ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン、レヴァンドフスキー!「持ち上げられすぎ」若い世代を批判!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

若い世代を批判!

lewa.jpg

バイエルンのスター、ロベルト・レヴァンドフスキーはスポーツビルトのインタビューに対して、若い世代の選手に対して感じている事について語っている。

スポンサーリンク


“最近の若い選手は、若いのにものすごく高額になっており、すぐに赤じゅうたんが広げられる。だけどこれらの選手はもっと成長しなければならないし、彼らが成功を約束することはないよ。”とこのポーランド人は語る。



彼によると、“こうした市場はチームの構造にも問題をもたらすね。若い選手はすぐに持ち上げられて、盛り上がりもすごいからね。でも成功に必要なのは若い選手と年配の選手の良いミックスだ。”と彼は続ける。


現在レヴァンドフスキーはリーガで19得点を記録して得点王争いの首位に立っているが、彼はバイエルンのハンスィ・フリック監督もこうした状況に対処すべきとみているようだ。“若い選手たちはまったく違った教育を受けているからね。彼らは若い時から育成チームで育っている。この若い世代に対してはその上の世代とは違った話し方が必要となるよ。彼らのアイデア、興味は異なっているからね。”と彼は語るが、さらに“よりフレキシブルと年配の世代との橋渡しもできなければならない。良い監督ならできるだろう。”と監督について語っている。


若い選手は、起用されない事をなかなか受け入れられない事が多いが、それもレヴァンドフスキーによると世代間の違いのようだ。さらに若い選手はスマートフォンと一緒に育っているので環境もまるで違うとのことだ。


レヴァンドフスキーは、“それだけに控室では、10年も年が離れたグループで良いコミュニケーションをとることが大事になるね。”と語っている。

彼はどちらの世代が優れているとかそういう事はではないと語る。単に変化しているだけなのだ。




以上です。

若い選手の市場価格の上昇はものすごく、そうしたものが与える影響は大きいでしょうね。5,6年前ならが、チームの主力として2シーズンぐらい獲得し、さらにタイトルを獲得してから市場価格が上がるといった感じでしたが、今はそうではないですからね。

[ 2020/01/08 19:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
レヴァンドフスキが若いころにはジダンあたりが若い選手に駄目だししてたわけで
最近の若者うんたらかんたらは結局ポジショントークなんだよなぁ
[ 2020/01/08 20:06 ] [ 編集 ]
サンチョやムバッペなどなら分かるが価格に見合う若手なんてほとんどいない
[ 2020/01/08 21:02 ] [ 編集 ]
そのレバンドフスキさん、最近母国ポーランドメディアの取材で香川についてこう言ってました。
「最初にブンデスリーガにやってきた時の彼は、この世の物とは思えないくらい素晴らしかった。シンジは全てを持っていたんだ。右足、左足、ボディーバランス、ドリブル。本当に全てだ」
彼らが活躍した頃のドルトムントでは、主将のケール以外皆若かったですねえ。
[ 2020/01/08 23:13 ] [ 編集 ]
若いうちの活躍は当たり前というか、それをずっと続けられるかが重要ですよね。
一時的に凄かった選手なんて腐るほどいます。
そこからすぐ駄目になってしまうのでは意味ないですから。
レバンドフスキはずっと変わらず凄いからスーパースターなんですよね。
[ 2020/01/12 13:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。