ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新加入ハーラント!膝を故障!さらに契約解除条項が話題に!《ドイツの反応》

【ビルト】

契約解除条項とひざの故障!
ハーラント!話題を巻き起こす!

 
Haaland33.jpg

天からやってきたストライカーがスタートで躓く事となった。


土曜日からチームメートたちはマルベラでトレーニングに励んでいるが、エーリング・ハーラントはまだその準備が出来ていない。このノルウェー人は大きな話題を巻き起こしている。




スポンサーリンク



膝の問題と契約解除条項だ。

▶このストライカーは膝の故障のためトレーニングに参加できていない。後半戦開始となる1月18日のアウグスブルク戦に欠場する可能性もある。


▶契約に関する新たな情報が明らかとなっている。



イングランドの“ザ・アスレチック”が報じ、さらにビルトが掴んダ情報によると、彼の契約には解除条項が定められているとのことだ。彼は6000万ユーロである時点以降クラブから去る事が出来るとされている。


これが意味するところは、このストライカーを得るために、BVBは自らの移籍政策を捻じ曲げたことになる。契約解除条項はここ6年間全くなかった。これは2度と起こるべきではないとされていたのだ。


その背景:かつてのトップタレントであった、ヌリ・シャヒンやマリオ・ゲッツェが契約解除条項のために移籍した後で、ヴァツケは2013年に、“将来ドルトムントでは契約解除条項は定められない。”と語っていた。


しかしハーラントはその転換期となるようだ。解除条項がなければ、チェルシーとユナイテッドを相手に獲得争いに勝つことはできなかっただろう。




以上です。


契約解除条項は大きな議論を呼びそうですね。しかし若手を獲得するためには、こうした条項がないと厳しいのも事実でしょうね。以前と比べて解除金はだいぶ高くなっていますし、解除の時期を残り2年になってから、とか定めておけば、それほど大きな問題はなさそうに思いますね。


しかしこれが事実なら、クラブは転売ビジネスを改めて公言したようなものですね・・。

[ 2020/01/06 19:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
隔世の感がありますね
CL2位とか国内2連覇してた頃のドルだったら
若手選手たちからみて契約条件を多少度外視しても入りたいクラブだったでしょうに
[ 2020/01/07 07:15 ] [ 編集 ]
結局、解約解除条項が無くても主力の流出は止められなかった、ただモメただけ…
なら、クラブのイメージ保つ為にも解約解除条項復活した方が良いのかも。
[ 2020/01/07 08:33 ] [ 編集 ]
ホランドの場合、若手とはいえ結果出しちゃったからインセンティブ付けないと獲れなかっんだろ?
本来ならアンダー世代の掘り出しもんを獲ってブレイクさせるのが資金効率的にはいいわな。最近そういうのは見かけなくなったけど、、、
[ 2020/01/07 10:24 ] [ 編集 ]
代理人がライオラだから、より大きな額の移籍金が動くだろうと予想してた
6000万で収まったのが意外
[ 2020/01/08 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。