ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ドルトムント、最も出入り禁止措置が多く取られたクラブに!!ドイツ紙

本日の西ドイツアルゲマイネからの記事です。


スタジアムの出入り禁止



論文によると、BVBが最も出入り禁止措置を取っているクラブに!


20150617205348aa8.jpg


ボッフム:BVBほどスタジアムへの出入り禁止措置を課しているクラブは他にはない。しかし、観客数に対する割合で言えば、他のレヴィーア地区のチームがBVBよりも上となっている。



観客の暴動を防ぐために、毎週大勢の警官隊がスタジアムへと出動している。殴り合いになるには、ちょっとした火の粉でも十分だ。クラブは大抵の場合、暴力的なフーリガンに対しては、スタジアム出入り禁止の措置を取っている。しかし今までは一体どのくらいの出入り禁止措置が取られており、誰が出入り禁止になっているのか、というのは明らかではなかった。


火曜日にボッフムの犯罪学の教授、トーマス・フェルテスが論文で調査結果を発表した。それによると、観客10万人あたり、もっとも多くの出入り禁止措置が取られたのは、コットブス、ドレスデン、ボーフム、ケルンらのクラブである。ドルトムントは、最も出入り禁止措置が多く取られているクラブであるにもかかわらず、そのランキング(注:10万人あたり)では7位であった。


出入り禁止措置が取られる理由として最も多いものとしては、発炎筒の所持や発火、傷害事件、警察に対する執行妨害などがあげられる。


2015061720591093a.jpg


スポンサーリンク


20150617205347d3b.jpg


“こんなに多くの前科持ちがいたことには驚いている”


フェルテス教授は彼の研究で、2012年から2013年にかけて、クラブチームとドイツサッカー協会によってスタジアムへの入場が禁止された約2700人を調査した。それによってそのうちの約70%が“前科”持ちであることがあきらかになった。なぜなら彼らはその前に何かしらの犯罪を犯していたためである。フェルテスは“こんなに多くの前科持ちがいた事には驚いている。”とフェルテスは話をまとめた。

前科者の犯罪の種類は、スリから、養育費を送らなかった者、そして麻薬犯罪、性的暴行までと多岐にわたっている。この学者にとってはこれらの研究結果も予想外のことであった。出入り禁止になった前科者の年齢も幅広く、16才から74才までとなっている。


はたして出入り禁止措置に意味があるかどうか、ということに対してフェルテス教授はその前からすでに懐疑的であった。このようにフーリガンなどを締め出すことで時として彼らの団結を高めてしまうことがあるからだ。予防措置をとるためにも、いったいどのような人が出入り禁止になっているのか知ることは重要である。この新たな研究はこうした事にむけての第一歩である。




以上です。

まあドルトムントの観客動員数は最も多いので、出入り禁止者が多いことは特に不思議ではありませんが、割合でいっても7位と決して良い結果ではありませんね。コットブスやドレスデンなど旧東ドイツのチームが入ってくるのは予想通りといった感じでしょうか。


しかしそのうちの70%が前科持ちというのには管理人も驚きました。この研究が役立てられると良いですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0304.jpg

ホルステン門
北ドイツ リューベックのシンボルとも言える大きな門です。ハンザ同盟の盟主としても有名な街です。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/06/18 07:36 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(5)
No title
イングランドサポもずいぶんお行儀よくなったのですし、キチンと科学的な統計を取っているなら対策の打ちようもある気がしますね。

一方でウルトラスとの相互依存の関係が切れず、たぶんリサーチ等も一切やっていないスペインはこれからも相変わらずの気がして、心配です。 直近のシーズンでも死人出てますし。
[ 2015/06/18 09:07 ] [ 編集 ]
No title
ブンデスはプレミアと違って良心的な価格でチケを販売してますからその分、感情的なファンが沢山スタジアムに出入りしていることでしょう。それが悪いことだと私は思いません。最低限の秩序はしっかり抑えているように見えますし、うまく管理していると思います。
出入り禁止には大きな効果があると思います。すくなくとも犯罪を行う目的ではなく、サッカーを目的にスタジアムへ行く熱狂的な人々にとって、出入り禁止は死刑判決に等しいものですから、理性を保つのに効果があると思いますよ。
[ 2015/06/18 14:59 ] [ 編集 ]
No title
まさに熱狂的ってファンたちだもんな
[ 2015/06/18 15:21 ] [ 編集 ]
No title
それより、養育費未払いで前科がつくなんてドイツってやっぱり文化的にも先進国なんだなぁ。と思ってしまいました。
[ 2015/06/19 01:53 ] [ 編集 ]
『前科』って、以前にも出禁くらったことあるとかかと思ったら、本物の前科ですか
確かに興味深い結果ですね
[ 2015/06/19 10:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。