ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!契約延長か引退か?チームは戦術を4バックに変更か?特集《ドイツの反応》

【ヘッセンシャウ】

長谷部!良い感覚を模索中!

hasebe 111


アイントラハトはフロリダで合宿をしているが、徐々に後半戦に向けての戦術が明らかになっている。長谷部誠にとっては大きな影響がありそうだ。スポーツ面でも将来に関しても。


日曜日の午前のトレーニング後、長谷部誠はファンにサインをしたり、ジャーナリストの質問に答えたりしていたが、その後は待ちに待ったオフだ。“もう36歳ですし、体が回復を必要としていますから。”と彼はにやりと笑って姿を消した。まずは理学療法士の下へ、その後はホテルだ。

スポンサーリンク


この日本人と他の選手たちは、フロリダの合宿に参加しているが、それももう半分は終わった。そして日曜の午前中に行われた5回目となるトレーニングはこれまでで最も重要なものだったかもしれない。アディ・ヒュッター監督は1時間ばかり試合の組み立てに時間を割いた。ディフェンダーからの外へのパス。中盤で良く練習していたポジションチェンジ、そしてペナルティ・エリア内での創造的なシュート。ヒュッターは走るコースなどが、ちょっとでもうまく行かないと攻撃を止めて、やり直しさせている。そして彼は“より鋭いパス”を要求している。



長谷部にとってこの練習の良い所は、組み立てにおいて彼が最初のパスの出し手となっていることだ。これは重要な役割だ。しかしヒュッターは中盤によりプレッシャーをかけるために4バックを試している。そして二人のセンターバックのうちの一人が長谷部だ。しかしこのポジションは彼の定位置ではない。


この35歳は守備においてはオールラウンダーだ。しかし普段ならば3バックのリベロ、もしくは中盤の6番でプレーしている。仮にヒュッターが後半戦4バックで挑むのであれば、長谷部はそのシステムの犠牲者になる可能性がある。フランクフルトは1:2で敗れたパダーボーン戦では1年以上ぶりに4バックを試したが、長谷部はセンターバックでプレーしている。


しかしマルティン・ヒンターエッガー、そしてキャプテンのダヴィッド・アブラハムと二人のセンターバックに加えて守備的ミッドフィルダーとしてはゲルソン・フェルナンデス、ドミニク・コール、そしてセバスティアン・ローデと、このポジションは人員が豊富だ。そうなると一つの疑問が頭をよぎる。長谷部誠はどこでプレーする事になるのだろうか?


“ポジション争いはいつでもあります。もしかしたらセンターバックと6番のポジションで競争しなければならないかもしれないですね。“と彼は語る。センターバックと6番のどちらが良いかという考えは彼にはないようだ。


“それを決断するのは監督ですし、僕はどちらのポジションもできるように準備するだけです。どのポジションでも良いですが、チームを助けなければなりません。”と彼は語る。そしてこの文章だけでも、これまで約20年プレーしてきた彼が、いかにチームを考えているかが分る。


契約延長か?引退か?


この元日本代表選手は、アメリカでの合宿を非常に重視している。“前半戦は戦術の練習をすることはほとんどできませんでした。ほぼ3日おきにプレーしてましたからね。これから3バックでいくのか、4バックでいくのかはまだ分かりません。でもいくつか選択肢があるのは良いと思います。”と彼は語る。


長谷部は1月18日に36歳になるが、将来に関してはすでにSDのフレディ・ボビッチと何度か話をしているようだ。しかし契約延長は決して必須ではないようだ。


“もし調子が良ければまだプレーしたいですね。でもそう感じなければもしかしたらやめる事もありますね。まだ決めていないですよ。”と長谷部は語るが、はっきりしているのは、長谷部が自分に非常に厳しいという事だ。


“前半戦の自分のパフォーマンスには満足していませんね。まずは自分のパフォーマンスを披露しないといけません。そうなったら契約延長もあるかもしれません。”そうなったら長谷部は37歳になりブンデスリーガ最年長選手になる。


彼が半日オフを喜んでいるのも理解できる。





以上です。

フランクフルトはリーガで勝てなくなってきているので、3バックから4バックに変えるなど、何かする必要はありますね。そうなると長谷部選手にも少なからず影響があるでしょう。どうなるか気になりますね。




[ 2020/01/07 09:14 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(1)
フランクフルトは組み立てを急ぎすぎている。
試合の入りからいきなり重心を前にかけて一列づつパス上げてるけど、これがうまくいってない。まあ前シーズンの強力3トップがいなくなったからみんなで点を狙ってんだろうけど、リードするまでは、フツーに自陣でカウンター狙ってたほうがうまくいくんでないの?現にこれやったバイエルン戦やガナ戦は大勝ちしたよ。
長谷部のポジションはぶっちゃけどこでもいい笑
どこでもやってきたし結果も出してきた。お地蔵さんしてもやれるレベルにあるので、守備陣が余ってるなら攻撃のポジションやらせればいい。
[ 2020/01/07 10:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。