはすごかったですね。

香川を使わずに勝ったわけですが、今年はこの戦術で行くことが決まっていたわけで、クロップとしては自信があったんでしょうね。
そう考えるとロイス抜きで勝ったことが重要ですよね、おそらくムヒタリアンとロイスのどちらかがいれば大丈夫という計算がクロップの中にはあったのかもしれません。

どちらにしてもこれなら2冠も狙えそうですね、バイエルンにひけはとらない戦術の幅と層の厚さがあると思います。
[ 2014/09/18 02:26 ] [ 編集 ]
No title
翻訳ありがとうございます。
ドイツで読まれてる記事を翻訳者の都合のよい解釈でなく、そのままの雰囲気や独特の言い回しで読めるのでそちらの生の空気を感じることもでき、大変興味深く読ませていただいてます。
ドルトムント、いつの間にこんなに層が厚くなったの・・・という感じで昨日のCLをみてました。
10-11/11-12シ-ズンではただでさえハードなドルトムントサッカーなのに怪我人やターンオーバーなしでの疲労でとてもCL、リーグ、カップ戦を並行していくのは無理でしたが、今シーズンは素晴らしい戦力が揃い、組み合わせ次第でスタイルの違うサッカーがみれるようで益々楽しみになっています。残るは守備の底上げですかね。
気が早いですが3冠を取ったらどうなるのだろうと想像するだけ鳥肌が立ってしまいます。
そんなニュースを近いうちに届けてもらえると信じて、これからの現地での盛り上がり具合も期待しながら読ませ続けてもらいますね。
[ 2014/09/18 04:01 ] [ 編集 ]
No title
不意に顔を触るのはやめとけw
誰でも怒りよる
[ 2014/09/18 05:00 ] [ 編集 ]
いつも見てます
ここは平和でいいナァ
他だと素直に日本人を応援できない輩がいますからね
[ 2014/09/18 05:36 ] [ 編集 ]
No title
500対1は凄いですね。岡崎や内田や大迫なんかも応援してますが、やっぱり香川はドルでの成功はもちろんプレーが観てて楽しいですからね。そういう感覚で現地のドイツ人も香川人気になるのでしょうね。
[ 2014/09/18 07:23 ] [ 編集 ]
No title
岡ちゃん、、、
今節2点も取ったし、去年も今年も得点ランキング結構上なのに
(´・ω・`)
[ 2014/09/18 08:58 ] [ 編集 ]
No title
無敗記録更新してた辺りから扱いが一気に増えたよな、香川は。ゲッツェが怪我で話題にならなかったのもあるんだろうけども。
[ 2014/09/18 14:20 ] [ 編集 ]
No title
他の方がコメントされている、現地では「特別な物語性を香川に感じているのでは」という考えは何だかしっくりきました。確かにドラマチックな要素の多い選手ですよね。
それにしてもドルトムントの小ネタにはケバブが良く出てきますねwギュンドアンがバス置いてけぼりにされた事件とか。
[ 2014/09/18 19:49 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん、お疲れざまでした。
いつも楽しく読ませていただいております。
ありがとうございます。
[ 2014/09/18 20:07 ] [ 編集 ]
No title
数日前からお邪魔して拝見しています。現地の様子をそのまま感じる事ができる良心的な翻訳で、とても楽しみにしています。ありがとうございます。

グロスクロイツ選手と香川選手、タイプは違えど少年のようなサッカーに対する情熱とひたむきさを感じます。

クロップ監督のもとで2人が活躍してドルトムントを押上げ、現代サッカーここにありと謳い上げて欲しいです!

何か大きなものを変えてしまう予感を、期待を、2人に感じています。頑張ってほしい!遠い日本から応援ます。
[ 2014/09/19 01:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。