ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新加入‼エーリング・ハーラントがドルトムント加入の理由を明かす!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

新加入のハーラントが明かす!

“だから僕はBVBに移籍したんだ!”


Haalrand34.jpg


ノルウェーのエーリング・ブラウト・ハーラントはザルツブルクからドルトムントに移籍し最初のインタビューに答えている。彼はクラブのテレビにおいてどうしてドルトムントに移籍したかを語っている。

スポンサーリンク


ハーラントのボルシア・ドルトムント移籍は大きな注目を集めていた。それはブンデスリーガだけではない。この19歳は移籍後初めてインタビューに答えている。


ハーラントはその中でどうしてザルツブルクからドルトムントに移籍したのか語っている。“クラブの幹部たちが、僕をトップのポジションで必要としていると言ってくれたんです。僕のプレーに感銘を受け、僕を欲しいと言ってくれたんです。それはとても良い話し合いでした。”と彼はBVB-TVにおいて語っている。


彼はそのためにほかのオファーを断ってドルトムント入りを選んだようだ。“ドルトムントと僕。これは合いますね。”とこの19歳は語る。ドルトムントは多くのクラブとの獲得争いを制してハーラントを獲得した。ハーラントの父は、ハーラントが良いオファーを貰っていたことを明かしている。その中にはマンチェスター・シティも含まれているようだ。


ハーラントはマリオ・ゲッツェ以来、契約解除条項を有した初めての選手となる。“ザ・アスレチック”が報じたところによると、彼は2024年までドルトムントと契約しているが、5800万ユーロで契約を解除できるとされている。ゲッツェは2013年に3700万ユーロでバイエルン・ミュンヘンに移籍し、その3年後に戻ってきている。



ハーラントは今シーズン22試合で28得点に直接関与しており、多くのクラブに深い印象を与えている。彼は、“僕はほんとうにまっすぐなんです。できればボールを持ったままゴールまで走り、そのまま得点したいですね。”と語っている。そして“僕はあまり多く語ることなく、自分がどのような選手であるかをプレーで示したいですね。”と続けた。ハーラントの契約は2024年までとなっており、移籍金は2000万ユーロとされている。


いずれにせよハーラントの父は過剰な期待をしないように警告している。“彼はまだ19歳だし、ブンデスリーガでブレイクするまでいくらか時間を必要とするだろう。”と父は忍耐を要求している。そしてファンに向かって“あなたたちが彼に時間を与えるならば、彼もあなた達を愛するだろう。”と語っている。ハーラントは現在膝を故障しており、マルベラの合宿ではチームトレーニングに参加できていない。

彼は今後ドルトムントの攻撃を活性化させるべきとされているが、ハーラントの父は、“これから数年間すべてをサポートするよ。”と語った。






以上です。

ハーラントの父親は代理人ではありませんが大分息子のキャリアに気を使っているようですね。まだ若いですから周りのサポートは非常に重要ですね。いずれにせよ早くプレーしているところが見たいです。





[ 2020/01/07 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
素質はレバ二世なのは間違いない。
ただし、レバがブレイクした時にはクロップがいたし、周りのポジションには香川をはじめ活かし上手が何人もいた。
今のホランドには、レバに比べてこういう人たちがかなり少ない。一刻も早く、ロイス、サンチョ、フンメルスあたりと打ち解ける必要がある。自分にパス出してもらう人にはゴマすってでも打ち解けてもらいたい。優勝の救世主になれるといいね。
[ 2020/01/07 23:32 ] [ 編集 ]
いい父親だよほんとに
[ 2020/01/07 23:45 ] [ 編集 ]
そりゃ、父親自身が、荒いプレミアリーグの最低なロイキーンというユナイテッドの選手に故意に(キーン本人も認めている)選手生命を絶たれているので、息子のハーランドには同じ危険を犯して欲しくないと思いますよね。。。
[ 2020/01/08 04:56 ] [ 編集 ]
南野とセットで欲しかったですね。
ハーラントを生かしていたのは紛れもなく南野でした。
クロップはそこをきちんと分かっていた。
[ 2020/01/12 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。