ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBサンチョ!プレイベートジェット、黄金のステーキなど豪華な生活をビデオで公開!《ドイツの反応》

【ビルト】

プライベートジェット、黄金ステーキ!
BVBサンチョ!豪華な生活をビデオで公開!


sancho34.jpg


ドルトムントのサンチョは、現在リーガで4位に低迷している。しかし彼はプライベートではエンジン全開だ。


スポンサーリンク


サンチョは大晦日の少し前から休暇を過ごしていたが、ドバイに向けてプライベートジェットで旅立っている。彼はそれ以来10万人ものインスタグラムのフォロワーにその豪華な生活ぶりを披露している。


サンチョはプライベートジェット、ヨット、スポーツカー、そして黄金のステーキのビデオを投稿している。彼はそこでポルトガルのスーパー・スターであるジョアン・フェリックスとも出会っている。また彼は動物にエサをやる姿も投稿している。


しかしこのビデオはアマチュアが録画したものではない。これはプロによって録画されたもので、かつて大きな批判にさらされたロリス・カリウスのビデオを主出させる。

サンチョがプライベートで話題となるのはこれが初めてではない。

彼は10月に代表からほぼ一日遅れてチームに戻っていたために罰を受けていた。ドルトムントは10万ユーロの罰金を科している。また11月にはチャンピオンズリーグのバルセロナ戦前のチームミーティングに遅刻したとされている。
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an

The Breezy Tour 🤣

Ein Beitrag geteilt von Jadon Sancho (@sanchooo10) am






以上です。

サンチョが少しオバメヤン化していますね。黄金のステーキを食べたリベリーは結構批判されていましたが、この件でサンチョもファンの顰蹙を買いそうですね。

[ 2020/01/12 05:34 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
オバメかマネか、アフリカ人は金に極端な気がする
[ 2020/01/12 07:44 ] [ 編集 ]
サンチョは来シーズンはどこに行くのでしょうかね。
もしリバプールが獲るなら、南野としてはサラーなどよりも連携しやすいと思うのですが。
現在は鉄板である3トップの一角を放出するなら、来季以降は色々と面白くなるかもしれません。
[ 2020/01/12 13:08 ] [ 編集 ]
別によくね
[ 2020/01/12 14:06 ] [ 編集 ]
いい時代に生まれましたね
Cロナウド風に言うとまだ何も成し遂げてない10代の選手が3年連続バロンドーラーかのような振る舞い
けどこれがプロらしさでもあるのかなと思います
[ 2020/01/12 14:19 ] [ 編集 ]
10代ですでにプライベートジェットを持ててしまうことがもう言葉もない
サンチョは10代どこらか若手の中でも間違いなくトップクラスですが、ここまて極端な環境の変化に選手自身はついていけてるのか素直に疑問
[ 2020/01/12 17:48 ] [ 編集 ]
オバメヤン化で笑っちゃった
自分で稼いだお金なんだし海外の選手にとってのステイタスなんだろうからある程度はね
それより出ていきそうな選手をチクリチクリといびり出すドイツメディアが相変わらずの平常運転だなと思いました
[ 2020/01/12 17:50 ] [ 編集 ]
プライベートジェットと言っても、チャーターじゃないの?
[ 2020/01/13 02:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。